旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

自転車を公道で走らす上で一番の危険性はクルマとの接触です。
こんな路を走っている分には、危険性は少ないのですけどね(笑)。

イメージ 1
自転車って五感を研ぎ澄ませて走らせないと危険な乗り物です。
だからこそ、携帯プレーヤーで音楽を聞きながら走るのは禁止なのです。
最近は、ハンドル周りに自転車ナビ付けている人も多いですが、
これも気をつけないとトラブルの元になりますので、ご注意あれ!!

ところが、こちらがどんなに気をつけていても、もらい事故もある訳です。
その原因として危惧するのが、最近のハイブリッドカーなのです。

イメージ 2
今や国内販売台数銘柄3トップは全てハイブリッドカーです。
エコカー減税の追い風もあるのでしょうが、すごい普及ぶりですよね。
ところが、このハイブリッドカー、低速だとモーターで走らせるため
エンジン音がしないのは勿論ですが、気配がないんですよね(汗)。

裏路地で突然すぐ後ろに迫られていてヒヤリとする事が多々あるのです。
自転車で走っている時って、クルマの気配を感じ取りながら操作しているのに
それがないと言う事は、事前に回避する事が出来ないのです…。

イメージ 3
それと、最近のクルマの一部はフロントガラスの傾斜が
昔のスーパーカーのようです(苦笑)。
うぅぅ……新型オデッセイ、こんなおデブになっちゃって(悲)。

イメージ 4
イメージ写真です(笑)

いくら空気抵抗低減のためとはいえ、この傾斜ってドライバーは圧迫感受けるし
前方視界やAピラーによる死角が出来てしまうような……。

イメージ 5
こんな時代のワンボックスは別としても、

イメージ 6
これぐらいの、タテ角の方が視認性は良いと思うのですけどね。

もちろん、スーパーカーばりの傾斜角は、クルマを格好良く見せますけど、
ママさん達も運転するようなクルマでこれはなぁ……。

昔のサイクリストにとっては、車体が大きく、
排ガスをモクモク出すトラックが天敵でしたが、
今の私にとってはハイブリッドカーが天敵と化しています!!
※決してハイブリッドカーを否定している訳ではないですからね(汗)。

今やサイクリストの中心年齢は40、50代。
当然ながらクルマのハンドルも握っている事でしょう。
だから、車道を走る自転車の気持ちが分かっているので多少は安心です。

でも、自転車に乗らない人達からすれば、今も昔も自転車は邪魔なだけ。
それは仕方がないとして、クルマメーカーは他の道路利用者に
配慮した設計も必要ではないでしょうか!?

イメージ 7
こんな路をクルマに追われずのんびり走っている方が楽しいですよね。
こんな路はジムニー系のハード4駆じゃないと入れませんが(笑)。
都会の路は相変わらず自転車にやさしくないのです…。
今日はコメント欄は外しておきます。
ナイスおよびプログ村ランキングにポチしていただければ
励みになりますので、よろしくお願いしま~す!!

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
いろんなサイクリストの日記が見れますよ。
よろしければワンクリックお願いします♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット