旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 今の都市部を中心としたロードバイクブームが駄目とは言わない。
 でも、何の思い入れもない自転車をダイエット&スポーツ用品のように購入。
 モノの価値も分からずに、ショップや雑誌の言いなりに高額品の大人買い。
 自転車って、いつからそんなに軽い趣味になってしまったんだろう…。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 競技者でもないのに、速さや距離ばかりを気にする。
 ナビに誘導されなければ安心して走れない。
 昨今のサイクリストには景色や風を味わう余裕のない人が多過ぎるような…。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 70、80年代のサイクリストの主役であった少年や青年達は、
 小遣いをコツコツ貯め込んで、部品のグレードUPを喜び、
 バイトに励み、旅やレースの為の資金を一生懸命稼いだもの。

 オールハイテン&三角クロモリのドロップハンドル車で走り込み、
 「オールクロモリフレーム」が憧れだった少年達も多かったはず。

 この時代の自転車には、現代自転車よりも夢がたくさん詰まっていました。
 そして、車種に関わり無く、サイクリスト同志の絆も高かった。
 自転車を趣味とする者は、みな仲間って意識が当たり前。
 今は自分のスタイル以外のサイクリストには無関心のような人ばかり…。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 最近、若い子が数人でサイクリングしている姿を見かける機会が増えました。
 決して高価な自転車ではありませんし、ラフなスタイル。
 でも、それがとても微笑ましく見えるのは何故でしょう。

本日はコメント欄は外しておきます。
いつもナイスやコメント下さる方々に感謝です!!

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット