旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

サンツアーファンな方が今でも多いのは何故でしょう!?
シマノと違い、トータルパーツメーカーではなかったものの、
奇をてらわず質実剛健な中にも、
技術者の熱意や工夫が製品に現れていたからこそ
今でも愛され続けるメーカーなのだと私は思っています。
イメージ 1

今回は、そんなサンツアーが一番輝いていた75~85年頃に掛けて
作られていた上級グレードのFディレーラーを取り上げてみます♪

イメージ 2
80年前後にシマノ・デュラエースとともに、
日本の高級パーツとして君臨したシュパーブとサイクロンのFメカです。
名作サイクロンを母体に、剛性強化されて
リアルレース機材として生まれたシュパーブ。
この頃のサンツアーメカは、この穴あき(肉抜き)形状が特徴的でした!!

イメージ 3
こちらは80年代に入ってから、
マイクロライト・エアロダイナミクスを
コンセプトに誕生した新世代のサンツアーFメカです。

右からシュパーブプロ、真中がサイクロンマーク2、
そして左は義兄弟のスギノ75。
シュパーブプロはキャパシティを14Tまで詰める事で、
小型化を進め、当時としては最軽量レベルの82gの重量でした!!

イメージ 4
全てのメカに穴が空けられています。軽量化と製品デザインの良さ、
ひと目でサンツアー製品と判別出来る優れものでした!!
この後の製品からは、穴なしになり、ショックを受けたものです(苦笑)。

ちなみにこの時代には、シュパーブはロード用、
イクロンはツーリング用と考えられ、
高級ツーリングメカをラインナップしなかったシマノとは違い、
ツーリストからサンツアーが愛される流れが出来たのかもしれませんね。

イメージ 5
初代サイクロン&シュパーブは、FメカとRメカの
黒塗り浮き文字の仕上げが格好良かったのです。
現代の、のっぺらメカと違って味がありますよねぇ♪

イメージ 6
こちらはおまけ写真のカンパのFDです。
70年代のFメカは穴あきのものが多かったです。

左からスーパーレコード、真中がCレコード、右は10S時代のレコードです。
CレコはこのWレバーも含めて、デザインに優れていましたが
唯一このFメカだけは、今ひとつのデザインだったような(汗)。
●サンツアー・サイクロンFD(FD-1300)
重量/98g  キャパシティ18T以下 価格/3,750円

●サンツアー・シュパーブFD(FD-1500)
重量/100g  キャパシティ18T以下 価格/4,000円

●サンツアー・サイクロンマーク2FD(FD-2400)
重量/95g  キャパシティ18T以下 価格/3,750円

●サンツアー・シュパーブプロ(FD-2000)
重量/82g  キャパシティ14T以下 価格/4,250円

●スギノ75
重量/93g(実測)  キャパシティ18T以下 価格/データ不明
 
https://cycle.blogmura.com/にほんブログ村 
色んなサイクリストの日記が見れますよ!!
よろしければワンクリックお願いします♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット