旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

 三陸鉄道は第3セクター方式の先駆けとなる1984年4月に開業。
 鉄道不毛地帯だった険しい地形の続く三陸海岸に沿うような形で、
 盛~釜石間の南リアス線、宮古~久慈間の北リアス線の2系統を運行。
 それまで尻切れ状態だったJR路線を繋ぐ鉄道として利便性を高めます。

 開業当初10年は黒字経営も、次第に沿線過疎化で赤字経営となりますが、
 イベント列車を早くから導入し、観光客の誘致を進めます。

 しかし、思うように経営改善はされず、2011年3月の大地震。
 津波による被害で沿線道路はクルマの通行不能になる中、
 震災5日後には、区間運転ながらも三陸鉄道は営業再開。
 その奇跡の復活劇は、沿線住民に希望を見出す事にも繋がりました。

イメージ 2

 そして、その流れを組み込んだNHK連続ドラマ「あまちゃん」のブレイク。 
 再び三陸鉄道が注目される事になったのは、みなさんご存知でしょう。


 台風通過後の宮古駅から三陸鉄道に乗り込みます。

イメージ 3

 JR山田線の宮古~釜石間は相変わらず運休状態が続く中、
 三陸鉄道は南北両線とも元気に全線運行を続けています。

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

 ドラマでは北三陸鉄道と呼ばれた、三陸鉄道北リアス線は、
 トンネルが多く、時々現れる期待していた眺望は雨で霞んでいます。
 それでも、列車は名所ではスピードを落とし徐行運転。

イメージ 7

 まだ震災復旧作業の続く、痛々しい風景を時折見せながらも、
 宮古駅から約1時間40分かけて久慈駅(北三陸駅)に到着するのでした。

イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10

 あまちゃん効果は多少薄れて来ましたが、久慈は魅力ある街です。
 開発から取り残された駅前デパート(北三陸市観光協会)も良い味出してます。

 今回は北リアス線のみの乗車でしたが、何れ南リアス線にも乗車したいです。
 不通の続く、釜石~宮古間はJRから三陸鉄道に経営譲渡が検討中。
 そうなれば、盛~久慈間の長大路線として生まれ変わる事でしょう。

 いつまでもドラマ特需が続く訳がありません。
 次なる経営努力を模索している三陸鉄道を応援しましょう♪

イメージ 11

 只今、ケーブルTVであまちゃん再放送中!!
 月から木曜まで、20時から1日3話分まとめ見れます。

 しばらく、NHK連続ドラマを見続けて来ましたが、 
 ここの所、同じような戦前戦後の話ばかりが続き、消化不良気味。
 現在放送中の「べっぴんさん」、見るのを止めました…。

 もちろん好みは人それぞれですが、「あまちゃん」の方が面白いのです!!

                         《2016年8月訪問》

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット