旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

年1回の大人の運動会のミニベロファストランを今年も慣行。
もはや自宅を早朝出発でのコースプランはやり尽くした感があり、
今年は少しモチベーション下がり気味でしたが、
別のSNSのお友達の走行ルートを見て、そこを走ってみたくなりました。

イメージ 1

それは、山梨県・甲府から身延線沿いに太平洋側に抜けるコースです。
このルートは、オートバイでは走っていますが、自転車では未走行。
更には日本全国走破二回目(ミニベロ日本一周)として、
山梨県はまだ走って居ない事にも気づき、
それなら行こう!!  ってな気分が盛り上がって来たのです♪。

●まずは本日のコースです(寄り道やミスコース含まず)●

それでは出発~!!
4時に起床して、5時に出発です。
今回は距離を欲張っていないので、完全に明るくなった時間からスタート。
国道16号を橋本までひたすら走ります。
早朝にも関わらずトラックが多くて走りにくいのです。
今回は総じてトラックの多いコースばかりで少々げんなり……。

イメージ 2
こういった自転車道は、通勤・通学の人には良いのかもしれませんが、
趣味のサイクリストには有り難迷惑です。
理由……分かりますよね。
交差点ごとの段差、路面は継ぎ接ぎだらけなのです(汗)。

イメージ 3
7時に津久井湖着。
ここで朝練なのでしょうか?  二人組の初老ローディーさんから大きな声で
『おはようござまぁーす!!』のご挨拶。うれしいですね♪

しかし、その後は近くの高校に通うであろう
シティサイクルの高校生とプチバトル。

中々筋が良いぞぉ!!  サイクリング車乗せたらきっと速くなるよ。
学生さんからすれば、腹の出たミニベロ中年親父に
負けたくなかったんだろうなぁ(笑)。

イメージ 4
今回は、2日間ともこのスタイルで走りました。
レーパン、サイクルジャージなんて着ませんよぉ。
今回は気分的にツーリングモード(自転車旅)のつもりなので。
出来ればメットも被りたくないけど、そこは大人の対応で(苦笑)。

相模湖からは、国道20号に入ります。学生時代から何度ここを走った事か。
コースレイアウトは全部頭に入っています♪
大嫌いな上野原の坂を走り抜け、猿橋、大月を快調に走り抜けて、
関所に挑みます!!

その関所は、全長約3kmもある『新笹子トンネル』。

イメージ 5
幼少期、父方の田舎が山梨県韮崎市だったので、よくこのトンネルを利用。
まだ中央高速・笹子トンネルは開通していなかったので、
慢性的に国道20号はこの新笹子トンネルを中心に大渋滞が多かったのです。
その模様は、サイクル野郎でも描かれています。

イメージ 6
さすがに、有料道路ではなくなっていますね(苦笑)。
昔は笹子駅側に有料ゲートがあったのを今でも覚えています。

イメージ 7
このトンネル、長さは兎も角、道幅がとても狭いのです…。
もちろん歩道や測道はありませんが、もちろん歩行者・自転車も通行可。
今の時代なら間違いなく通行不可レベルのトンネルなのです(汗)。

幸い、昔と違い交通量は激減。トラックの居ないタイミングで進入。
しかし、途中からは当然ながら容赦ない轟音の嵐……
今回6回目の通行ですが、何度通過しても嫌なトンネルなのです。

イメージ 8
無事にトンネルを抜けると『道の駅 甲斐大和』に到着。
本日1回目の休憩です。既に走行距離は100kmを超えています。

毎年そうなんですが、ファストランの時は、
最初は休まずに一気に100k前後を走るようにしています。
自宅出発から約5時間。この上り基調の道で
実測平均時速20kmはまずまずでしょう♪

そして、ご褒美のダウンヒル~♪
と思いたい所ですが、向かい風であまり速度は乗らず…
下りなのにペダルをクルクル。

イメージ 9
勝沼からは、旧甲州街道に入ります。
このような、ぶどう園を見ると田舎(山梨)に帰って来たなぁって思うんです。

山梨といったら、誰が何と言おうと
『ぶどう園の風景』と『信玄餅』なのです(笑)。

イメージ 10
旧街道ならではの遺物を横目にしながら、笛吹川のサイクリングロードへ。

イメージ 11
ここもサイクル野郎で登場するんです(17巻参照)。
しかし、このCRは曲者でした…路は荒れているし、支流に遠回りさせられる…。

おまけに甲府盆地のこの場所は、この日33℃まで上がる猛暑っぷり!!
約15kmを走りましたが、出逢った自転車はクロスバイク1台だけ。
これでは、あまり整備しないのも仕方がないよね(汗)。

イメージ 12
CRから再び国道に戻る路は、これも山梨らしいとうもろこし畑。
こんなモノを見てしまったからです。

イメージ 13

昼ご飯は、『塩バターコーンラーメン』!!。
自転車好きの店主に、横浜から来たと言うと、餃子の無料券をくれました。
塩分出し切っている身体には有り難い補給です♪

イメージ 14
たぶん店主の愛車でしょう。
ゼブラ自転車のイエロージャケットです!!
ロードマンのライバル的な立ち位置ですが、レアですねぇ。

身延線の鰍沢口を過ぎると、標高300m程度の峠に差し掛かりますが、
150km近い走行距離と、暑さに参り本日初めてのインナー落とし…。
コンビニでガリガリくん補給するも身体の疲れはピーク地点です。

イメージ 15
交通量の多い、国道52号を避けて身延線に沿った県道9号を走りますが、
意外やこちらもクルマは多く、小刻みな起伏が脚に堪えます。
そして、部分的に国道52号に入ると、トラックの凄い事!!

イメージ 16
富士川を挟んだ対岸の国道52号は、奥に見える崖っぷちのトンネル路。
ココをトラックに煽られるように自転車で走るのは最悪ですよね…。
県道を選んで正解でした。

イメージ 17
テツ分補給に、身延線のローカル駅に立ち寄りました。
ここで電車に乗り込んでしまえばラクできるなぁ……などと悪魔の囁き。

ところが、時刻表を見ると2時間に1本程度のローカル区間(苦笑)。
16時を過ぎて、気温的には走りやすくなって来ましたから、もう一踏ん張り~!!

イメージ 18
興津に抜ける富士見峠へは、県道を利用しますが、この路も雰囲気良し♪
やっぱりトラックだらけの国道はつまらないですよね。

イメージ 19
峠近くに来ると、新東名高速の高架橋が現れました。
クルマのほとんど通らない県道とは対照的ですね。

ここまで来ると、峠は間近。最後の力を振り絞り、富士見峠を越え、
興津、清水、そしてとある隠密行動で三保に立ち寄るもすでに夕暮れ時でOUT!!
日暮れに追われるように、宿のある静岡に淡々とペダルを踏み続けるのでした。

【タイムテーブル】
●走行日/5月28日(木)曇りのち晴れ
横浜(自宅)出発5:00→相模湖7:45→笹子トンネル(道の駅・甲斐大和)10:05→鰍沢口駅12:30→十島駅14:55→富士見峠16:30→興津17:15→清水17:45→三保18:00→静岡19:15
●走行距離/257km●平均速度/サイコン値22.3km(実測18km)

暑さにやられて、ここ数年のファストランの中では一番タイムが遅いです。昼食後は休憩ばかりしていましたから(汗)。ちなみに出逢ったサイクリストは、全てロードで、たったの5人だけでした。平日とはいえ、やはり都心を離れるとサイクリストは皆無ですね。

翌日は、去年のリベンジで御前崎を走ります。この模様は次回にて。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット