旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

古いパーツに魅入られるのは、青春時代の思い入れが強いからでもありますよね。

昔、好きだった娘がいつまで経っても当時の記憶のままであるように(苦笑)。


でも、見かけは昔の美しいままでもやっぱり劣化や性能低下が気になるのが自転車パーツでもあります。

ならば昔の美しいスタイルを模した現代パーツを組み込むことで、オールドスタイルを維持しつつも、性能は現代クォリティにしてみては如何でしょうか。

ラージハブ2

ラージハブ3
ラージハブ4


大手メーカーでは性能重視のあまり、パーツデザインや仕上げは二の次になりましたが、小規模メーカーではネオクラシカルなパーツがこの10年で多く販売されました。



サンツアーの実質後継ブランドのサンエクシードはルネパータンのチェーンリングや120mmエンド幅のカセットフリー なんて製品も販売されています。

ラージハブ1

利益重視でなく、古くからの趣味人に対しての恩返しのような製品ですね♪




ラージハブ5

マイクロシフトも10年前まではピカピカ製品を多く発売していましたが、今は世の流れに逆らえずブラックやグレー化されてしまいました。提携メーカーだったヨシガイ(吉貝)との関係も終えてしまったので今後の動向が気になるのです。


これらネオレトロなパーツは10速まで対応しているものも多いのでインデックスレバーを組み込んだ現代クオリティなツーリング車に組み込まれる事が多かったのですが、これらも最近は息切れ状態。元々少量ロッド生産のような品ですから、流通在庫から消えつつあります。


今後はこれらのネオレトロな製品も入手難になっていきそうです。



本日もコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪


https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪