旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

孤高という言葉は適切ではありませんが、
今のシマノ部品、そしてトップグレードのデュラエースを見ていると、
そんな言葉がぴったりなような気がするのです。

イメージ 2
7900系、たったの3年でモデルチェンジ…酷いよなぁ!!

昔から舶来部品よりも国内部品を中心に自転車に組み込んできました。
決して上級志向なつもりはありませんが、取り付ける部品は、
シマノデュラエースか、サンツアーシュパーブ。
アルテグラ(旧600)グレードは選択肢に無かったのです。

その理由は性能というよりも、信頼ある耐久性。
レースやツーリング途中に機材トラブルに遭うのを避けたかったからです。

ところが最近の部品、チェーン切れやSTIレバーの不具合多くないですか!?
完組ホイールはスポーク1本折れたら自走NG、カーボン素材の割れ……。
おまけに規格はバラバラで同メーカー製品の互換すら薄れてる…。

イメージ 3

明らかに、昔の機材より耐久性・互換性に難アリなのです。
当たり前ですよね、純レース機材の品を市販しているんですから(汗)。

壊れない事を大前提に商品化するのが、市販品だと思うのですけどね。
最近は自転車部品でもリコール品が増えていますし、
メーカー側が入念に耐久テストをしているのかも怪しく思ってます。

イメージ 4

イメージ 5

シマノはサンツアーというライバルを失い、カンパをも超えた?  あたりから、
やりたい放題な感じがどうしてもしてしまうのです。

何事もそうですが、競い合う相手無くしては、良いものは作れない。
独占企業となってしまうと、ユーザー側にもメリット無いですしね。

イメージ 6

色んなメーカーが自社・自国できちんと生産していた時代が
良かったと個人的には思っていますよ。

シマノを始めとする、モノ作りの街の堺も随分衰退したように聞いてます。
今のままでは自転車部品の分野まで、台湾に持っていかれてしまう様な…。

イメージ 7

私的には、デュラエースは7800シリーズで終わったかな。
値段もロードバイクバブルに乗っかって高くなり過ぎましたしね。
本日はコメント欄は外しておきます。
いつもナイスやコメントくださる方々、有り難うございます♪

※写真の品は全て個人で所有するものであり、撮影も個人で行ったモノです。
無断転記や画像コピーはやめてください。
ただし、コメントのやりとりあるブロ友さんは自由にどうぞ♪

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット