旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

土曜日は、今から約35年前、中学3年時の同窓会でした。
何故かこのクラスはまとまりが良く、仲間意識・連帯感が強く、みなが個性的。
だから、他の学年時では行われない同窓会が時々行われます。
どちらかというと私は地味な存在。当時も自転車少年でしたし(苦笑)。

さて、冒頭の写真が何だか分かりますか!?
もちろん私の日記をご覧になる自転車趣味の方はご存知でしょう。

イメージ 2

昔のクランクには当たり前のアイテム「クランクキャップ」です。
今のBBシャフト一体型のクランクには勿論ありません。

クランク周りは自転車の顔。
しかし、シマノは化粧飾りを捨てたスッピン顔化を進めているようで、
今はクランクキャップどころか、チェンリングのピンまで隠しちゃう(汗)。

アクセント無きスッピン顔はカンパにまで伝染してしまった模様…。
まぁ、もちろんこれらの好みも千差万別。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

昔のパーツには作り手の拘りが見えたものです。
そして、クランクキャップだけでなく、こんなネジ類にも手抜かりなし。
こんな部分の造り込みが、趣味心をくすぐったものです。

イメージ 6

イメージ 7

自分の中で、許せたのはこのぐらいの時期まで。
性能ばかり求め、さらにはメーカーの合理化・手抜きとも思えるパーツには
もはや機能美の欠片も感じないのです……。

話しが戻り、35年前の中学生達はみな、おじさん、おばさん!!
しかし、昔の面影があり、性格や雰囲気もあまり変わらないのです♪
だからこそ、学生時代のノリで盛り上がれるのでしょうね。

イメージ 8

今の自転車パーツ。カンパレコード、デュラエース、
共に長い歴史を持ちますが、あまりにも性能ばかりを
着飾り過ぎて昔の面影は皆無です。

もはや、初恋の時のようなもトキメキを自転車パーツに
求めるのは無理なのでしょうか!?
何だか寂しいなぁ…。

イメージ 9
左は30年前のアナログフィルムカメラ。右は今春まで現役モデルだったデジタルカメラです。

同じく私の趣味のカメラなんかは、自転車同様にプロ機材であり趣味の道具。
だから、プロカメラは進化を続けますが、
趣味のカメラは昔のアナログ形状に戻ったモノも増えているのです。
自転車だって、そんな原点回帰があっても良いと思うのですけど…。
本日はコメント欄は外しておきます。
いつもコメントやナイスをくださる方々、有り難うございます♪

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット