旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

サンツアーシュパーブは言わずと知れたシマノデュラエースの対抗馬。
早くからコンポ化(当時はコンポとは呼ばず)され、
サンツアーの意欲作でもあります。

イメージ 2
そのシュパーブの更に上級品として誕生したのが「シュパーブプロ」。
カンパレコードに対する、カンパスーパーレコードみたいなグレードです。

このシュパーブ(プロ)シリーズは主に3世代が存在します。

イメージ 3
初代シュパーブ

イメージ 4
2代目シュパーブプロ

イメージ 5
3代目シュパーブプロ

この中で人気が低かったのは2代目となりますが、
個人的には、この2代目が一番好きなシリーズでした。

イメージ 6
今回取り上げるのは、その2代目シュパーブプロRDです。

イメージ 7
デュラエースAXに始まったエアロパーツブーム。
サンツアーはそれを追従するようにサイクロンマーク2を発売。
しかし、サイクロンシリーズではデュラエースAXに対抗するには荷が重い。

そこでマイクロライトコンセプトを取り入れた
2代目シュパーブプロが誕生します!!

イメージ 8
サイクロンマーク2にも共通する流れるようなシャープなデザイン。
※写真の品は2代目RDの最後期モデルとなります。

イメージ 9
純ロードレース機材として、軽量化だけでなく耐久性にも力を入れています。

イメージ 10
シールドベアリングプーリーを採用したのも当時は大きな話題となります。

ボディは変速機としては珍しいバフ仕上げ。
多少汚れがあってもピカールで磨き直せばすぐにピカピカな輝きが戻ります。

しかし、この2代目シュパーブプロRD初期型には少々難あり。
フリー12~21もしくは23Tのクロスレシオが標準だった時代ですが、
6段から7段へと多段化が進むとロー側25や26Tに対応する必要が出て来ます。

サンツアーはこの2代目RDをワイドレシオ対応のスラントパンタ角に変更。
しかし、それが裏目となり、クロスレシオでの変速性能が悪化。
「新型シュパーププロは変速しない!!」「性能が悪い!!」
等と言われるようになってしまったのです。

イメージ 11
コレは私が実戦で使用していた2代目初期型RD。
12~21では確かに歯切れが悪かったですが、12~23、25では問題なし。
初期型シュパーブやサイクロン(マーク2)より明らかに性能は良かったです。

サンツアーにもその問題点はすぐに報告されたようで、
2代目シュパーブプロRDはすぐに改良型に変更されます

イメージ 12
スラントパンタ角を見直し、同時にプーリーゲージも変更されます。
初期型と最も異なるのが、パンタアームのホワイトアルマイト化。
個人の好みによりますが、私はこのホワイトアルマイトにガッカリでした…。
それまでのピカピカのバフ掛けの一体感が薄れてしまったからです。

しかし、性能は当然ながら向上し、安心して使えるメカとなりました。

メカ好きの方には有名ですが、カンパヌーボレコードRDは年式により
様々な変更バリエーションが存在します。

同じように、この2代目シュパーブプロRDも細かな改良を重ねて熟成します。

イメージ 13
コンポ化を目指したスギノ75にも、この2代目RDがOEM供給されました。
そして1986年に最終型となる3代目シュパーブプロへと移行されます。

イメージ 14
ボスフリー5段の時代からカセットフリーの8段へ。
日本の誇るレーシングコンポの終息はサンツアーの終息でもありました。

■シュパーブプロRD(RD5200)初期型 1983年販売開始
トータルキャパシティ25T・ロー側最大ギヤ26T・重量186g・定価9800円

■シュパーブプロRD(RD5200)最後期型 1985年販売開始
トータルキャパシティ26T・ロー側最大ギヤ25T・重量183g・定価9800円
※4つの改良モデル及びカラーバリエーション(限定品)がありますが型番は全てRD5200

本日はコメント欄ははずしてあります。
いつもナイスやコメント下さる方々、ありがとうございます!!

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. しろブタ
    • 2019年11月26日 20:33
    • 2代目シュパプロ、かなり多くの改良がなされ、詳細仕様が異なるタイプが多数あったかと思いますが、最初期のメッキ?のシールドベアリングプーリーは頂けませんでしたね。すぐにメッキがはがれてしまって。また、エアロデザインのボリューミーなゲージも・・・・。旅がらすさんと同じように、改良版より、最初期のタイプの方が趣があると思います。。
    • 0
    • 2. butoboso
    • 2019年11月27日 14:13
    • ★しろブタさんへ
      仰る通りです。2代目初期はプーリーだけは何アリですね。何故あの部分をメッキにしたのか!? チェーンが一番擦れる部分だから剥げるのはメーカーも分かっていたはず。
      このメカ、変速性能が悪いと悪評が広がりました。後に改良するのですがスラントパンタ角の問題です。当時12-21Tな方が多く、これだと性能悪かったようですが、私はチャレンジロード向けに12-23Tや13-25TをデュラEXカセットで使っていたのですが変速性能よかったですよ。ショップ側も不思議がってました。
      シールドプーリーだけは後期型が良いですが、デザインは初期型ですね!!
      実は今手元に初期型がありまして、それを弄りながら仕事をしています(苦笑)。
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット