旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

以前、新聞夕刊に大きくこんな記事が出ていました。

イメージ 1

ブレーキ不備のまま公道走行
「競技用自転車摘発急増」ノーブレーキピストのことです。


摘発474、ここまで取り締まりが行われていたのにも驚きですが、それでも後を絶たないようです。都内にはどれだけノーブレーキピストが生息しているのか(汗)!?


イメージ 2
古い写真でごめんなさい。ピストレーサーの写真なんてないもので(汗)。
昔はトラックレーサーって呼ばれてましたよね。最近はピストバイクなんて呼ばれちゃうし…。


ピストは確かにシンプルで美しい。しかし、誰もが簡単に乗りこなせる訳も無く、ましてやそのまま公道を走るなんて正常な神経ではないですね。

なぜ、シングルスピードじゃ駄目なのか? 実際ウチに来るメッセンジャーの方々は固定車には乗らず、フリー方式のシングルスピード車です。前後ブレーキももちろん付けて。

若者!? の流行のセンスに兎や角いうつもりはないですが、
安全基準を満たしたピストで格好良く流してもらいたいものです

そして、先週はこんな規制が話題になりました。


正直なところ、やっぱりなぁという感想。
私は以前から、荒川河川敷道路下流(荒川サイクリングロード)の暴走ローディー達に苦言を呈してきました。

イメージ 3
ローラー台の延長のような気軽さで、
一般通行人多数の場所で、スピード出して練習する愚かな行為。

今回の規制強化は仕方のないことですし、オレは安全に走っている等と言っても駄目です。荒川CRを利用するサイクリスト全てが真摯な態度で反省しなければいけません。

曖昧な表現ですが、一般ランナー並みの速度という事は、時速10~15kmです。実質的にはサイクリング車は走っちゃ駄目!!  という事なのです。ごく一部の身勝手なサイクリストのおかげで連帯責任(怒)。
他のサイクリングロードに規制の波が押し寄せなければ良いのですが…。

今の自転車ブームの主役は、40・50代の中高年。この年代の方々は80年代のオートバイブームで峠を暴走するライダーが続出をご存知でしょうか?。
おかげで、二輪通行止めの道が全国にたくさん出来てしまった愚かな流れを経験しているはず。今度は自転車ですか!?

ピストもロードも問題を起こす、起こさないは乗り手次第。
自分の走り方や安全に対する認識をもう一度改めて考えてみましょう!!


https://cycle.blogmura.com/にほんブログ村 
いろんなサイクリストさんの日記がありますよ!!

よろしければワンクリックお願いします♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット