旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

10回目にして、ようやくシマノ製品を取り上げます。前回のカンパORレコードがカンパの黒歴史ならば、このデュラエースAXシリーズはシマノの黒歴史なのかもしれません。

イメージ 1

まだ競技に興味はなく、キャンピング車でツーリングを楽しむ学生だった私でも、81年のデュラAXを発端としたエアロブームはよく覚えています。自動車業界がやたらと空気抵抗の低さをCD値で表して競いはじめた頃、何故か自転車にも空気抵抗の重要性を力説しはじめたシマノでした。

イメージ 2

専用の風洞施設まで作って、当時は斬新に思えたエアロウェアにヘルメットで武装したテストライダーの写真はインパクト大!!  ところがシマノの意気込みとは裏腹に、市場でのウケは悪く急造設計が仇になり強度不足や微調整のしにくさが露呈してしまい、早急にAXシリーズは終息してしまうのでした。

イメージ 3

特殊形状のセンタープル方式のブレーキは、性能は兎も角、美しいデザインと仕上がりだと思います。後にカンパCレコードのデルタブレーキが発売されますが、このデュラAXの影響をかなり受けたものでしょう。

イメージ 4

専用のブレーキシューは今や入手難。今のブレーキに見慣れてしまうと貧弱に見えてしまうものです。性能も今ひとつの評判でしたね。

イメージ 5

裏側の仕上げもしっかりしています。デュラエースはこのAX・7300形から仕上げが格段に良くなったと思います。前型のEXは最上級品とは思えない安っぽさがありましたから…。

イメージ 6

レバーとのセットになります。エアロ色をイメージしたブルーのパットが斬新でした。しかし、ウケは悪かったようで、ノーマル色の茶パッドも追加販売しました。

イメージ 7

エアロレバーは後のロードに多大な影響を与えました。この頃から、ロードレーサーのブレーキケーブルは外出しタイプが急速に減って行きましたね。個人的には整備性が悪いので、競技生活の最後までノーマルレバーを私は使っていました。

イメージ 8

AX7300形デュラエースは失敗作に終わりましたが、7400形に引き継がれた名品も生まれました。このエアロピラーやステムは形式名称だけ変えて、長くヒットモデルとして販売が続けられましたね。

私もこのピラーがお気に入りでロードとスポルティーフに取付けています♪
7400形はみなさんご存知の通り、大成功モデルとなりました。7500、7600の名称を名乗っても良いほどの大きなマイナーチェンジを繰返し、ギヤも6から8段へ。STIレバーやSPDペダルなどの革新的なメカを成功させることになります。

●デュラエースAX  パラプルブレーキ(BR-7300)
重量344g(フロント・リア共)購入価格7,500円(ブレーキレバーセット)

★定価は不明ですが、確か1万5千円前後だったと記憶します。あまりの不人気さに不良在庫化していた商品を市川の老舗店で半額で購入しました。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット