旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

写真1

 自身が本格的なサイクリング車に乗り始めた80年頃、

 オーダーロードにはカンパ=イタリアパーツ。

 オーダーランドナーにはユーレーやサンプレックス=フレンチパーツ。

 そんな変速機を使う図式がありました。




写真2

写真3

 当時市販メカで最軽量だったユーレージュビリー。

 贅肉を削ぎ落としたマラソンランナーの脚のようなスリムなボディ。




写真4

 ツーリング、レーシングと2種のケージを揃え、

 用途に応じて使い分ける事が出来ました。




写真5

 軽いだけでなく、そのグラマラスなデザインに魅入られた人も多いはず。

 壊れる、ワイヤーが抜けるなんて風評被害的な噂もありましたが、

 このメカにはそんな噂も吹き飛ばす魅力がありました。


 カンパレコードよりは安いのですが、それで1.5~2万円。

 国産最高峰のシュパーブやデュラエースが6千円前後でしたから、

 やはり外国製メカは高価なイメージがあったものです。


 社会人になり、ようやくオーダー車の世界に入った頃、

 このユーレーは、ザックス社に吸収されてしまいます。

 同じフランス(ドイツ?)製品でありながら、ザックスって何!?

 日本国内では、ザックスは無名なメーカーだったのです。




写真6

 それまでのユーレー製品の継続品はザックスユーレーの名称に。


 とある書物では、ザックスユーレーのジュビリーは仕上げが手抜き!!

 そんな事が書かれていたのですが、それは誤った情報でした。

 ジュビリーの再後期となるザックスユーレージュビリーは、

 表面のピカピカ仕上げも変わらず、むしろ個々の小物はバリも無くなり、

 綺麗に仕上げられています。


 カンパのエンドに対応出来る小物も付けられていました。

  ※これはザックスに吸収される直前から改良されたようです。




写真7

 ユーレーとザックスユーレーが同時に流通していた頃、

 ザックス銘柄の方が不人気だったことをよく覚えています。

 当時からツーリング車乗りたちは保守的だったのかもしれませんね。


 そのザックスユーレーも、末期はユーレーの名前を排除し、

 ザックスブランドになりますが、インデックス時代に対応出来ず、

 90年代半ばにブランドが消滅していくことになります。


 しかし、そんなザックスを買収したのがアメリカのSRAMでした。

 ユーレー時代のライバルの名が、SRAMのコンポグレード名に残ります。

 シマノやカンパと違った、独創的なデザインは何処かユーレー的な匂いも。


 80年代半ばから90年代にかけて、

 消えて行く自転車パーツ製造の名ブランドも多かったです。

 そんな歴史に触れられたのは、

 長く自転車趣味を続けて来た財産でもあります。



●ユーレージュビリーツーリング●
1982年製 

キャパシティ38T、重量158g

購入価格15,000円


●ザックスユーレージュビリーレーシング●
1987年製 

キャパシティ28T、重量149g

購入価格20,000円



https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (22)

    • 1. ものぐさ
    • 2019年10月01日 20:58
    • ご無沙汰しております。 夏の疲れと介護の疲れのせいかButoboso さんのblog や皆さんのコメントを拝読するのもしんどい日々でしたが、今日は35年ぶりに保津峽ヘポタッて来ました。手前の六丁峠はインナー36T では踏めずほとんど歩きました。お買い物自転車に成り下がっていた愛車を4ヶ月かけてレストアしてサイクリングできる物にしてやった初乗りでした。 レストアに当たり長年使っていたジュビリーレーシングを引退させ先日フリマで売却しました。ゲージが三方手裏剣型でない一直線のタイプで肉抜き加工していないのですが実測値135㌘(エンドアダプター無し)でした、おそらく最軽量ではないでしょうか。ジュビリー無き後はシュパーブプロに成りプロコン6とシマノHG 9sチェーンでかなり良くなりましたがインデックスで使ってないのでオーバーシフトが厄介です。
    • 0
    • 2. 完覇!超記録!!
    • 2019年10月01日 21:26
    • butoboso様~こんばんは!
      機能のみを追求した意匠にカンパレコードとは対極の美しさを感じます!!
      自身ジュビリーとはご縁なく来たのですが、数年前にマスターズでお知り合いになった大先輩から価値を分かって貰えれば幸いと当時モノのジュビリー(レーシング?)を頂戴しました!!
      相応な使用感を伴う逸品の価値を大先輩の人生に照らし合わせ、磨き続ける事を素晴らしいと感じますネ!!
    • 0
    • 3. 釣り人
    • 2019年10月01日 21:40
    • ザックス・ユーレー、ユーレーの名前だけの製品が人気ありました(古い商品)ユーレー、サンプレックス、ツーリスト人気ありましたね。

      ロードに乗っていましたので、国産シマノ、サンツアーの中級グレードであるシマノ600、サイクロンなどを使っていました。

      ユーレーのパーツ組むランドナー、憧れました。
    • 0
    • 4. えなめい
    • 2019年10月01日 22:51
    • ジュビリー、綺麗なフォルムの憧れの部品でした。でも貧乏学生の私には縁遠い存在でした。
      ユーレーで使ったことがあるのは廉価版のサクセスだけです。
    • 0
    • 5. くぼ
    • 2019年10月02日 08:33
    • おはよーございます!

      あのジュビリーのケージに穴がいっぱい開いちゃったのはガックリ来ましたよ。
      あの優雅なデザインがあの穴で台無しになってしまった気がして。
      でもユレーは使った事がないのですがね。(笑)
    • 0
    • 6. TAKOぼん
    • 2019年10月02日 10:04
    • こんにちは
      ジュビリー 使い続けて30数年 故障も動作不良もなく過ごしてきました。
      変速もちゃんとするし なんかいろいろ言われることありますが 使っていない人の意見が多いか 無茶苦茶な使い方をする人か どちらかのような気がします。 レースには 過酷すぎて実戦で使うなんて人は いたのかどうか? 華奢なボディは やはり 繊細なタッチで 操作してやる必要があるでしょう。
      フロントディレラーのほうにヒビ発見で ちょっと どうするか検討中なんですが 補強板を張り付けて まだまだ使うつもりです。
      あと数年で40年 元は十分取れているでしょう!
      心残りは ジュビリーツーリングを使いたかったってことかな~ 入手できませんでした!
    • 0
    • 7. oryzasativa
    • 2019年10月02日 11:34
    • ジュビリー 特に後機の美しさには
      まいります。

      いつかスポルティーフで使おうと
      ショートの方を確保しましたが
      財力が足りず
      タンスのこやしになっております(苦笑)

      後年語られる名機は
      現行品では少そうですね。
    • 0
    • 8. シリウス
    • 2019年10月02日 12:09
    • お久しぶりです!
      いつも楽しく拝見しています。
      ところで、今回の「関戸橋フリマ」は参加されますか?
      参加されるなら、また一緒に出店しましょう👍
    • 0
    • 9. butoboso
    • 2019年10月02日 17:36
    • ★ものぐささんへ
      お疲れの中、保津峡ポタリングは良い息抜きになった事でしょう。
      でも、まだ今年は気温が高めですから峠路は大変そうですでもありますね。あと1ヶ月もすれば紅葉ですから、その頃にもぜひ息抜きサイクリングを行えると良いですね。
      京都は鞍馬の紅葉が好きでして、若い頃はよく出掛けましたよ♪

      ジュビリー、古いものほど軽いですね!! 写真で紹介した穴空きケージのモノが一番重いとは……。のんびり自転車走らすには、フリーは6,7枚あれば充分ですよね。私のパスハンもウルトラ6にフリクションのWレバーですが、これが不便と思う事は全くないのです。
    • 0
    • 10. butoboso
    • 2019年10月02日 18:01
    • ★完覇!超記録!!さんへ
      お疲れさまです〜。私もグッタリな状況が続いてます(汗)。
      ツーリング派でも、走り込む人はサンプレ使う人が多かったです。カンパラリーを使う人も居ましたし。値段だけ思えばジュビリーと同価格帯ですが、壊れやすいという風評被害から敬遠している人も多かったのでしょうね。同じユーレーでもアルビー使う人も多かったですし。
      でも、部品単体で見た時のジュビリーの美しさは歴代RDの中でも上位ランクですよね♪
      ※チャレンジロードに一緒に出ていたチームの先輩は初期のジュビリーを使い続けていました。坂道対策で少しでも軽量化したかったようです!!
    • 0
    • 11. butoboso
    • 2019年10月02日 18:07
    • ★釣り人さんへ
      ザックスユーレーを毛嫌いしていた人が多かったですね。でも、サンツアーがSRサンツアーになっても誰も何も言わなかったです(笑)。
      ロード乗りだとやっぱりカンパが一番人気。そしてデュラやシュパーブ、サイクロンを付ける人が多かったですよね!! 私の最初のロードのRDはデュラでしたが、これが気に入らずRDのみサイクロン、FDとWレバーはデュラでした。
      ジュビリーの軽量さに魅かれながらも、当時国産RDの最軽量のサイクロンマーク2を買うのが精一杯でもありましたし。
    • 0
    • 12. butoboso
    • 2019年10月02日 18:10
    • ★えなめいさんへ
      サクセスは隠れた名品だと思っていますよ!!
      アルビーとジュビリーの良いとこ取りでバランス良かったですし。
      チタンボディのスーパーサクセスにもジュビリーと同じ穴空きケージが採用されていましたね♪
      学生時代に買えた外国産パーツはカンパのWレバーぐらいでした。デュラやシュパーブさえ、とても高価に思えましたしね(汗)。
    • 0
    • 13. butoboso
    • 2019年10月02日 18:17
    • ★くぼさんへ
      あの穴空きケージはやりすぎだ!! と批判する人も多かったですよね。
      しかも穴を空けたのに軽量化でなくジュビリー最重モデルになっちゃいましたし。
      でも、あのカスタム感を私は嫌いではなかったです。マイティのギヤ板も穴空きが好みだったりしますし(苦笑)。
      ユーレーはカンパ互換が薄かったので、RDもWレバーも使い難い部分がありましたよね。
      ザックス時代の最後は、サンツアーやシマノと見分けがつかないメカになってしまい……(悲)。
    • 0
    • 14. butoboso
    • 2019年10月02日 18:24
    • ★TAKOぼんさんへ
      TAKOぼんさんはユーレーマイスターなのです!!
      走り派でありながら、ユーレーメカを酷使して使い続けていますから。
      ユーレージュビリーやマファックのブレーキ、風評被害的に悪い噂ばかりが先行しちゃってましたよね。ジュビリーレーシングは、ヨーロッパの伝統あるレースでも使われ、耐久性への実績もありますし、何より長いモデルなのでカンパレコードと同じく、細かな改良が続けられていましたよね♪
      FD、まだ延命策で使い続けますか!! こちらも美しいメカですよね。
    • 0
    • 15. butoboso
    • 2019年10月02日 18:28
    • ★oryzasativaさんへ
      ユーレージュビリーのメカに負けない存在感のパーツで組み上げると、とんでもなく高価になりそうですもんね(汗)。
      私の場合は、乗り回す自転車は国産上級パーツで質実剛健に仕上げ、優美なフレンチパーツは酒のツマミになってます(笑)。
      サンプレのメカだけは一度も使ってないし所有すらした事がないのです。サンプレのギヤ板だけは入手して、今磨きの最中なんですけどね♪
    • 0
    • 16. butoboso
    • 2019年10月02日 18:33
    • ★シリウスさんへ
      ヤフブロ亡き後、引っ越し先は何処でしょうか!?
      私の方はライブドアは面倒ながらもなんとか続けてます(苦笑)。

      ごめんなさい、秋は参加できそうにありません。19日は友人達とキャンプに出掛ける予定でして…。来春は引っ越しでバタバタしていそうですし。
      ただ、緑区に引っ越しますので関戸橋に近くなります♪
      シリウスさん宅にも近くなれますね。何れは多摩丘陵でオフ会でもしたいですね!!

      京王閣は12日ですかね!? こちらは時間が取れれば覗きに行くつもりです!!
    • 0
    • 17. nobu^o^♪
    • 2019年10月02日 18:54
    • butobosoさん  お疲れ様です
      こんな記事が大好きで この記事で生ビール3杯はいけます(笑)
      高3の時、ユーレードッパーを使い 日本製にない魅力を感じました
      また、カンパと違う魅力に酔いしれました
      Wレバー 自分の指で 個性的なそれぞれのRメカを操る楽しみは 当時の
      サイクリストしか解りませんね…
      快適性ばかり求める今の自転車には うんざりしてます
      夢や希望で胸が一杯だった あの頃… 今では いい思い出です
    • 0
    • 18. 輪行菩薩
    • 2019年10月02日 21:20
    • こんばんは。
      自称ユーレー党なのですが、実使用ではサンプレックスです。
      ジュビリーは一時期使用していましたが、操作が重たくて手放しました。
      ユーレーというと私はアルビーがいいですね。バラバラに分解したアルビーを磨くのもまた楽しいものです。サクセスドッパーも大好きです。
      スーパーサクセスはシマノより前にリターンバネを引っ張りバネに改造して遊んでました。ライトアクションで非常に良かった。
      最近はショートケージでワイドキャパシティなサンプレに浮気しています。
    • 0
    • 19. 亀次郎
    • 2019年10月03日 08:58
    • こんにちは。

      いい写真ですね。よだれが出ます。

      ショート、 ザックスなんですね。ジュビリーロゴ欲しいところです。
    • 0
    • 20. butoboso
    • 2019年10月03日 10:57
    • ★nobu^o^♪さんへ
      自転車パーツは酒のツマミになりますよね♪
      次の記事もそんな話題です(笑)。

      当時は各社がオリジナリティ溢れるデザイン・構造でしたよね。
      性能一点張りの現代ではそれがないのが残念です。
      ユーレーはワイドレシオなツーリング向けのメカがたくさんありましたから、ツーリング派には人気ありましたよね。サンプレと違って、グレード別のパーツそれぞれに個性があったのも良かったです♪
    • 0
    • 21. butoboso
    • 2019年10月03日 11:03
    • ★輪行菩薩さんへ
      サンプレのプレステージ、ユーレーのアルビー。
      決して上級グレードではないですが、使い続けるツーリング車乗りの多かった名品ですね。
      バラバラに分解出来る楽しさ。今やメンテはショップ任せなロード乗りの人たちには分からない自転車遊びの楽しさですよね♪
      ジュビリーより実用的で軽量なスーパーサクセスには手を出しそうになりながら、手を出せず。気か付けばザックスユーレーになってしまい興味薄になってしまいました(汗)。
    • 0
    • 22. butoboso
    • 2019年10月03日 11:07
    • ★亀次郎さんへ
      何故かザックス銘柄は不評でしたよね。
      でも、造り込みは最終型だけあり、一緒に撮影したツーリングモデルより完成度が高まっていましたよ。ユーレー時代のちょっと手抜かり的な造りも、ユーレーらしさがありましたけどね(苦笑)。
      スベルトの最終期のメカもありますが、こちらも初期の頃のスベルトとは似て非なるメカでした!!
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット