旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

最近自転車を始めた方と、昔から続けている人とでは
自転車美学も大きく異なるのは仕方がないでしょう~♪
だから、ブランドに対する拘りも当然違いますよね。

イメージ 1
台湾が本格的なロードレーサーを作れるようになったのは、
90年代に入ってからと私的には思っています。

カーボンフレーム全盛の昨今では、ブランドの国は違えど、
生産拠点が台湾主流なのは、周知の事実ですよね(苦笑)。

イメージ 2
カーボンのみならず、クロモリフレームすらイタリアの工房で作られているのか怪しい老舗ブランドも多く、この辺りは日本のフレームビルダーと違い顔の見えるフレーム作りとは言えなくなっているような気がします(汗)。

イメージ 3
昭和から続ける自転車趣味の人には、やっぱり特別なイメージを持つ
ブランドが、コルナゴとデ・ローザではないでしょうか!?
でも、この老舗2大ブランドの販売戦略は見事に異なります。

イメージ 4
コルナゴは台湾メーカーと早くから手を結び、
下手をするとブランドイメージを壊しかねない、
普及価格帯のMTBからクロスバイクまでを幅広く扱う。

イメージ 5
一方、デ・ローザは家族経営での小規模工房のスタイルを近年まで貫き、
20万以下のフレームは存在しない高額さでブランド力を保ち続ける。

どちらが正しい等とは軽々しく言えませんが、
衰退するイタリアブランドの中では
今でも輝き続けているのは凄い事ですよね♪

以前日記で取り上げた、78年発行のサイクリング少年向きの本です。
●ノンフィクション・スポーツ車のすべて!!●

イメージ 6

イメージ 7
この時代に我々中高年ベテランサイクリスト達は、
イタリアブランド信仰を刷り込まれて来た訳ですから、
今の乱発する台湾メイドのOEM供給された
自転車には違和感を持つのです(汗)。

イメージ 8
そして、イタリアンフレームにはカンパしか無い!!  と言った戯言も(笑)。

イメージ 9
ちなみに、チネリやビアンキといった老舗ブランドも捨てきれない存在!!
でも既にブランドだけでイタリアの職人魂は薄れてしまいましたね(悲)。

こんな事を書いておいて、

私のメインの自転車は台湾メイドのビアンキ・ミニベロ。
イメージ 10

製造元は兎も角、雰囲気がクラシカルでお気に入りの一台なのです~♪

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット