旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

写真8

材質加工に限りの合った時代、

メーカーは少しでも耐久性高めながらの軽量化に努力します。


 

写真2

一見すると同じようにしか見えない初代シュパーブのリアディレーラー。

しかし、片方はノーマル、片方は軽量バージョン。

「SUPERBE  PRO」

いかにもスペシャルな響きのある「プロ」の名が付けられます。
 


それはカンパレコードに対するスーパーレコードのようでもあり。

写真4

カンパは値段的な制限がないのでチタンボルトを採用。

それは採算など考える事の無い純粋なレースパーツだったからこそ。
 


アジアの片隅の日本メーカーがそこまで出来る訳も無く。
 

写真3

シュパーブは鉄のボルト類を軽合金に置き換える事で、

194gの重量を169gと25gの軽量化となります。
※左がプロのボルト、右がノーマル

 

写真7

当時のカタログには、そのボルト類の単品販売表記もあります。

 

写真5

カンパの場合、見た目からスペシャル感を出して差別化。

でも、シュパーブプロには差別化は全く無し。


 

写真1

ボルト類を交換すれば、PROに変身出来たのです。


小さな差ですが、学生時代は他人の愛車に付けられた、

シュパーブRDがプロなのかノーマルなのかを見分けるのも

楽しかったりしたものです。
 


自身は、自転車のパーツは最低限の消耗品交換ばかり。

バイト代の大半は旅の資金の方に最優先されていました。

 

写真9

デュラエースaxに始まったエアロブームに影響され、

シュパーブプロも2代目となり、デザインは一新されます。


メインはシュパーブプロとなり、

ノーマルシュパーブはリアルレーシングというより、

少しツーリングよりにも配慮されます。

 

写真10

そして、プロが3代目に変わる頃には役目を終えたように、

ノーマルのシュパーブシリーズはひっそり消えていくのです。
 


 

本日はコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪
 


 

https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪