旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

3連休初日となる昨日は霞ヶ浦を中心にサイクリングを楽しんで来ました。
このレポートは近日公開いたします(汗)。
イメージ 1

そして本日は家族揃ってお出かけです。
場所は横浜下街情緒が色濃く残る横浜橋商店街近くにある大鷲神社です。
イメージ 2
ここで行われる秋の風物詩である「酉の市」が目的。

イメージ 3
てっきり全国的なお祭りだと思ってましたが、
実は関東ローカルだった事に今さらながら気づきました

ウチも自営なので、小さいながらも縁起物の熊手を購入。
安物であっても、店員さんは三三七拍子で来年の商売繁てくれます!! 

イメージ 4
出店によって、個性が分かれる熊手です。
招き猫が良い感じ~♪

イメージ 5
縁起担ぎの意味合いで、だるま販売の露店も。
このお店は変わりダルマが見ていて楽しかったです。

イメージ 6
子供達はそんな行事はどうでもよく、ひたすら屋台で買い食いに励みます。

家に持ち帰ってもおいしいとは思わないのに、その場で露天食いすると、
おいしく感じる屋台のB級マジックに酔いしれました(笑)。


で、タイトルの繋がりはまったく無意味なのですが、
サイクルモードに出掛けた自転車博学なメル友さんから
一通のメールが届きました。

国内老舗メーカーのミヤタが、国内生産・クロモリに拘った、
新たな展開をスタートさせました。

開発・製造者の熱い拘りと情熱にはしびれます!!

商売的には、日本での販売代理を請け負っている台湾生産のメリーダの販売が好調で良いのでしょうが、昔のミヤタを知る者にとっては、残念な状況でした。コガ・ミヤタは良い車種とは思っても、これは過去のミヤタの流れを組むロードとは思えませんでしたし

ブームに便乗とはいえ、この新たな方向性は素直に歓迎!!
国内技術の継承だけでなく、Made in Japan の品質の高さを

世界中にアピールするチャンスでもあります。

レジェンド・ブルー、かっちょええー!!
カンパのアルミコンポに手組ホイール。これ、正に私が今欲しいロードの壺に見事にハマってます。だからといって40万出せないですけど(苦笑)。


イメージ 7

古くは、The Miyata(すんごいベタの名前ながら当時の硬派な男のイメージには合ってる!?)やル・マンシリーズ、そして私も欲しかった、コスパ優れるプロ・ミヤタ。そして憧れのチーム・ミヤタ。オーダー車はまだ敷居の高かった私ら少年には眩しい車種の多かったミヤタ。

最近は積極的にランドナー等のツーリング車にも力を入れているミヤタ。
見事な復活劇に今後の期待◎です!!

※この日記は、過去の私の某SNSでの焼き直し、一部改定なので、
少し古いネタが混じっている事をお許しください(汗)。

https://cycle.blogmura.com/にほんブログ村 
色んなサイクリストの日記が見れますよ!!
よろしければワンクリックお願いします♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット