旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪





レポート後半は、650Bツーリング車の復活牽引役となったグランボア製品です。

今は、グランボアの名前が先行していますが、私的には京都のアイズバイシクルの方がしっくりきます。

レポ1

今から30数年ぐらい前でしょうか、650Bのリムとタイヤは危機に瀕していました。MTBが26HEとなり、国産自転車の標準規格650Aは安泰でしたが、趣味の自転車、特にオーダーメイドのツーリング車に好まれていた650Bは半端な規格とされ衰退。辛うじてアラヤとパナソニックが細々ながらも650B規格のタイヤやリムを生産してくれましたが、採算性が低いためか普及グレードに偏ります。


ロードブームに合わせて旧ツーリング車乗りたちがリターン組として自転車趣味に戻ってきても、タイヤやリムが無いといった状態。そこにアイズバイシクルはオリジナル商品のグランボアブランドで高級オーダー車にも似合う650Bのタイヤやリムを販売。


それに加えて、MTB界では26HEに変わる29インチが誕生するも、26インチとの差は両極端。そこに中間サイズ的に誕生した27.5インチサイズが650Bと同じだったことから、650Bは一気にメジャー路線に戻ったのでした。

対して私が好む650Aは市場から急速に減って行き、今はタイヤもリムも選択肢は僅かです。

同じくMTB標準とも言われた26HEも選択肢が絞られてしまいました。



話が初めから逸れてすみません(汗)。グランボアに戻ります。

レポ2

グランボアは昔は東叡などのビルダーに頼んでフレーム作りしていましたが、今は自社でフレーム製作も行っています。昭和のオーソドックスなツーリング車のルックスに自社製品を組み込んだネオレトロなスタイルでベテランサイクリストに人気があるようです。


レポ4レポ3

オリジナルタイヤ(パナレーサー製)だけでなく、マファック似のブレーキもオリジナル製品として販売しています。旧車乗りのレストア部品としても助かりますね。ルックスは古くとも中身は現代クォリティですから安心して使えるでしょう。ただ、お値段はそれなりですけどね。




レポ5

数年前に他界された名ビルダーの広瀬氏。ハンドメイド展でも常連出展者で毎回作品を見るのが楽しみでした。何と、その広瀬自転車が2台展示されていてびっくり!!

サイクルセンターヒロセを引き継ぎ、サイクルセンターオカダとして再出発したそうです。

経緯は分かりませんが、広瀬氏の匠の技を引き継ぐショップが出来たことはうれしいですね。


ハンドメイド展は時代の流れ、流行り車種にそれほど影響されませんが、今回の展示ではグラベルロードは多けれどMTBは少数派。そして、ミニベロも以前に比べると減ったような気がします。




レポ6

そんな中でも、Shiztechさんの快走ミニベロに目が行きます。

シートチューブの真ん中を廃した大胆な作り。重量級の私が乗ったらすぐに壊しちゃいそうですけど、それなりの人が乗ればかなりの高速走行が楽しめそうですね。




レポ7

老舗ビルダーのアマンダさんもこんなTT的な小径車を出店してました。これは昔作られた作品ですが、今見ても古さを全く感じさせません。


レポ8

同じくアマンダのロードツーリング車。ガードなしなのに前後キャリヤが取り付けられています。後輪には木のディスクホイールが付けられています。アマンダさんも昔から木リムやカーボンといった新しい素材でたくさんチャレンジされてきましたよね。




レポ9

今回レベルさんはオーソドックスなロードが1台のみ。東叡同様にハンドメイド展には力を入れなくなったようです。いつものように綺麗なトラックレーサーが見たかったなぁ。




レポ10

レポ11

こちらも老舗のタカムラ製作所のラバネロ。昔はツーリング車にも力を入れていましたが、今はトラックレサーやロードが増えました。グラベルロードもしっかり展示。時代の流れにも合わせている証拠ですね。




レポ12

レポ13

デ・ローザの血統を受け継ぐ(ビルダーはドアーノ・デローザ氏)BIXXIS。

本筋のデ・ローザはその主流をカーボンレーサーに移しましたが、こちらはクロモリ&チタンレーサーを実にセンス良く仕上げています。今更デ・ローザのネオプリマートに手を出すなら、こちらBIXXISをオススメしたいのです。

ディスクブレーキ全盛の中、展示車は全てがリムブレーキ。そんなところにも拘りを感じるのでした。




レポ14

レポ15

複数の展示のあったケルビムですが、今回目がいったのは涙滴型のようなトラックレーサーと奇抜なヘルメット。どちらも今回初お披露目ではありませんが、少数工房でこれだけのモノを作れるのは凄いですよね。

ヘルメットの中にはたくさんの機械類が詰められています。ただのエアロヘルメットではなさそうです。

その真相はケルビムに出入りしている8氏にお任せしましょう。

https://inter8.hatenablog.jp/entry/20221028/1666941135





レポ16

ミニベロのイメージな5LINKSさん。ロードタイプの自転車もコンパクトにできる輪行車を出していました。最近、畳んだ時のコンパクトさを最優先に輪行時はミニベロ使うことが増えましたが、走りの軽快さを考えれば普通車輪がいいのです。ジャイアントのMR-4なんかも良いなぁと思ってましたから、今回のように700Cでもコンパクトになるのは有り難いですね。


レポ18

以上、完成車に関してのレポートでした。



レポ19

レポ20

会場には完成品を作るビルダーだけではなく、自転車には欠かせないメインパイプやラグ等接合部材を作るメーカーや老舗日本ブランドの出展もありました。




レポ21

レポ22

レポ23

やっぱりパイプは石渡(カイセイ)よりも丹下派だなぁ。自身の愛車の多くが軽さと耐久性のバランスからチャンピオンNo2を使っています。ロードはNo1ですけどね。

SOYOも以前よりロードタイヤが豊富というか、復権してきたような気がします。出来れば昔のように650Aの赤タイヤとか作ってくれたら最高なんですが(笑)。




最後は、会場に集まってきた方達の愛車の中から気になるモノを掲載します。

なお、許可取りなどはしていません。盗み撮りお許しください!!

レポ24

自転車談義中の8氏やrikoパパさんたち。当日は複数の知り合いの方ともお会いできました。私は滅多に他の人と走りませんから、関戸橋フリマとハンドメイド展は貴重なブロ友さんとの会談の場所でもあります。




レポ25

カーボンモノコック!?  なリカンベント。8氏のリカより寝たスタイルでの乗車の快走タイプです。

バッグ類が取り付けにくくザックを背負うことのできないリカ。座席後ろにはバイクのリアカウルのような収納スペースが設けられていました。




レポ26

会場内の36インチもびっくりでしたが、こちらもハイトール座席ですね。

クランクとペダルの位置にびっくりです!!




レポ27

こちらは市販車ですが目を引くブリッツのカーゴバイクです。

フレームだけで22kgありますが、ホイールベースも長く、強固なクロモリ製ですから重さは二の次。

宅急便(メッセンジャー)が似たような電動カーゴを使っているのを何度か横浜でも見ていますが、こちらは非電動のようですね。

トヨタでも電動カーゴが市販間近みたいですね。ただし外国でのようですが。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2d7a2f0f0da61ac3f43b2e521c29c32cc2ca82d/images/000


レポ28

レポ29

レポ30

レポ31

展示会場と違って、こちらはみなさんが普段から乗り込んでいる自転車です。

みんな自転車が大好きだよなぁ

オーナー毎の自転車愛がたくさん溢れているのでした♪



そんな中でも一番びっくりしたのが唯ならぬオーラを発していたプロンプトン。

レポ32

ハブ単体でも数十万するゴキソのハブに最初目が行ったのですが……


レポ33

何とフレームはカーボン!!  他チタンや高級部品のオンパレード。ブロ友さんたちと集まって興味深く拝見させていただきました。総額100万どころじゃないのでは!?

帰宅して調べたら、既存のフレームにカーボンラッピングしてくれる工房があるみたいですね。


ミニベロって、ロード以上にコアでマニアックな人が多いのです。

私もミニベロ大好きサイクリスト。4万円で買ったハイテンフレームのビアンキミニベロで走行距離5万km超を達成したばかり。

高価なミニベロとは真逆の楽しみ方をしています!!  というか、財力がありません(悲)。


以上、いつも以上の画像に長ったらしい文面にお付き合いいただき有難うございました。



今回の最大の収穫!?  はこれまで全く興味を示さなかった同行の息子が、ハンドメイド自転車に興味を持ってくれたこと。過去は毎回「早く散歩に行きたい~」と騒がれ、ゆっくり見学できませんでした。今回は息子も興味深く展示車を眺めてくれたのでした♪

レポ34

会場を後に、近くの日高屋で昼飯を食べてから、


レポ35

早稲田まで歩き、東京さくらトラム(都電荒川線)に乗って鉄分補給もしてきました。

こちらのレポートはブログ別館で近日公開予定です。


https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪


コメント

 コメント一覧 (22)

    • 1. nobu ^o^♪
    • 2023年01月28日 20:53
    • butobosoさん こんばんは🌙
      何にコメント入れていいのか解りませんが…(笑)
      自分は、やはり昔からある自転車が好きです🎵
      アトランティスキャンピングや、トーエイ、グランボア、レベルのロードなど
      いいなぁ~と思いました
      あと、パイプは、自分も同じで昔から丹下NO、2を好んで使ってます
      高村さんもYouTubeなどで色々、話してますが… やはり、これがいいと思っても時代に合わせていかないといけないみたいな事を言ってました💦
      みなさんのブログ記事も拝見して、毎回、行った気分になります(笑)
      今の自分は、💰お金が無いので自転車趣味がこれ以上全うできなくパーツでさえ欲しくても買えない状態です
      今ある自転車を大事に乗ります🎵
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 2. 輪行菩薩
    • 2023年01月28日 21:03
    • こんばんは。
      午前中だけの滞在でこのような中身の濃いレポート流石です。
      フレームジオメトリーの特徴あるものや、変わった新型ハンドルバーなど期待して見てたんですが、ドロップバーにいつものフレームジオメトリーばかり。
      スポーツ車ばかりでなく、コンフォート系の自転車があってもよかったかなあ。
      しかし、観客は沢山いましたね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 3. 完覇!超記録!!
    • 2023年01月28日 21:19
    • こんばんは!
      行く行く詐欺ではないですが~今年も執務優先で見に行けませんでした!
      興味深い出展は多々ありますが、中でも私が開発に関わったSOYOシームレスロードタイヤも紹介していただきありがとうございます!
      源流であるシームレスロードCRが展示されていなかったのが気になります~
      CR=コンフォート・レーシング!
      細身のシームレスチューブラータイヤは、もはや時代遅れな存在かも知れませんが、その原点を忘れさられる訳にはいきませんので、意地でも掘り返してみたいと思いました!!
      来年こそハンドメイドバイシクル展!今から行けるように根回しします!!
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 4. 大佐
    • 2023年01月28日 21:50
    • こんばんは
      当時はお会いできなく残念でした
      僕の自転車のハンドル部分だけ写っています(笑
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 5. 釣り人
    • 2023年01月28日 22:34
    • こんばんは。
      自分は、ブログに1回でハンドメイドバイシクル展の記事を早足で載せました。展示会の様子、butobosoさんが詳細に説明されていますし。

      少し、展示会場が寂しくなったように感じます。パナのブースも小さかった。

      見学終えて、市ヶ谷、麹町、番町、四ツ谷と歩きPENTAXクラブハウスへ寄りました♬日本テレビ本社屋、すっかり跡形もなく駐車場に変貌してました。
      但し、スタジオのあるビルは残っていました。

      麴町、番町、市ヶ谷駅前、アサヒペンタックスK2で街並みの様子を撮りました。

    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 6. Kan
    • 2023年01月29日 09:20
    • おはようございます。
      ハンドメイドバイシクル展、観に行きたかったのですが風邪でダウンしてしまいました、大変残念です。
      Weld Oneのチタンミニベロは昨年のサイクルモードでも出品されてましたね。
      大変興味深くお話を伺ったのを覚えています。
      他、今はMTBはリア51Tまであったと思います。でかいスプロケットが好きな僕もSunraceから出ている10Sの11-51Tを組んでみようかと思いましたが、さすがに輪行時にスプロケカバーに収まらないと思いやめました。42T用カバーがあり、46Tは収まることは確かめています。
      出品車や物品もそうですが、来場者の皆様の愛車が一番面白そう、と思います。大変残念でしたが、来年は観に行きたいところです。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 7.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月29日 09:32
    • ★nobu ^o^♪さんへ
      おはようございます。
      若い頃に刷り込まれた自転車のルックスが今でも一番に思えることは自然だと思いますよ。実際駐輪場に停められた来場者の自転車は昔ながらのオーダー車が多かったですしね。
      長く乗り続けなら文句なくクロモリ素材ですね。軽量パイプと耐久性を考えるとチャンピオンNo2かカイセイ022が今でもベストでしょう。アルミミニベロで痛い目に遭いましたが、それをクロモリに置き換えることでトラブルも起きていません。ショーモデルや短期に楽しむだけなら何でもいいですが、長く乗り続けるなら、やっぱりクロモリが一番ですね♪
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 8.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月29日 09:40
    • ★完覇!超記録!!さんへ
      おはようございます。
      さりげなくSOYOも紹介したつもりですが、流石にお気付きでしたね♪
      ロード、トラックレーサー向けでなく、昔のようにツーリング車のタイヤも増やして欲しいのですが、それは今の時代では現実的ではないですよね(苦笑)。
      太いクリンチャータイヤが主流になりつつあるようですけど、トラック競技では細いチューブラーに軍杯あがると私は今でも思っていますよ。だから、そちら方面の開発にも力を入れているSOYOさんには頑張って欲しいですね。
      シームレスタイヤは気持ちよく転がってくれそうですね。戦う自転車にとっての正常進化のチユーブラータイヤだと思います!!
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 9.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月29日 09:47
    • ★輪行菩薩さんへ
      おはようございます。
      3年ぶりの見学だったので新鮮さが蘇って観れました。仕事の取材だとしたら、関係者との話ももっと伺わないといけないのでしょうが、個人レベルの見学でしから、写真撮る方に比重おきました。
      数年前には脱ドロップバーな流れも見られたのですが、再びドロップにしがみ付くような流れに確かに戻っていましたね。ただ、画像は載せませんでしたが変わり種のハンドルも出展されてましたね。後はユーザー側の選択目線が増えることに期待しましょう!!

      確かに思いました。目先は変えても従来のスケルトンからは脱却できていないですね。学生さんたちが揃って電動アシスト付きだったのも気になりました。輪行菩薩さんりような提案をする人がもっと増えないと日本の自転車産業も行き詰まりを迎えてしまうでしょうね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 10.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月29日 09:53
    • ★大佐さんへ
      おはようございます。
      ニアミスでしたか!! 会場内での自転車はショーモデル的な物も多く、それに乗り込んで走るオーナー像は見えてきませんでしたが、駐輪場の自転車は、それぞれに自転車愛溢れる改造を施しているものばかり。第2のハンドメイド展的な場所ですよね♪
      数年前は流行り物に乗ったようなロードユーザーも増えましたが、今回はそれらの人は殆ど見られず。やはりブームに乗っかったり、旧車にしがみ付く層は離れていったのでしょうね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 11.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月29日 10:01
    • ★Kanさんへ
      おはようございます。
      風邪引かれてましたか!! 当日は北風ビュービューで寒かったですから仕方がないですね。
      サイクルモードが入場者はかなり減ったので、こちらも減ったかと思って行きましたが、変わらない様子でした。サイクルモードは出展者離れも増えているようなのでハンドメイド展とダブったメーカー(工房)も多いようです。
      ミニベロは市販車で充分個性分けができているとはいえ、もう少し出展してほしかったのです。

      スラムの50Tは知ってましたがサンレースは51Tですか!!!! 台湾メーカー頑張ってますね。というより、今や台湾がNo1の自転車大国ですが。
      昨日はロー側27Tのミニベロで走り回ってました。小刻みなアップダウンにはもうちょっと軽いギヤが欲しくなりましたが、RDの対応が最大27Tなんですよね(汗)。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 12.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月29日 10:06
    • ★釣り人さんへ
      おはようございます。
      仕事柄、こういう事には力が入ってしまうのです(笑)。
      今回から出展するのが有料になったようですよ。だからスペースを増やすとお金が掛かる。ハンドメイド展に関係なく受注のある工房は力を入れていなかったようです。常連出展の細山さんも今回は出していませんでしたし。以前は関西ビルダーの出店も見られたのですが、そちらも商売に繋がらないので参加しなくなったのでしょう。
      来場者の有料化も検討されているようですから、来年はどうなるか動向を見守りましょう。今年はCP+も開かれるようですから、そちらも行こうと思ってます。

      東京の街も変わって行きますよね。昔の姿を残すためにもシャッター切り続けたいですね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 13. くぼ
    • 2023年01月29日 19:27
    • こんばんは!

      実は丹下のチューブが気になってます。
      今はチューブをどうしようか思案中なんです。

      一時期は味気ないストレートのFフォークが幅を利かせてましたけど
      写真を拝見する限りでは少しRが付いたフォークの自転車が増えてきたような気もしますが、実施はどーなんでしょうかね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 14.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月29日 21:27
    • ★くぼさんへ
      こんばんは。
      ストレートフォークはカーボンならではだと思っていますよ。
      クロモリフレームだと角度問わず曲がりが必要だと思います。掟破りのサスペンション付きフォークと言う手もありますけどね(苦笑)。
      今でも老舗どころの工房さんだと丹下チューブも複数在庫していると思います。一時は在庫以外の流通が途絶えていたようですが、今は安定供給されているそうです。カイセイ022と丹下No2はほぼ同じようですが、私は最初のフジオリンピックが丹下チューブだったことから信頼して選んでいますよ。値段は高いですが、レイノルズのチューブもいいですね。ただ、こちらはロード向きのチューブが多いですけどね。
      今の所、来週に引っかかる大きな仕事入っていません。1週間後楽しみにしています♪
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 15. ランス
    • 2023年01月30日 02:36
    • 石渡と丹下で違いを感じますか?その昔出入りしていたショップに来ていた日本鋼管の人が、石渡も丹下もどちらも日本鋼管が作っていて、まったく同じものと言ってたんですよね。何か味付けがあるのだろうか。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 16.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月30日 07:27
    • ★ランスさんへ
      おはようございます。
      厳密に乗り比べたとしても、違いが感じる人はいないでしょうね。
      乗り比べをして、パイプ銘柄を当てられる人がいるかも怪しいですし(苦笑)。
      丹下は随分前から国内製造やめているそうですが、今でも日本鋼管なんですかね!?

      フレームはパイプの種類は重量と耐久性のバランスで選択しますが、同じパイプでもラグ有無でも違うでしょうし、作り手の問題もあるので難しいですよね。そこを厳密に見極めるのは競輪選手ぐらいかもしれませんね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 17. Ke88r
    • 2023年01月30日 10:17
    • こんにちは
      板金、溶接業なので興味深く拝見しました。ゆくゆくは自作フレーム作りたいのですが市販されていない部品は自作しています。ケルビムのヘルメットはTIG溶接用の液晶シャッター付遮光マスクだとおもいます。仕事で使っておりますので。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 18. ものぐさ
    • 2023年01月30日 10:56
    • こんにちは。 グランボアで有名になりましたけど店名はアイズバイシクルなんですよね。経営者(親方)は高校の先輩の先輩なので出店前からの知り合いです。グランボアの前はロードメインのブティックのようなお洒落なショップで若い女性客も多かったです。TeamI's.で鈴鹿ロード出てました。 丹下と石渡、バイトして初めて買った吊るしフレームが石渡022だったのと京都人の性なのか柔らかい言葉の響きの"いしわた"が好きですね。カイセイはピンと来ません。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 19.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月30日 15:41
    • ★Ke88rさんへ
      こんにちは。
      自分で溶接できるならフレーム作りも夢話はなさそうですね。羨ましいです。
      市販の部材も充実していますが、自作となるとそんな小物類も作り上げられそうですね。素人目には芯出しが大変に思えるのですが、それも自分で乗る自転車なら許容範囲も広げられますね。
      ヘルメットはそっちのモノでしたか!! てっきり最新のテクノロジー組み込んだエアロヘルメットだと思い込んでいました(汗)。
      今の溶接メットって凄い進化しているんですね。そちら方面には全く知識がないので、遮光ゴーグルしか知りませんでした。勉強になります!!
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 20.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年01月30日 15:50
    • ★ものぐささんへ
      こんにちは。
      京都のベテラン、ものぐささんは流石にアイズバイシクルについても詳しいですね。しかも親方とは繋がりがありましたか。やはり輪界、しかも古物を含むツーリング系の世界は狭いので接点が多かったりもしますよね。
      元はロード系ショップでしたか!! うまくツーリング系に転身しましたよね。京都のツーリング店といったらヤマネのイメージでしたが、こちらは普通のショップになったとか!?

      最初のイメージって引きずりますよね。私は丹下No2から本格サイクリングを始めたので今でも丹下ファンです。でも、オーダーフレーム、セミオーダーフレームは石渡の方が多かったような気がします。石渡が倒産(廃業?)と聞いた時はびっくりでした!!
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 21. K-Taka
    • 2023年02月01日 01:28
    • 自分は土曜日に行きましたが駐輪場に自分は見かけなかった自転車が有るので、butobosoさんが行かれたのは日曜ですかね?
      最近疎遠になってる自転車仲間(ケルビムファン)に久々に会えるかと思ったのですが出会った知り合いは一人だけでした。
      10年位前の廣瀬さんが「もう年で何時亡くなるか分からないからオーダー時に途中で亡くなっても返金は求めないとの念書取ろうかな(笑)」と話されてましたが、今となってはあの時オーダーしておけばと後悔してます・・・。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 22.  butoboso0217 butoboso
    • 2023年02月01日 08:03
    • ★K-Takaさんへ
      おはようございます。
      私が会場にいたのは土曜の10時半から12時半ぐらいでした。そのご自転車置き場に30分ほどいてから会場を去りました。1時間単位でも来場者入れ替わってますから、駐輪場の自転車変わっていたのでしょうね。

      廣瀬さん車椅子になってもハンドメイド展来ていましたし、最後までフレーム作りも続けていたのでしょう。昭和の職人気質なビルダーさんが年々減っていくのは寂しいですよね。今回の展示会では新世代の若いビルダーさんの作品も多かったですね。伝統の継承も大切でし、新たな我流も増えて来たのは良い流れですよね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット