旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

一週間の長旅の最終日となりました。
最短ルートで帰るのも面白味に欠けるので
本日も寄り道(寄り鉄!?)を楽しみます。

イメージ 2

イメージ 3
初日と同じく、普通列車の少ない山形~福島間の奥羽本線を利用。
朝一番の山形駅6時30分発の列車には、通学と思われる生徒も多数乗車。
本数の少ない地方の鉄道では、学生達の移動も朝早くて大変ですね(汗)。

イメージ 4
この早朝の時間帯は、さすがに力餅の立ち売りの姿も見られません。
「とうげ」の駅名は鉄道ファンだけでなく、サイクリストにも人気♪

イメージ 5
ICカード全盛とは逆行するように、
今回の旅では車内改札がよく行われていました。
ワンマン列車が増える一方、こういった昔ながらのスタイルも継続されています。

イメージ 6
福島駅で郡山行きの普通列車に乗り換えて、終点郡山駅到着。
ここから3番線の水郡線に乗り換えるのですが、2番ホームの横にあるのは4番…。

3番線は何処にある!?  と焦りましたが、4番ホームの隅っこにありました!!

イメージ 7

イメージ 8
何だか虐げられた感じの水郡線ですが、車両は近代化されていました(苦笑)。
郡山駅のホームには売店がありませんので、慌てて改札から出て買い物です。

イメージ 9
無事に福島銘柄のエネルギー源を購入する事ができました。
仙台工場製造とありますので宮城県産の福島銘柄ですけどね(汗)。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
水郡線は長丁場の3時間以上の乗車となります。
その名の通り、水戸と郡山の151kmを結ぶローカル線。
途中に大きな街は無いので、終始ローカルな風景の車窓です。
流石に息子は手持ち無沙汰で、車内をウロウロキョロキョロ。

イメージ 13

イメージ 14
上菅谷駅で支線の常陸太田駅行きに乗り換えます。

イメージ 15
終点常陸太田駅。今は行き止まりのような路線ですが、
以前はここから私鉄の日立電鉄が接続していましたが2005年に廃止。
今回はその廃線跡を見学するつもりでしたが、跡形は全く消えていました…。

再び水郡線に乗り込み、水戸駅に到着。

イメージ 16

イメージ 17
台風直撃に焦り続けた事が嘘のように今日は晴れ渡り、暑い真夏の陽射し。
水戸黄門の石像の前で、シャッター押しを頼んで来た大学生二人組の若者。
これから仙台方面にヒッチハイクで進むとの事。

「若い内にしか出来ない旅をたくさんしなよ~!!」

「有り難うございます~」

屈託の無い笑顔が実に若者らしく、旅を楽しんでいる様子が伝わります。

自分がこの子達の年頃にはYHやキャンプ泊で日本中を自転車で旅したものです。
そして、そんな若者が何処にでも居ましたよね。
老いての旅も悪くないですが、やっぱり若い時の旅の思い出には敵いません。

イメージ 18

イメージ 19
旅の最後は、ちょっぴり贅沢にグリーン車です。
上野東京ライン開通のおかげで、横浜方面の乗り換えも便利になりました♪

自宅に近づくにつれ、安堵感と未練な気持ちが入り交じります。
一つの旅が終わるときは、現実逃避も終わるとき。
また、次の旅に出られるように頑張ってお仕事していきましょう!!

【7日目の行程/8月25日】
山形駅06:30→福島駅08:03/08:12→郡山駅09:01/09:18→
上菅谷駅12:21/12:33→常陸太田駅12:47/13:11→上菅谷駅13:25/13:31→
水戸駅13:48/14:31→上野駅16:29/16:42→戸塚駅17:24
移動距離425.5km=普通列車運賃だと7,020円 歩行数8918歩


7回に渡る夏の旅行記は今回で終了です。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

JR(青い森鉄道含む)での総移動距離は2087.8km。
普通運賃なら3万7110円のところ、1万850円で済んだ訳です。
これを安いと思うか、苦行と思うかは人それぞれですね(笑)。

イメージ 20
家族へのお土産です。松ぼっくりは男鹿で拾った息子の戦利品となります。

親子6泊7日の旅行代金は宿・キップ・食事代の全てを含めて7万円ほど。
昨今、豪華を売りにしたり、速さばかりを謳う列車が多いですが、
旅はお金をたくさん使えば楽しめるモノではありませんよね♪

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット