旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

ウチの近所に残る昭和チックな二輪屋さん。
主に原付スクーターとシティサイクル(ママチャリ)を扱ってます。
店主はいつも一生懸命パンク修理をしているのです♪
パンク修理代は大切な収入源、生命線でもあるように思えます(苦笑)。

イメージ 1
その店先に、これまたレトロな空気入れが置いてあるのです。
3分20円という微妙なお値段。
しかし、これを利用している人をよく見かけるのです!!

イメージ 2
自転車趣味人にとっては、自分でパンク修理をするのは当たり前。
だから空気入れ(インフレーター)を持っているのも普通ですよね。

ところが、買い物や通勤・通学に自転車を使う人の中には、
空気入れを持っていない人も多いんです…。

イメージ 3
コレは私の住む集合住宅の駐輪場です。
長年乗られずに放置されたような自転車も少なくありません。

それはオーナーの自由ですが、空気が抜けた状態だと自転車が傾いて、
隣の自転車にもたれかかり迷惑なのです(汗)。

かといって、勝手に人様の自転車に空気を入れる訳にもいかず…。

乗らないから空気が抜けたのか?
空気が抜けたから乗らないのか?

そこで私が働きかけ、管理人室に住民誰もが使える空気入れを用意しました。

週に何人かが借りに来るそうです♪
空気入れなんて2000円も出せば買えるのに、
皆さん持っていないのには驚きでした!!

パンクでなくても、時間とともに空気が自然に抜ける事を知らない人も多い。
普通の人は、そんなものなんでしょうね。


昨今のサイクリング車の空気入れの取り付けってスマートじゃないですよね…。

イメージ 4
必死でポンピングしても低空気圧が限界のこんなのや…

イメージ 5
こんな野暮ったいもの…。
フレーム形状がグニャグニャだから仕方がないんですけどね(汗)。

イメージ 6

イメージ 7

昔のクロモリ車の空気入れは、機能性も取り付け後もスマートだったのにね。

オレはCO2ボンベだよって人は、あしからず(苦笑)。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット