旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

これはあくまで私の思い入れであって、
スローピングフレームを批判している訳ではありません。
あらかじめご了承ください(汗)。

ホリゾンタルとはフレームのトップチューブが路面に対して水平なタイプの自転車の事です。


イメージ 1
私のように古くから自転車を続けているサイクリストの多くが昨今のロードバイクフレームのスローピングに今だ嫌悪感を抱く人が多いのは紛れもない事実です。

そんな人の多くはクロモリ車を愛する方々なので、古物趣味から抜けきらないとも言えますね。ここ数年の間でロードバイクに乗り始めた方には不思議にも思えるでしょう。何せ、今では、クロモリ以外のフレームでホリゾンタルを探すのは難しい状況ですから。

イメージ 2
義父から譲り受けてレストアした、ツノダ・サターン・ロードレーサー


それにスローピングから乗り始めた人は、むしろホリゾンタルに違和感があっても不思議でない。まぁ趣味の世界ですから、何が正しい訳でもなく、自分の愛車が一番美しく見えるのは自然な事でしょう。
若かりし頃は、自分の妻(恋人)が一番綺麗に見えるのと一緒ですね。

          ↑ちょっと違うか!?

イメージ 3
中・長距離ツーリング用のセマス・カンピオーネ・スポルティーフ


で、私の愛車は全てがホリゾンタルになっていました。
例外は、折り畳みのミニベロ2台と実用車のみ。


イメージ 4
近代ロードレーサーのデローザ・メラク


近年組んだ、現代版ロードもホリゾンタルをわざわざ選びました。細いクロモリこそホリゾンタル!! と思っていましたが極太フレームでもホリゾンタルは似合ってました。


イメージ 5
フレームのみ注文、自分で組み上げたトーエイ・フルオーダー・パスハンター


思えば80年代後半に台湾G車がスローピングロードを出した頃は、とても違和感がありましたが、それも見慣れてくると格好良く見えるカーボンフレームも増えてきました。


何より、平均身長の低い日本人にとっては、スローピングフレームによってポジション出しに救われた人も多い事でしょう♪ 幸い私は身長174cmですので、ホリゾンタルでもある程度シートピラーも出せますので、スローピングを選ぶ理由も無かったのです。

イメージ 6

こんな市販ミニベロもホリゾンタルを選びます。ビアンキ・ミニベロ7

そこで私はますますホリゾンタル道を突き進んでしまうのです(笑)。
やっぱり地面に水平なホリゾンタルは、目視でも、写真に撮ってもパランスがよく見えまする♪



☆この話題は身長の低い方には御法度の部分もありますがお許しください!!

アオバの漫画には「男はクロモリホリゾンタル!!」の決め言葉の高校生が出てきます。でも、実は彼の愛車が凄いのは、オールサンツアーシュパーブで組まれた仕様だったりするのに気がついているのは、よほどのマニアだけでしょうか(苦笑)!?

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット