旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

去年は仙台まで1日で走りきり、その後、50歳を越える知人の東京~直江津の走りに刺激され、昔から大学のクラブランとしても走られてきた伝統コースを1度は走ってみたいと思い続けていました。



前日の2日酔いで迷いましたが、この日を逃すといつ出来るか分からない計画でしたので、身体にムチ打って出発しました。さぁ午前3時にスタートです!!


●横浜~入間(区間70km・累計70km)06:05着
自宅から国道16号に出て、ひた走ります。日曜とあって大型トラックは少なく、精神的にラクな走り出しとなりました。
橋本手前辺りから明るくなりはじめ、ペースも上がり始めます。この区間最大の難所(笑)の御殿峠もアウター縛りで一気抜け。学生時代に友人とよくナイトランをしたこの道を懐かしく思い出しながら走り続けます。



●入間~熊谷(区間36.7km・累計106.7km)07:38着
国道407号も昔から走り慣れた道です。信号も適度で、高低差の無い道はとても走りやすく、一気に熊谷へ。
以前から不思議に思っているのは、鶴ヶ島付近にある「日光杉並木」。日光への裏街道らしいのですが、日光からかなり離れている上に、この道使って日光に行く人は皆無でしょう(笑)。


●熊谷~横川(区間68.4km・累計175.1km)10:35着
熊谷からは国道17号です。ここからは伝統的な大学クラブランコースの中山道です。
予想していましたが、気温が急に上がりました。今回はツーリングスタイルなので、かなり暑い……。今日初めての休憩を深谷のコンビニで取ります。休みなしで一気に120kmは最長記録です。
高崎を抜けると山々が近づいて見え、ツーリング気分が高まります。ただし碓氷峠に向けての登りが徐々に始まります。

イメージ 1


●横川~長野(区間92.7km・累計267.8km)15:10着
本日のハイライト碓氷峠越え。登り口にあたる坂本宿でヒルクライムの練習に来ていたロードの人を抜かしたのは良いけど、見える位置後方に居られるのが嫌でスパート。ところが写真を撮る度に追いつかれ、結局峠まで一緒でした。14.5kmの登りでしたが所要時間50分。速いのか? 遅いのか!?

イメージ 2

峠からは下り坂!! ではないんです。
碓氷峠はピーク地点ではなく、中軽井沢辺りで登り返しが待ってます。ちょっとやらしいのですが、ここの1000m地点を越えれば上田までほぼ下りが楽しめる…はずでしたが向かい風が強く。苦しみました。
戸倉で昼食後、一気に長野へ。気温が25度を超え暑い暑い!!

イメージ 3

●長野~直江津(区間77.1km・累計344.9km)18:33着
長野市内はバイパス状の道で信号も少なく、スピードには乗りますが、車が多く気を使います。
豊野から最後のピークである黒姫まで標高差300m強の登り。覚悟を決めて登りますが、新緑の芽吹きも眩しいくらいの道は気持ちよく、インナーを使わず一気に上り詰めました。
イメージ 4

妙高高原に17時着。ここから、いよいよ日本海に向けての長いダウンヒルです。昨年の仙台とは違い、かなり余力が残っています。残雪残る妙高山の風景に見とれている時間も惜しいくらいに沈む夕陽と追いかけっこするようにラストスパート!!
高田辺りからは、市街地になるため、信号が多くもどかし。
それでも、快調に飛ばし続け

イメージ 5

「18時33分、日本海に到着!!」


陽の沈む瞬間が、疲れを吹き飛ばしてくれました!!
明るい時間に着けるとは自分でも驚きです! そして夕陽を眺める自分に酔いしれて、今年の私の大イベントは終了しました。


●走行距離/344.9km+宿泊地まで11kmの354.9km

●所要時間/15時間33分(日本海まで)
●獲得標高/2116m

●平均速度/実測24.6km(ただし、サイコンが不良のためアテになりません…)
※距離データはサイコン不良のためルートラボによるものです。 

●コースはこちらとなります

※距離制限があり、直江津手前までのルートのみ記しています。

(ニューサイクリング2011年10月号紀行文掲載)

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ぱぱろう
    • 2020年03月20日 11:18
    • こんにちは。7年前ですと、40代後半でしょうか。それでも、その年で、1日で350キロとは驚きです。そんな距離を走ると、死んでしまいそうです。でも、それだけの距離を走り終えたあと日本海を見て酔いしれるのは最高ですね。わたしも元気なうちに、糸魚川まで走ってみたいですね。その前に伊豆半島一周にチャレンジしたいです。
    • 0
    • 2. butoboso
    • 2020年03月20日 23:28
    • ★ぱぱろうさんへ
      この頃が一番タフだったかもしれません。
      仙台や新潟までの400k走もこなせましたから。今は300kの壁が出来て来ました。
      体力的には余力があっても、精神力が付いて来ないのです(汗)

      元々は糸魚川ファストランに参加したくとも個人参戦できないので、それに対向すべく同時期にロングを走り始めたのがきっかけなんです。それもミニベロでの拘りで。
      昔から短距離より長距離の方が得意で、センチュリーランもよく参加しましたよ♪

      伊豆半島は南伊豆の海岸線が手強いですね。しかも私が走った時はまだ未舗装路もありましたし(苦笑)。
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット