旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 自転車少年達が目を輝かせてランドナーに乗っていた時代。
 冒険アイテムの自転車はランドナー。
 スポーツアイテムの自転車はロードレーサー。

イメージ 1

 どちらも確立された車種であり、それを混同するサイクリストは少なかった。
 それでも、人里離れた路筋で出会うサイクリストは車種に関係なく、
 お互い自然に手を挙げて挨拶を交わした良き時代でもあったように思う。

イメージ 2

 ドロップハンドルにWレバーの愛車を手に入れた時の喜び。
 バイト代が時給500円前後の時代に10万前後の自転車はとても高価な品。
 だからこそ、購入した時の喜びも大きかったはず。

 今大人になり、多少なりの財力で高額な品を買っても、
 昔の学生時代のような喜びは得られない…。


 ロードレーサーになくて、ランドナーにあるもの。
 それはマッドガードだけでなく、ダイナモライト。

 電池要らずのライトは、今と違いコンビニのない時代には重宝したもの。
 通販、コンビニと何処でも電池が買える現代と違い、
 昔は電池ひとつを入手するのも面倒な上に値段も高かったから。

 フロント車輪で発電するダイナモはシティサイクルやジュニアスポーツ車。
 それに対してリア車輪で発電するダイナモライトは本格サイクリング車。

 そんなちょっとした差に、格好良い!!  格好悪い!!  なんて、
 友人達と語り合っていた頃が懐かしい。

 そんなダイナモに新風巻き起こした製品。
 今はパナソニック傘下でブランド名の消滅したサンヨー。

イメージ 3

「ダイナパワー」

 それまで、リムやタイヤサイドで回していた発電部を
 BB下付近に取り付けて、タイヤの接地面で駆動させるアイデア商品。

 普通のダイナモは、抵抗が大きい上に、ガラガラゴロゴロと五月蝿い…。
 それに対して、このダイナパワーは静かでスムーズ!!

 試乗車に乗った時の感動は今でも覚えています。

 しかし、値段の高さと小型化されていくバッテリーライト、
 特にヤジロベーの爆発的人気の影で、普及することは無く消えていきました。
 市販車でこれを採用するメーカーがあれば、流れも変わった事でしょう。

 ダイナパワー、その名を覚えているベテランサイクリストは多い筈。
 しかし、それを使っていたという人は少なかったのです。

 時代は代わり、今のバッテリーライトは小型でも明るくなりました。
 そして、シティサイクルのダイナモも眩しいほどの光量です♪

本日はコメント欄は外してあります。
いつもナイスやコメント下さる方々、ありがとうございます。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット