旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

まずは、タイトルが詐欺のようでごめんなさい…。
1日の仕事の密度がかなり濃くなっていて疲弊を続ける毎日です。
そんな時には、自宅で出来る息抜き方法は、
自転車の参考書を読んで自転車道を深める事なのです(苦笑)。

イメージ 1
本日の自転車営業は、寄り道ボタリングをする時間もなく、
書店に立ち寄ることが精一杯でした。

以前、ブロ友さんから悪魔の囁きを頂き、もう買うまいと思っていた
マニアック系自転車本を買ってしまいました。
もう一冊はおまけです。女房が見たいと言うもので(汗)。

イメージ 2
内容は、70~90年代のイタリアのクロモリロードの
名車を中心に紹介しています。
イタリアはロードレーサー、日本はツーリング車が
輝いていた良き時代ですね♪

イメージ 3
チネリのレーザー。近年少数が再生産されたようですね。
クロモリ車でここまで流美なスタイルに仕上げたのはインパクト大でした!!

イメージ 4
これは今でも生産が続く、チネリのスーパーコルサ。
正直言うと、今のイタ車のクロモリは、
この時代のモノより劣っていると私は思っています。

イメージ 5
コルナゴやデ・ローザはオリジナルな装飾が見事でした。
日本のビルダーでも今は亡きZUNOWのフレーム装飾が凄かったですね。

イメージ 6
そして、私のイタ車です。
クロモリではありませんが、意地でも部品はカンパで組みましたよ♪

イメージ 7
こちらはブランドのみ残った感のあるビアンキです。
老舗メーカーのビアンキも今はイタリアで造られる事はなく、
もはや台湾ブランドといってもおかしくありません(悲)。

イメージ 8
これら、紹介の自転車が現役だった頃は、日本の自転車造りも盛んでした。
ヨーロッパ製品に追いつけ、追い越せの努力が見られたものです。

今はどうでしょう!?  イタリアも日本も勢いは薄れ、利益重視で海外生産。
性能は良くても、機能美のなくなった製品ばかり……。
これでは趣味性が薄れてしまうのも仕方がないですよね(苦笑)。
やはり、昔のイタリアンスチールロードレーサーは今見ても美しいです!!
造り手のモノ作りへの情熱が伝わってきますよね。
自転車に限らず、今は造り手の顔の見えない製品が多すぎますよね。

https://cycle.blogmura.com/にほんブログ村 
色んなサイクリストの日記が見れますよ!!
よろしければワンクリックお願いします♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット