旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

カンパ1

その昔、カンパは他者から真似されるトップリーダー的な存在。

そんな時代を知るものは、今でもカンパを神扱いとします。


しかし、この20年ぐらいの間に自転車趣味に入った人は、

カンパに対してはあまり良いイメージを持っていないようです。


高いだけで性能は二の次。ブランド志向的な高級品はいらない!!

そんな考えの人がとても増えたように思うのです。


負の連鎖!?

カンパが失墜しはじめたのは80年代のエアロブームの頃から。

世のブームに合わせるように、

日本製パーツの後追いのような製品を出し始め、

性能や耐久性が二の次とされるようになり、

結果、品質をあげてきた日本メーカーに追い越される結果に。


慌ててMTBコンポを発売したカンパも、それが大失敗!!

5年程度で市場から去り、再びロード系パーツに注力しますが、

インデックスの完成度を高めたシマノに完全に遅れをとります。


それでも、9、10速の時代には性能もシマノに追いつき、

メカデザインにもオリジナリティが感じられます。


ところが多段化を焦るあまり、再び性能面や電動化に遅れる。

こうなると、昔カンパを神扱いしてくれた人たちからもNo!! 




カンパ5

追われる立場から、追う立場になってしまったカンパは、

シマノだけでなく、後発メーカーのスラムをも真似るように。


今のカンパで人気が安定しているのは完組ホイールだけ!?

そんな状況になってしまったのです。


カンパ3

カンパ4

カンパ2

真似る事は悪いことではありませんが、

やっぱり他社が真似る製品作りができなければ、

業界リーダーとしての立場にはいられませんよね。


以上、個人的な想いなのであしからず(苦笑)。



激務なシルバーウイークとなっています。

カンパ6

鼻血噴きながら毎日を凌いでいます(汗)。

みなさんのブログに中々訪問出来なくてごめんなさい!!




本日はコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪


https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪