旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

今日も日中の営業サイクリングでした(汗)。

この時期はさすがに2日連続はキツく、

帰宅後のデスクワークは捗りません……。
 

写真1

夏休みなのに公園は子どもの遊ぶ姿も無く。

もちろん大人の姿も少ないです。


あと10日もすれば、この暑いコンクリートジャングルで、

ピカチュウまつりが始まります。
 

写真2

去年ほどではありませんが、今年も梅雨明けから猛暑続き。

着ぐるみの中の人達の体調が心配になります。


水道工事で片側通行になった路では、

誘導員のおじさんから「ブゥゥーン」と低温が響きます。

どうやら扇風機内蔵の服のようです。
 

https://store.workman.co.jp/feature/kucho_wear.html?gclid=CjwKCAjwm4rqBRBUEiwAwaWjjOde1Uqv8dP27GW-b9bkT34eeeVLRh_lvvykbXdvqEHgvJT3zllfDhoClTQQAvD_BwE


ピカチュウにも扇風機が内蔵されているのかな!?


サイクリストは、走行中は風を受けるので助かりますが、

風のあたらない背中に扇風機内蔵のサイクリングウェアはアリかも♪
 


 

鎌倉街道を走っていると、

自転車旅の途中と思われる3人組に信号で追いつきます。

今時のスタイルでロード2とクロスバイク1の混合。


挨拶すると、にっこり笑顔で返事してくれました。

これから野宿しながら伊豆半島を走るそうです。


やっぱり若さには敵いません。

こちらはたかが2日間約50kmの営業サイクリングでぐったりですから。


今は夏が苦手ですが、若い頃は夏の自転車旅が大好きでした。

キャンピング車で1日120km前後を走り、1~2週間の旅。

毎年のようにそんな旅をして、他のサイクリストにもたくさん出会います。

昔のサイクリストはみなタフだったと思います。

でも、今ではそんな体力・気力・時間すらありません……。



暑い夏の自転車旅といえば、

二十歳の時にテントの入った大きなザックを背負い、

キャンプしながら岐阜の山中をパスハンターで巡った旅も忘れられません。
 

写真4

写真5

組み上げたばかりのペガサスパスハンター。

8氏はケルビム、S氏はエラン。

当時は市販車(マスプロ車)を卒業して、オーダー車に乗る。

それが自転車趣味の王道でしたよね。


やっぱり自転車遊びは若い内から経験するべし!!

勢いと行動力は、加齢とともに薄れていきますし身体が追いつきませんからね。

 

写真6

夏の東北を約1週間自転車旅したのも既に6年前の事。

この時も中々気持ちと身体が追いつかなかったなぁ(汗)。



 

https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (20)

    • 1. 釣り人
    • 2019年08月01日 20:02
    • こんばんは。暑いですね!
      夏場、汗が止まらないので止めています。
      記事に書いてある通り、昔は給水補給もままならない場所がありましたね。
      マスプロメーカー車卒業して、皆、拘りの工房へロードフレームオーダーしていました!ZUNOW、dioss,アンタレス、エベレスト、ケルビム、LEVANT、3連勝シクロウネ。

      僕はメーカー車 BSグランヴェロに乗りたかったのですが、エベレスト乗りになりました。実業団ブリヂストン西澤選手「ロード選手」憧れありました!知らないと思いますが(笑)
    • 0
    • 2. 完覇!超記録!!
    • 2019年08月01日 20:17
    • こんばんは!
      この頃の現実として、若い子達が冒険するのって難しいみたいです~
      前にもお伝えしたかも知れません、10年程前に本人から聞いた話ですが、日本一周を目指して走り出しおよそ300キロまで走った時点で警察に止められ、防犯登録を見てダメ出しされ親を呼び出されたあげく強制送還された事例を聞いています・・・
      何にも悪い事をした分けでなく、大きな荷物を背負い野宿しながら走り続けてただけなのに、警察はまったく取り合ってくれなかったそうです・・・
      ホント悲しいなぁ~って思いました。
    • 0
    • 3. TAKOぼん
    • 2019年08月01日 21:27
    • 若いってすばらしい~~~~ 
      若くなくても すんばらしいこと いっぱいありますけどね~~~

      根無し草のように ふらふらと 風にただようような旅を またしてみたいな~
    • 0
    • 4. butoboso
    • 2019年08月01日 22:36
    • ★釣り人さんへ
      コンビニなき時代のサイクリング、特に不便とも感じませんでした。高速網が発達していないので幹線道は渋滞が多く、クルマの排ガスも酷く……それでも走れたのも若さでしょうね(苦笑)。
      ロード乗りならエベレストや3連勝には興味ありましたよね♪ 考えてみると、ツーレング系ビルダーだけでなく、ロードのビルダーも減ってますね。競輪のお陰で新興ブランドも見られるロード界に対して、ツーリング系は萎むばかりですが。
      実業団、私は高橋松吉に憧れました!!
    • 0
    • 5. butoboso
    • 2019年08月01日 22:45
    • ★完覇!超記録!!さんへ
      旅人にとって寂しい時代ですよね。公園の隅にテント張れば警察呼ばれる時代ですし…。
      その警察官、若者の夢と希望をぶちこわしましたね!! 家出少年とでも勘違いでもしたのでしょうか。防犯登録の問題だけならそこまで大袈裟にする必要ないのですけどね。
      私は若い頃、夏のサイクリングでお巡りさんに冷たい麦茶を飲ませてもらったことありますよ。そのお巡りさんも若い頃自転車旅をしていたとかで歓迎されました。
      閉店後のGSでの野宿や河原のキャンプでも好意的な人にはたくさん会いましたが、警察に通報される事もなかったのですけどね。今やったら捕まるんでしょうね(悲)。
    • 0
    • 6. butoboso
    • 2019年08月01日 22:49
    • ★TAKOぼんさんへ
      酒も飲まずによくやれてたなぁ、て思いますよ。
      今はとにかくサイクリング後の一杯があるから走れる訳で(笑)。

      ただ自分の子ども達を見ていると、やっぱり今の子どもは冒険心が低いなぁ、と思いますよね。息子は友達をサイクリングに誘っても、親に怒られるを理由に遠出が出来ません。私らの世代だと、たとえバレたら親に怒られると分かっても、行動せずにはいられなかったですよね。そして、早く家を出て一人暮らしをしたかったですし!!
    • 0
    • 7. oryzasativa
    • 2019年08月02日 00:20
    • 旅のアクシデント
      思い出に残りますね。
      誰かに助けられたり 
      言い寄られたり(苦笑)


    • 0
    • 8. マーベリック
    • 2019年08月02日 10:47
    • 昨日は秩父の山にいたのですがやっぱり山の中は都会と比べて少し涼しく日中でも28℃でした・・・でも虫に刺されるのが少々悩みのタネですが都会の殺人的な猛暑とどちらが良いかと言われれば私は山に居た方が楽です(笑)
    • 0
    • 9. butoboso
    • 2019年08月02日 12:34
    • ★oryzasativaさんへ
      言いよられる……ちょっと怪しくも魅力的かも(笑)。
      若い時は職場近くの怪しい通りでよく声をかけられましたよ。
      旅先でも何かトラブルや出会いがあったほうが記憶に残りますよね。
      年取るとトラブルの方が多かったりもしますが(汗)。

      この土日は花火日和になりそうですね。
      私は地元のまつりで苦しんできます!!
    • 0
    • 10. butoboso
    • 2019年08月02日 12:37
    • ★マーベリックさんへ
      秩父も街中は猛暑ですもんね。
      28℃でも充分な暑さですが、それが涼しく感じる。近年の東京・横浜は気温が高すぎますよね……。
      虫よけスプレー吹いても、汗で流れちゃいますよね。アブやブヨにたかられるのが夏山の難点ですが、それでも都会のコンクリートジャングルよりはマシでしょう♪
    • 0
    • 11. 釣り人
    • 2019年08月02日 20:29
    • こんばんは。
      今年はついに暑さに負けて医者へ行きました。
      西洋医学では夏バテの薬はないとの事でした。

      とりあえず、ツムラ漢方薬を出されて、飲んでいます。
      夏場、あごから滴り落ちる汗でトップチューブ、ダウンチューブがベトベトになり塩が吹いていたのが懐かしいですよ。
    • 0
    • 12. butoboso
    • 2019年08月02日 20:39
    • ★釣り人さんへ
      お大事になさって下さいね。
      とはいえ、夏バテはどうしようもないですよね。外に出ないと仕事にもなりませんし…。
      来週はいくらか下がるとはいえ、33℃以上なんて昭和の頃は無かったですよね。

      今ランニングから帰宅しましたが、体重が一気に2k弱落ちてます。ビールでなくスポーツドリンクがぶ飲みしてますよ(汗)。
    • 0
    • 13. INTER8
    • 2019年08月02日 22:47
    • お疲れ~
      白黒写真の上の方の河原は覚えてるけど、下の茅葺屋根は記憶にないなぁ
      くそ暑かった記憶は鮮明
    • 0
    • 14. ルーデル大佐
    • 2019年08月03日 13:35
    • こんにちは
      田舎道に写っている車はギャランシグマかな
      昭和50年代後半から60年代の初め頃の写真でしょうか
    • 0
    • 16. butoboso
    • 2019年08月04日 07:53
    • ★ルーデル大佐さんへ
      昭和60年の夏です。
      写り込んでいるのは確かにギャランΣですね。この少し後にΛも発売されて、ギャランシリーズの人気が高まりましたね♪
      バブル期はディアマンテでセダンシリーズも松竹梅揃えましたが、今の三菱車は今一つパッとしませんよね(悲)。
    • 0
    • 17. butoboso
    • 2019年08月04日 08:17
    • 茅葺き屋根の写真は白川の合掌造りの家だね。
      ★INTER8殿
      この日はトイレが凄かったひるがの高原のキャンプ場泊。
      あの夏も暑かったよね。それでも35℃以下だったはずだけど。
      翌日は、S氏と分かれて二人で旧道に入り込んだけど荒れ果てすぎてトンネルまで辿り着いた所で引き返したよね。
      あの酷使ツーリングが辛すぎてS氏は自転車から離れちゃった(苦笑)。

      昨日から地獄の夏まつり。今日もこの後からまつり最終日の準備だよ……。
    • 0
    • 18. マイロネフ
    • 2019年08月04日 21:23
    • butobosoさん,こんばんは.

      今はどこからどこまでも社会の管理化が進んで,若者の冒険めいた活動に不寛容な雰囲気が濃くなってきていますね.実際に[完覇! 超記録!!]さんのコメントのような事例があるとすれば残念な事です.サイクリング旅行を問題行動とみるとはとんでもない偏見です.

      野宿でなく,より安全なYH巡りで良いから私も数泊のサイクリング旅行を経験したかったです.その当時満たされることの無かった思いが,日本のスポーツ自転車を取り巻く諸問題に対する関心につながっている次第です.

      私は,修学旅行の行程の一部でもスポーツ自転車のサイクリング(それもe-BIKEでなく多段ギヤを駆使して)を取り入れれば良いと思っているのですが.
    • 0
    • 19. butoboso
    • 2019年08月05日 14:04
    • ★マイロネフさんへ
      今も昔も自転車で旅することを理解出来る大人は少ないですね。
      それでも、昔は頑張れ!! と後押ししてくれる大人は今よりは多かったと思います。
      自身の高2の夏休み、厳しい私学だったので、往復の四国フェリーの学割を発行してもらうのに苦労しましたが、自転車旅を応援してくれる現役YHホステラーの先生が後押ししてくれて無事に学割を貰いました♪

      今は何かあった時の事ばかり考えて、行動する事を抑制しますよね。何事も自己責任!! そんな考えが薄れてしまったから、自転車旅を含む若者の旅への理解・関心も薄れたのでしょうね(悲)。
    • 0
    • 20. 釣り人
    • 2019年08月07日 07:57
    • 夏祭り、お疲れさまでした。
      設営、大変ですよね!猛暑の中ですし。
      赤レンガのピカチュウ祭り、お客さんも熱中症対策しないと危険だと思います。

      netサーフィンしていたら、あらら僕のロード画像が出ていました。
      そのブログ主さんも自転車やっていたみたいですが80年代半ば、エアロブームでエアロブレーキレバーに変更するのが流行った事を知らないようでした。
      因みにグランコンペ・エアロレバーですが、レバーパッド入手困難。

      現在はアウタードワイヤーのサンツアーシュパーブプロのブレーキレバーにしています。
    • 0
    • 21. butoboso
    • 2019年08月07日 10:37
    • ★釣り人さんへ
      まだ身体のあちこち痛みますが、腰痛は収まりました。
      これから再び炎天下の営業サイクリングです。
      寄り道してピカチュウまつりを眺めたい所ですが時間がなさそうです。
      今週仕事が再び山場で、なかなかみなさんの所に訪問出来ずすみません!!

      エアログランコンペ、懐かしいですね!! 私は本体だけ使った事があります。
      確かにこの時代の専用レバーパットは互換性ないため困りますね。仮にヤフオクで見つかってもゴム部は劣化が心配ですし……。
      アウタードタイプは互換あって助かりますよね。デュラEXとシュパーブプロのレバーには現行のダイヤコンペのパッドを流用していますよ♪
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット