旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

この数日、仕事の営業サイクリングついでに、
近所のトンネル訪問を繰り返しています。

イメージ 2

海の近くの港街的なイメージの強い横浜ですが、海岸線は山だらけ。
現在平地となっている部分の大半は埋め立てられた場所なのです。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

どのトンネルも横浜の海のイメージとは結びつかないですよね。
これが本来の昔からある風景だったりもするのです♪
真ん中の写真は、昔の市電トンネルを改装したもの。
ココに路面電車が走っていたと思うだけでワクワクするのです。


さて、実際のところ、トンネルを苦手のサイクリストは多いのでは!?
暗く、狭い、路側は荒れているし、クルマの轟音…。
クルマの多い主要道は確かに怖いし、クルマからのプレッシャー大ですね。

イメージ 6

イメージ 7

山梨県の国道20号・新笹子トンネルは全長2.9km、
何度も走りましたが好きになれません…。
群馬と新潟の県境近くの三国トンネルも同じでした。

しかし、クルマの滅多に来ないような古道のトンネルは別。
起伏の頂点に到達した安堵感と、趣きあるトンネルは悪くないのです♪

イメージ 8
               乙見隧道

イメージ 9
                  八丁隧道

どちらのトンネルも照明は無く真っ暗。
頼りない自転車のライトで走り抜けます。
緊張感強いられますが、こんなトンネルは嫌いではありません。

イメージ 10

イメージ 11
                  白沢隧道

そして、サイクルツーリストの聖地である嶺方峠。
トンネルを抜けると現れる北アルプスの絶景が見事です!!

紅葉の季節です。
趣きあるトンネルを目当てに自転車を走らすのは如何でしょう~♪

明日のフリマは7時~11時頃までの参加予定です。
購入目的でない人も気軽に立ち寄ってくださいね。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット