旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

昨年の紅葉サイクリングに出かけた南北・相木村の峠路では道中古傷の膝の痛みが酷くなり。後半の走りは冴えないものになった。今秋も親友8氏が走行計画の地図を送ってきたものの仕事の忙しさもあり、気持ちが乗らない。

しかし、各地の紅葉の盛りを伝えるニュースを見ているうちに山に入りたくなってきた。ならば膝の試しも兼ねて近隣の低山を歩いたり、ランニングをしてみると膝の痛みはあるものの状態は悪くない。同時に仕事も落ち着いたので8氏の誘いを断る理由が無くなった。


1日目1

今回のコースは、昨年の相木村から峰を越えた西上州の峠越え。西上州は一昨年も走ったばかりだが、この辺りにはまだ魅力ある路がたくさん残されている。若い頃、自転車ツーリングングの参考書であったニューサイクリング誌の執筆陣にも愛された地域である。




●余地峠はサイクリストを拒む路と化す


旅の始まりは圏央道の大渋滞の洗礼に遭う。

1日目2

高尾近くのトンネルでトラックの単独横転事故。片側一車線を塞いでしまったため通り抜けるまで2時間も要してしまった。今夜は温泉に浸かって南牧村で翌日の出発に備えるつもりだったが、温泉はこの時点で諦めることとする。




1日目3

翌朝は6時過ぎに目覚め、身支度を整える。愛車は平成生まれながらも昭和を引きずるクロモリパスハンター。8氏はグリップシフトに内装変速機と進化しているのに対し、我が愛車はインデックスもないWレバー仕様、しかもエンド幅120mmに前田工業のウルトラ6フリー付き。今時の自転車に比べると頼りなさは否めないが、これがしっくりきているのだ。




1日目4

1日目5

1日目6

南牧川に沿った深い谷間に伸びる県道沿いに家が建つため、この時期の南牧村の朝は陽が中々当たらず薄暗い。それでも、人の姿は多く、近年の日本にありがちな消えゆく廃村のイメージとは真逆だ。昔は信州方面に向かう重要路だったが、今は他の路にその役目を奪われ、県道を行き交うクルマは僅か。




1日目7

1日目8

1日目9

少しずつ標高を稼ぎ、時間の経過とともにようやく陽が当たり始めた。途端に紅葉も映えて見えてくる。

田口峠への分岐を過ぎ、熊倉の集落へ。ここは余地峠に向かう最後の集落。扉を閉ざした酒屋。昔は多くの人で賑わっていたことが想像できる。今は自販機のひとつも見当たらない。





1日目10

象ヶ滝(余地峠)と大上峠方面の分岐点。象ヶ滝へ向かう路には県道108号線の標識が立ち、幅広な路が続くが、この先数キロ進むと廃道のような登山道になってしまうため、余地峠を目指すには大上峠に続く林道に進むことになる。




1日目11

昔の地図(昭和59年発行)を見ると、この県道108号線はクルマの通行も可能であった路が余地峠まで続いていたのだが、今は歩行さえ困難なほどに荒れてしまっている。そのため、余地峠に向かうには、一旦林道大上線を南牧村自然公園まで上り詰め、そこから伸びる林道経由で余地峠に至る迂回ルートが一般的となった。参考に2008年に余地峠に行った時の記事を記す。

http://butoboso0217.livedoor.blog/archives/581615.html





1日目12

林道大上線は切り立った岩肌を縫うように流れる沢沿いに設けられている。数年前の台風被害で自然公園から先は車両通行止めのようだ。その情報は得ていたものの、自然公園付近から枝分かれするように延びる余地峠に向かう林道の情報は少なく、最悪担ぎ上げも含めて対策を考えていた。




1日目13

しかし、そんな淡い期待を裏切るように、余地峠に向かう林道は跡形もなく土砂崩れで流されていた。斜面の上に見えている林道のガードレールは無残に途切れ、路全てが崩れてしまい、それが大上林道に覆い被さり二重の災害を招いてしまったようだ。




1日目14

林道への分岐点には全面通行止めとある。この様子だと路が再び開通せずに廃道になってしまう恐れも。古道・余地峠は、旧県道、林道ともに通り抜けることが困難になってしまった。




●紅葉を眺め、落葉を踏みしめる 大上峠から十石峠へ


余地峠は諦めることにして、距離は短くなるが大上峠を越え、国道299号に出て十石峠に向かうことにする。

1日目15

大上林道は車両は通れないものの、ハイカーが通れるまでに路は回復した。ここから先は荒れた路を歩いて進むことにする。




1日目16

幸いなことに重機の入った復旧区間も緩やかな斜面をショートカットするように担ぎ上げることで通り抜けることが出来た。




1日目17

標高900m前後で紅葉の盛りは終わり、落葉地帯となる。クルマの通らぬ路は落ち葉が敷き詰められ、未舗装林道のような趣になる。当初予定では昨年に復旧工事が終わる予定が遅れているようだが、標識には工事期間が来年3月末までとされていた。長らく車両通行止めの続いた大上林道もようやく復旧されるようだ。




1日目18

標高1100mの大上峠に到着。もちろんここにも人影はない。静寂な広場のような空間の中に枯れた落ち葉を踏みしめる音のみ。ここから矢沢峠を経て尾根沿いに余地峠に向かう登山道もあるが、そこにも踏み跡はない。




1日目19

昼時には少し早いが峠食堂の開店とする。気温は10℃前後だが陽だまりは暖かい。今日は雲が多めながらも陽射しは多く紅葉の山が見事に映えている。




1日目20

峠は県境であり、下りの道程は長野県となる。同じ林道であっても群馬県側と長野県側では道路の修復状況は異なる。道路の管轄が違うので仕方がないが、長野県側の林道事情が心配だ。こちら側も所々で崩れているのだ。途中大規模な土砂崩れ現場に出くわす。そこは修復作業中だが作業員は昼食休憩のようで歩いて通れた。ここまで来れば一安心。作業のクルマがここまで入っているということは自転車でも走れる状態だからだ。




1日目21

大上林道から国道299号に合流。余地峠は越えられなかったものの、大上林道を無事通り抜けられた。大部分は押し歩きとなったが、工事の完了する来春には普通に通行できるようになりそうだ。




1日目22

古谷ダム付近の紅葉も見事な色付きだ。日光などの紅葉の名所はどこもクルマの大渋滞と報道される。この西上州界隈の紅葉も素晴らしいのだが、観光客の姿は皆無。近頃は自然風景すらもテーマバーク化してしまい、そこに群れたがる人が集まるようだ。




1日目23

かつて酷道などと呼ばれた国道299号も今は全舗装され走りやすくなった。相変わらず道幅が狭いおかげでクルマもあまり入らない。おかげで歩行者天国ならぬ自転車天国状態で紅葉を眺め、8氏とたわいもない会話をしながらユルユルとペダルを踏み続けることが出来る。




1日目24

1日目25

程なく酷道299号線の長野県と群馬県の県境ピークである十石峠に到着。立派な展望台は出来たが、その雰囲気は未舗装路の時から変わらない。自転車雑誌でもよく登場した記念碑も健在だ。標高1351mは日本の鉄道最高地点(1375m)とほぼ同じ高さだ。自転車で走れる峠としてはそれほど高くはないが、到達満足感の高い峠なのは昭和の頃から変わらない。




1日目26

1日目27

上野村への下りに選んだのは矢弓沢林道。国道299号の緊急路的に設けられた林道だ。国道側と違い直線的に延びている分急勾配となる。国道との分岐後しばらくは尾根に沿って進むため眺めが良い。途中には古びた石仏が並んでいた。この林道が開通する前は十石峠に向かう古道だったそうだ。




1日目28

1日目29

ブレーキシューが焼きつきそうなほどの急坂を下り終えぶどう峠へ向かう路と合流。この辺りはそれほど標高は高くないが沢筋の寒暖差が大きいので紅葉が綺麗だ。




1日目30

上野村から南牧村に至る道はかつては九十九折れの塩ノ沢峠を越えねばならなかったが、3kmを超える湯の沢トンネルの開通で山越えが回避できるようになった。最後は味気ない路だが、そこを利用して南牧村へと戻ることにした。


〔本日のコース/走行距離57km(サイコン値)

南牧村道の駅→自然公園キャンプ場→大上峠→十石峠→上野村→南牧村道の駅

https://ridewithgps.com/routes/41264199


https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (16)

    • 2. oryzasativa
    • 2022年11月18日 09:55
    • こんにちは

      秋の装いの貸切山道 気持ちよさそうです。
      落ち葉じゅうたん、砕石や木が隠れてるかもで
      油断できませんが(汗)

      事故渋滞で温泉断念 がっかりですね。
      次回に期待。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 3. INTER8
    • 2022年11月18日 12:44
    • お疲れ~
      膝の具合が悪くならずに走れてよかったね。ショートカットで距離は短かったけど、なぜか満足感はあったよね。
      余地峠の廃道化は避けられそうにないけど、以前行けたからよしとしよう。今後もこの周辺の峠は崩壊が続きそう。それだけ山と谷が急峻ということなんだろうね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 4. マーベリック
    • 2022年11月18日 14:34
    • 相木村って知りませんでしたが古びた孤村的な雰囲気でいいですね
      北側の場所なので今が紅葉の盛りなんですね。。
      念のためホテルを検索したところペンションやロッジが多い場所ですが一軒だけ温泉付きでありました。
      自転車もいいですが村や森を徒歩で散策しながら過ごすのも楽しいかもしれませんね。
      膝痛ですか?
      今年の夏、突如再発した腰痛のとき湿布と併用で使った薬でこの薬の効果かどうかは解りませんが現在完治しています(笑)
      https://zs1560.jp/
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 5. nobu ^o^♪
    • 2022年11月18日 19:57
    • butobosoさん こんばんは🍺
      楽しみに待っていました(^^;(笑) とにかく📸画像がきれいです🎵
      さすがプロのカメラマンですね❢ 十石峠は、高校生時代ニューサイの特集で興味を持ち高3の11月にクロカンで走破したが最初でした📝
      それ以来、オフロードバイクで何度も超えた十石峠と余地峠です💨 懐かしくて この記事を拝見して再度、感動しました🎵
      見覚えのある民家や建物、景色が多数ありました
      こんな田舎が大好きなんです🍵 南牧村自然公園のバンガローにも、オフロードバイク時代に何度も泊りました🍻
      余地峠も三国峠同様、化石化しちゃうのでしょうか???
      あんな歴史があり風情のある峠を守りたいと思いますが…
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 6.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月18日 20:52
    • ★oryzasativaさんへ
      こんばんは。
      無理してでも紅葉サイクリングに出かけないと冬を迎えられない感じです(笑)。
      確かに落ち葉の下にはガレた石も隠れてました。そんな場所は無理に乗車せずに押し歩きましたが、そんな時も含めて楽しいのが山道・林道サイクリングの良さですね♪
      温泉は、このサイクリング後に浸かりました。そして夜の部は2年前にも入った地元の居酒屋で乾杯!!。車中泊ですが何とも贅沢に思えてしまうのでした。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 7.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月18日 20:59
    • ★INTER8殿
      お疲れ〜。
      今回も紅葉ツーリング堪能できたね。2日間とも満足度がとっても高かった。
      去年のトラウマがあったから今回も心配だったけど痛みが少なくて助かったよ。
      余地峠は場所的にハイカーも入りにくいだろうし、復旧は林道・登山道ともに望み薄だね。この十数年の台風被害は酷すぎるよね。新しい路ばかり作らないで古い道も大切にしてほしいけど、管轄する自治体に体力(財力)がないから、主要道以外は廃れるばかりだね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 8.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月18日 21:06
    • ★マーベリックさんへ
      こんばんは。
      相木村、南牧村、上野村、下仁田、昭和の頃からサイクリストには人気の高い場所でした。当時から哀愁漂わせる山間の集落や峠路に魅かれる人が多かったのです。
      クルマがないと行きにくい場所でもあるのですが、観光俗化がまったくされていないので、のんびり休日を過ごす人には最適の場所ですよ♪
      この数年は腰痛よりも膝痛に悩まされています。一時は自宅階段すらも辛かったのですが、今は普通にランニングするまで戻りました。ただ、自転車のダンシングだけは厳しいのです(汗)。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 9.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月18日 21:13
    • ★nobu ^o^♪さんへ
      こんばんは。
      やはり複数で走ると自転車に跨った姿が取れるので臨場感ある写真も撮れるのです♪
      賛否はありますが、これがヘルメット被った姿だとニューサイ的な画になりませんよね。
      私は十石峠は自転車で3回目でした。オートバイでも1度行っていますが、やはり苦労して上り詰めた自転車の方が印象に残り続けるのです。
      三国峠はようやく復旧作業の予算取りができて工事を着工するようです。こちらの再開通は喜ばしいのですが一番喜ぶのはオフロードバイク乗りでしょう。逆に余地峠はハイカーと自転車のみが利用する峠路になってましたから貴重な路でしたよね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 10. Kan
    • 2022年11月19日 06:29
    • おはようございます。
      素晴らしい紅葉の風景を拝見、行った気分になりました。
      この峠は知りませんでした、サイクリストにとってとても有名な地だったのですね。静寂の山の風情は、なかなか代えがたいものがありますね。
      神奈川の山道も、あちこちゲート解放してくれないかな~なんて思いますが、無理ですね😢
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 11.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月19日 08:39
    • ★Kanさんへ
      おはようございます。
      バイク乗り、特にオフローダーにも未舗装時代には人気がありました。この辺りは信州に抜ける裏道で混雑はないので今回もサイクリストは1人だけでしたが、バイク乗りはたくさんいましたよ。
      サイクリスト的には、この辺りの温泉(鉱泉)宿に泊まって古道的な峠路を楽しまれる方が昔は多かったです。
      人口密度の高い場所の林道は自転車すら締め出しですから悩ましいですよね。いくら自己責任とはいえ、若気の至りで済まない年齢になってしまいましたしね(苦笑)。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 12. pekesuke
    • 2022年11月19日 09:18
    • butobosoさん
      こんにちは。
      若かりし頃、ランドナーで越えた余地峠の荒れ方はすごいですね。
      2020年春に仲間3人と小海線で海瀬まで行き、知り合いの別荘に一泊してK299からパスハンターで余地峠へ上がり大上余地林道で熊倉に下りあとは下仁田まで走った時、峠から大上余地林道までの間に大崩落を3人で自転車をリレーしながら高巻きでトラバースできました。写真の崩落現場がその崩落現場であるなら工事が入っているのかもと期待しました。
      ただ、私の歳ではもう無理かなとも思いました。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 13.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月19日 09:44
    • ★pekesukeさんへ
      おはようございます。
      2008年に行った時もすでに林道の荒れ具合からクルマが入ることは無理と思っていましたが、今回はその林道そのものが崩れ去っていて呆然としましたよ。
      2020年に行かれてましたか!! あの崩壊現場をトラバースされたのですね!!!! 小海側から登った場合、あそこで引き返す訳にもいきませんから強行突破も理解できます。今回は工事が入っていましたから清く諦めました。大上林道修復が最優先ですが、余地峠林道も何れは修復してくれるとありがたいのです。しかし、今回見た感じでは崩れた法面をコンクリで固めているようでしたから、そのまま廃道にならないか心配なのです。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 14. 六浦っ子
    • 2022年11月21日 07:47
    • どこに行っても紅葉真っ盛りですね。お天気さえよければ、ご機嫌なサイクリングが楽しめそうです。クルマ通りの少ない林道はご指摘のように枯葉の絨毯状態。路面の状態がわからないので、パンクの回避も大変ですね(^^)
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 15. 完覇!超記録!!
    • 2022年11月21日 08:00
    • おはようございます!
      恒例の峠越えサイクリング!
      奇麗な写真から季節感と共に、哀愁も感じつつ拝見しました!!

      近年の局地的豪雨によるところもありますが、山をキチンと管理出来ていないのが崩落の要因になってるように思います(悲)
      お二人の伝統的なサイクリングスタイルも含め、峠道も変わらずにあり続けて欲しいですネ!!
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 16.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月21日 17:19
    • ★六浦っ子さんへ
      こんにちは。
      街中の紅葉も綺麗になってきましたね。同時に山は冬景色になってきたことでしょう。
      このツーリングから早2週間、もう山の紅葉も終盤でしょうね。毎年紅葉のタイミングと晴れ予報を合わせて走りにいくのですが、今回もうまく合わせて走りに行けましたよ。
      一応呼びチューブは2本持っているのですが、日の短いこの時期はパンク修理のロスタイム30分でも行程に響きます。軽量タイヤ&チューブの8氏はいつも以上に慎重に走っていましたよ。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 17.  butoboso0217 butoboso
    • 2022年11月21日 17:25
    • ★完覇!超記録!!さんへ
      こんにちは。
      コロナ前は春と秋の2回出かけていた山サイですが、最近は秋の1回を死守している状況です。体力維持の指標でもあるのですが、今回は膝の痛みも少なく余裕を持って走れました。
      近年のゲリラ豪雨は凄まじいですね。何十年も使い続けられた古道すら流され廃道化してしまうのは悲しいものがありますよ。今回走った十石峠も今年走れるようになったばかり。この辺りの主要的な峠道も大半が通行止めが続いていました。残るはこの大上林道だけなのです。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット