旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

今の自転車はカーボン素材のおかげで軽量化も容易くなりましたね。

でも、軽量化=耐久性に劣るといった図式は昔も今も変わらず!?
 

写真1

少し前のメカですが、画像のカーボンパンタ採用のカンパコーラスは重量186g。

最新のカンパスーパーレコードでも181g。

最新のデュラエースでは何と158g。


 

写真2

しかし、30年以上前の変速機は147gしかありません!!

ユーレージュビリーの最終型はプーリーケージに大胆な穴空きスタイル。
※初期モデルはたったの130g台も破損相次ぎ補強されます 



この時代は素材が限られていたため、軽量化の王道は肉抜き(穴空き)!!
 

写真3

写真4

写真5

上から、サカエロイヤル、サンツアーサイクロン、スギノマイティMCV


市販品のように耐久性の求められていないレース機材では、

より大胆な肉抜きパーツが使われ、フレームにさえ及んでいましたよね。


でも、この肉抜きは見た目の格好良さにも繋がってました♪

無理に自分でドリルで穴を空けて、

壊してしまう自転車少年達も多かったりしました(苦笑)。


9kgを下回っていたら超軽量ロード。

ツーリング車では11kgを切ったら軽いが壊れる!!

なんて言われたものです。


どう頑張ってもスチール製のフレームでは、

今のような6kg台の軽量レーサーは作れなかったですよね。
 


 

SLみなかみ号に乗車する旅♪。

写真27

お時間の許す方は、下記の別館サイトをご覧ください。

https://butoboso.blog.fc2.com/?index&share=44537



 

本日はコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪


 

https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪