旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

最近のMTBやロードレーサーって、高性能なんでしょうが、
自転車の持つシンプルな美しさと、自分でいじれる整備性の高さは
何処へやら!?  って気がしませんか。

イメージ 1

前後サスにディスクブレーキが標準装備のようになったMTB。
新型XTRでは電動変速機もラインナップされましたね。
そしてMTBルックな電動アシスト自転車が峠路を含む100km以上もの
自転車ツーリングが出来ちゃう時代。

それはそれで良いのかもしれませんが、
「自転車」の言葉の持つ意味とは、
どんどん離れて行っている様な気がしています…。

ホンダが以前こんなDH用自転車造っていたの知ってますか!?
これが自転車と言えるのでしょうか(苦笑)。

そして、こちらは一時期所用していた私のMTB
イメージ 2

イメージ 3

去年、仕事先のお客さんから頂き、自身の手でレストアして
友人に譲渡した90年前後の国産MTBです。
MTB創世記に近い時代のモノで、当時はこれでもゴツく感じたものです。
しかし、今見るとシンプルで綺麗に見えますね♪

イメージ 4

私のパスハンターです。見事なまでにシンプルです(汗)。
何度も繰り返しになりますが、MTBが誕生したのは80年代半ば頃。
車種としての歴史観は比較的浅いのです。

MTB誕生までの国内の山サイ愛好家はパスハンターという
カタログモデルにはない車種を自分の好みに合わせてオーダーしていたのです♪

イメージ 5
昔のXTRは綺麗な仕上げとデザインだったんですけどねぇ…。

話しが逸れましたが、今の自転車って自分でいじれない
ブラックボックスのような部品がたくさん付けられていて、
本音を言うと、気持ち悪いのです(苦笑)。
もう、オートバイで良いんじゃない!?  みたいなモデルも多いですし(汗)。

イメージ 6

ロードも同じく。
競技のための自転車だったはずが、
高額ダイエットマシーンのように、色んなモノが付いてる…。

自転車はシンプルが良いんじゃないかなぁぁ~!!

イメージ 7

あれこれ、いろんなモノを付けたがるのは、
電子フラッシャー時代に育った刷り込みなのでしょうか(笑)!?

イメージ 8

都会の若者は対照的にシンプルな「ピストバイク」がウケていますね。
「トラックレーサー」とは似て非なる自転車ではありますが…。

彼らの目からすると、余計なモノがいっぱい付けられ、
年甲斐も無く派手な格好で走り回るロードやMTBが
滑稽に見えているのかもしれませんね(滝汗)。

イメージ 9

日本の自転車文化って、凄い事になって来たよなぁ……
とつくづく最近のブームで思ってしまうのでした。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット