旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

古いパーツの調べものをするために、

いつも使っているサイスポオールカタログ84/85。
 

写真1

この頃が掲載点数はピークだったと思っています。

今のオールカタログとは違い、店舗に流通しているパーツも掲載。

従って、現行パーツだけでなく旧型パーツも多数載っているのです。


一例ですが、シマノデュラエースはEX、ax、ニューデュラ(7400)の

3つが掲載されていますし、サンツアーでは旧サイクロン等も掲載。


 

写真3

新旧パーツの比較も出来て、参考書としても優秀だったのです。

その後のオールカタログからは旧製品は消え、

MTBブームの始まりとともに、ツーリング系パーツは激減します。


そして、現代のオールカタログは点数こそ多いものの、

メーカーから支給された画像を貼付けるだけですし、

コンポパーツとして一括りに掲載されてしまい、

1点ずつのパーツをじっくり見る事が出来なくなりました……。
 


 

そんな84/85オールカタログの裏表紙(表4)には、

ランドナーブームの終息と、MTBブームの狭間のような製品広告が。

 

写真2

ブリヂストン・グランテックです。

当時は自転車をフィットネスブームに乗せようとする流れがあり、

こんなライト感覚で敷居の低いサイクリング車が増えてました。


グランテックは、簡単に折畳める自転車です。

輪行サイクリングの推進というより、クルマに積んで避暑地でサイクリング♪

的なクリーンなイメージで新たなユーザー獲得を目論んだ自転車です。
 


職場の同僚がこれに飛びつきまして、自転車通勤を始めます。

何度か乗らせてもらいましたが、街中サイクリングには良いけど、

本格的なサイクリングには不向きと感じたものです。


正直な所、中途半端に感じた自転車でしたが、市場受けは悪くなかったようで、

トランジット、トラベゾーンと名前を変えて長らく販売されました。


当時は自分で乗る自転車ではないと思っていましたが、

同じ時代を過ごしたベテランサイクリストの方達がこの中古自転車を購入し、

それぞれカスタム化してサイクリングを楽しんでいます。


たぶん、発売当時は頭の中には本格的なオーダー車しかなく、

このような市販車には目を向けなかったのだと思います。

しかし、加齢により好む食べ物が変わるように、

自転車の好みも変わっていく人が多いという事なのでしょう。


 

写真4

自身もオーダー車の世界から、気軽に輪行サイクリングが可能な、

ミニベロの世界に入り込み、この10数年はどっぷりハマっています。


グランテックのコンセプトを引継いだような、

ジャイアントのMR4にも興味があります。


グランテックのような商品力を今の日本メーカーに望む事は出来ませんが、

30年以上も前の市販自転車が、玄人ウケしている流れは面白いですよね。

これも若い頃から自転車好きだった事もあるからでしょう。


今の子ども達は、MTBルックな自転車から入り込みます。

そして、青年達が乗る自転車もロードやクロスバイク。

この子たちが中高年なった時、自転車遊びはどうなっていますかね!?。
 


 

グランテックの名は、83年頃発売のサンツアーのリアメカにも使われます。

商標の問題で「シュパーブテック」に変えられましたが、

それは、このBSグランテックが発売を控えてきたからなのでしょう。


サンツアーは「ヒーロー」が「BL」になったり、

「サイクロン」は「シクロウネ」と英語表記が一緒だったりと、

後手後手感がありますが、それも当時の時代の大らかさなのでしょう。



 

本日はコメント欄は外してあります。

いつも訪問&コメントくださる方々、ありがとうございます♪
 

https://cycle.blogmura.com/ranking.html にほんブログ村

ランキングに参加しています。

よろしければワンクリックお願いしま~す♪