旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

本日は予定されていた子供たちの運動会も関戸橋フリマも、
生憎の空模様で延期される事になりました。

来週の土曜に関戸橋は延期ですから、参加出来る可能性大。
この日は京王閣フリマも開催されますから、買い物目的の人には良かったかも♪
逆に、両方に参加しようとしていた欲張りな業者さんは涙目かな(苦笑)。

イメージ 1

前回の日記で墓参りの報告をしましたが、
関東近郊の山でも、標高の高い所は紅葉が始まりました。

イメージ 2

この時期になると山サイに出掛けたくてウズウズしちゃうんですよね。


墓参りツーリングは、オートバイの機動性を活かして寄り道の連続。
かつて自転車で走り回った山岳路や林道・県道にも立ち寄りました。

イメージ 3

平日にも関わらず、えっ!?  こんな場所にロードが走ってる!!
そんな場面に数回出くわしたのです。

●1日目のルート●

1日目は、上野原~鶴峠~丹波山村の県道18号線、
ここはかつては未舗装の残る悪路続きの路でしたが、ツーリストに愛された路。
今は全てが舗装済みとはいえ、補給ポイントは少なく、山道の険しさは残ります。

ほとんどクルマも通らないこの路で、4人のロードを見掛けます。みな単独。
景色を見ながらサイクリングというより、トレーニング的な雰囲気。
しかし、丹波山村で国道411に入るとロードは皆無。
柳沢峠もオートバイの連中が10数人居るもののサイクリストはゼロでした。

イメージ 4

小淵沢で荷物満載のクルマのキャンパーと談笑。
オーナーさん曰く、最近のキャンピングカーブームは邪道との事(笑)。
分かるかなぁ、その気持ち。

●2日目のルート●

2日目は、市川大門から農道を経て、渓流沿いの県道36号へ。
この路も芦川・鳥坂峠を経て甲府から周回出来るツーリストに人気だった路。

ここでも、ロードが2人走っていました!!
風景に似合わぬ、派手な服装にメット・サングラス。
年齢不詳ですが、たぶん中高年サイクリストでしょう。
良い感じでペダリングしていますが、私からするとやっぱり違和感が…。

イメージ 5

「何処でもローディー!!」
そんな言葉が適切なぐらい、都市部の中心だけでなく、
山間部にまでロードは入り込んでいますね。
もはや、それは現代の自転車趣味スタイル、否定ばかりはしていられません。

この日、同じように平日でありながらオートバイライダーを多数見掛けます。
そして、複数の人と挨拶を交わしましたが、
昨今のサイクリストとオートバイライダーの共通点。

『メットとサングラスを外すとみなオヤジ!!』
決して変身願望で二輪に乗っている訳ではないですが、
どちらも、若い人の遊びでなくなってしまったのだけは事実でしょうね。

それは、私にも当てはまる事ではあるのですけどね(汗)。

イメージ 6

昔ながらの味噌ラーメンが味わえる「どさん娘」で昼食。
数年に1度単位で入る、このお店。
店主のじいちゃん・ばあちゃんは、まだ元気に店を切り盛りしてました。

標高の高い山中湖のこのお店、すでにストーブに火が入っているのでした♪
ついこの間まで夏気分でしたが、季節は秋から冬に入りかけていますね。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット