旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 本日は土砂降りの横浜です。
 昨日は雨の降る前に仕事まわりを済ませました。
 予報より早く降り出した雨に、結局はぬれてしまいましたが…。

イメージ 1

 さて、「サイクロン号」といったら、
 我々親父世代にとっては、仮面ライダーを思い出すはず♪

 単車=暴走族的なイメージのあった時代に、
 正義のヒーローがオートバイに跨がって暴走……
 いや、疾走する姿はインパクト大!!

イメージ 2

 こんな自転車まで発売されていたのですから凄いですよねぇ。
 そして、少年たちは高校生になると二輪免許を取り、
 自転車を見捨てて、オートバイに向かうという流れが出来ていました(悲)。

 先日見掛けた「サイクロン号」はオートバイでなく自転車です。

イメージ 3

 80年代の市販ロードのセンチュリオン。
 この時期に流行ったスキーのウェアにも似たようなカラーリング。
 よーく観察してみると、あちこち手を加えていますが、
 コンポパーツは、「サンツアーサイクロン」でした。

イメージ 9

 サイクロンといえば、サンツアーの傑作メカとして、憧れた人も多いはず。
 そして、サイクロンといえば、3点メカセットのイメージ。

イメージ 4

 しかし、サイクロンはマーク2を経て、3代目からはコンポパーツとして
 売られていた事を知る人は意外に少ないのです。

イメージ 5

 元々、サイクロンはシュパーブが誕生する前までは、
 サンツアー製品のトップグレードでした。
 そして、それはエアロ路線のマーク2でも高級路線を貫きます。

イメージ 6

 しかし、コンポパーツとして85年に誕生したサイクロンは、
 シュパーブプロに次ぐセカンドグレードとされたものの、
 仕上げやデザインは、安物的なイメージが…。

イメージ 7

 そして、88年にマイナーチェンジでサイクロン7000となると、
 新たにセカンドグレードとして誕生した「スプリント9000」よりも格下の
 サードグレードまで、降格させられてしまいます。

 サイクロンの栄光は、過去のものとなり、
 このサイクロン7000も2年足らずで、グレード消滅…。
 今思えば、シマノのコンポパーツを意識しすぎるがあまり、
 サンツアーの迷走ぶりが始まった時期でもあったようです。

 サイクロンという響き、仮面ライダーの愛車から始まり、
 自転車少年たちの憧れの名品になったのに、結末は何とも哀れ…。

イメージ 8

 しかし、今回街で見掛けたロードに付いているのを見ると、
 そんなに悪くないなぁと思えてくるのでした。

本日はコメント欄は外しておきます。
いつもナイスやコメントくださる方々、
有り難うございます。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット