旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 JRグループの春のダイヤ改正が間近です。
 中でも新青森駅から新函館北斗駅に延びる北海道新幹線が注目の的。
 しかし、その影に消えるモノの多い事を知るものは少なく…。
 気がかりにしているのも一部の鉄道ファンだけかもしれません。


 JR北海道は数々の不祥事を起こしてしまい、
 ただでさえ厳しい台所事情をさらに悪化させています。
 今回路線の廃止はありませんが、廃止する駅は8つも(悲)。

イメージ 1

 中でも、旭川駅と網走駅を結ぶ石北本線は4つの駅が廃止。
 その中には、鉄道ファンには有名だった「白滝」駅シリーズの3駅も。

イメージ 2
            上白滝駅の時刻表。ご覧の通りの停車列車の少なさ…

 元々、普通列車の極端に少ない路線であり、
 上下1日1本ずつしか列車が停まらない駅も存在していました。
 だから廃止されるのも仕方がないでしょう。
 過疎化が進み、乗客どころか人家すらほとんどない状況では…。

 今回廃止される白滝の名を持つ駅は、
 「上白滝駅」「旧白滝駅」「下白滝駅」の3駅です。
 残るのは特急停車駅でもある「白滝駅」のみになってしまいます。

イメージ 3
                 その白滝駅も、特急停車駅でありながら無人駅とは…。

イメージ 4

 中央付近に廃止される駅が記されています。
 実は、この3つの駅が廃止される前は……、

イメージ 5
  1985年4月号の時刻表より(旧白滝駅は当時、仮乗降場扱いで未掲載になっています)

 上川駅から遠軽駅間にはたくさんの駅がありました。
 「天幕駅」「中越駅」、そして「奥白滝駅」。
 それらは既に廃止されてしまったのです。
 そして今回はさらに3駅が消える事になります(悲)。

 とある7月の晴天の日、私はこれらの白滝駅を巡ってきました。
 仮乗降場であった旧白滝駅以外は、どの駅も駅員常駐の立派な駅舎が存在。
 かつては多くの乗客の賑わいが溢れていた事を偲ばせてくれました。

イメージ 6
                  下白滝駅

イメージ 7
                  旧白滝駅

イメージ 8
                  上白滝駅


イメージ 9
              奥白滝駅(既に廃止済)

 テレビ番組で知りましたが、
 旧白滝駅は学生さんが一人、通学で利用していたそうです。
 列車の停車も通学の行き帰りに合わせて組まれていたそうです。
 その学生さんが、この春に卒業する事になり、
 駅もそれを追うように廃止との事。
 何だか寂しい思いもしますが、JR北海道の良心を感じる話しでした。

 3月25日で白滝3駅を含む北海道の8駅が役目を終えます。


 こちらは一足早く、消えゆく夜行列車。

イメージ 10

イメージ 11

 先の石北本線の急行たいせつを思わせる、
 日本最後の定期急行列車の「はまなす」もいよいよ最後の時を迎えます。
 2014年夏にカーペット車に乗り込みお別れをしてきました。

イメージ 12

イメージ 13

 そして、北斗星亡き後、上野から札幌を結んだ
 寝台特急「カシオペア」も姿を消します…。
 2010年に家族で雪まつりを見学の帰りに利用しました。

 カシオペアは、車体の老朽化も薄いため、
 団体列車として再利用されると聞いています。
 札幌行きも運行のようですが、一般の鉄道ファンが乗るには益々敷居が高く…。

 これで、日本から誰でも気軽に乗れる
 客車タイプの寝台車は全て消える事になります。

 新幹線は便利でしょう。
 しかし、移動時間も旅として楽しむ鉄道ファンに愛される列車とは思えません。
 狭いこの国で、ビジネスマン御用達のような
 乗り物ばかりにされても困るのです(悲)。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット