旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

現代ロードのカーボンフレームがOEMだらけなのは周知の事実。昔のハイテンやクロモリフレームと違ってカーボン素材は個々の工房で扱える素材ではないですから仕方がないでしょうね。


今は名門ブランドだからと安心しても、実際は何処で作られているのかは怪しいところ。

名門デ・ローザのフレームやカンパのパーツにMADE in TAIWANなんて文字を見つけてしまったら、ちょっと萎えてしまうのです。まぁシマノ製品だって大半が海外生産にシフトしちゃいましたけどね(汗)。



OEM1

我が家の新旧のOEMパーツたち。

大抵のOEMパーツは元のオリジナル製品を越えられることが出来ない運命に終わるも、初代シュパーブは吉貝、杉野、三ヶ島他のメーカーからOEM供給されていましたが、元の製品からラベルを変えるだけでなく細かいところに手が加えられていたので、OEM元のオリジナル商品よりも人気が高かったりしたものです。


今やOEM供給元は台湾メーカーが大多数ですが、昔は日本製だったり、フランス製だったり、OEMは生産国内で頻繁に行われていました。日本は完成車メーカーが多かったので、そのメーカー名を記したメカも多かったように記憶します。




本日もコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪


https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪