旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

前回に引き続き、1月21・22日に東京・科学技術館で行われた
日本のフレームビルダーの祭典の模様をお届けします。

イメージ 1
滋賀の新興工房、macchi cyclesさんのシクロクロス&ロードレーサー。
奇をてらわずオーソドックスなスタイルですが、センスよくまとまっています。

イメージ 2
会場では少数派ながらMTBの展示もありました。
こちらはワークショップモンキーさんの二台です。
すみません、私はMTBに対するウンチクはゼロ……、
コメントに値する言葉が見つかりません(汗)。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
今回の展示内容で一番魅惑されたのは、
TOEIで修行後に開業した山音製輪所のMONTSON。
古典的な美しいツーリングスタイルに組み合わされる
バッグやキャリア類も工房で製作されています。

イメージ 6
トラス構造的な折りたたみ自転車は絹自転車製作所。
「シルク」の正統的な後継者でもあります。

イメージ 7
アマンダは木リムホイールのシングルスピード車を展示。

そして、木製自転車と言えばSANO MAGIC。

イメージ 8
アマンダとは違うアプローチを経て木工素材を自転車に組み込んでいます。

イメージ 9
イメージ 10
ケルビムは今回も会場で目立つ演出です。
ここだけは、いつも今時のローディーな方の見学者が目立ちます。
クロモリロードの新しい形を見出す流れは悪くありません。

イメージ 11
イメージ 12
対する名ブランドの高村製作所のラバネロ。
オーソドックスな中にも見事なラグワークのセンスの良さ。

ラバネロパス、ケルビムスーパーツーリング、
往年の名ブランドにはぜひともロード以外の自転車の製作も
続けていってほしいものです。

イメージ 13
シートチューブを廃したボンバーのカーボンフレームのロード。
このような現代版ロードには見入る人が少ないのもこのイベントらしさ!?
競輪フレームも作っている鶴岡レーシングさんが、
こういったフレームも作れるよ!!  と示してくれるのは興味深いのです。

イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
ロードでもない、ツーリング車でもない。
新世代のビルダーさんたちによる新世代のサイクリング車たち。

こんな自転車が気軽にオーダーできる時代が来れば、
日本の匠の技も無事に受け継がれて行くことでしょう。


今回もビルダー以外の出展が多数ありました。

イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
国産サドル孤軍奮闘の加島サドル。
エアロ時代誕生のカシマックスエアロはデザインオーダーが可能。
フレーム部材も良質な小物が増えているように思えます。

イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
日本の誇るクロモリパイプの名ブランドの丹下チャンピオンシリーズ。
昭和の頃のデカールに戻し、存在感をアピール!!

イメージ 24
今回は初日の早い時間帯だったためかもしれませんが、
製品案内のパンフやカタログが豊富で粗品を配っているスペースも。

カーボンミニベロを3年越しで開発したタカイコーポレーションさんからは、
チタンボルト4本セットの試供品をいただきます♪

一時は低迷していたオーダー車の世界。
そして継続こそ力なり!!  とばかりに開催が続けられた
ハンドメイドバイシクル展。
この数年の中では間違いなくトップレベルの開催内容だったと思います。


その後の都電散歩の途中でも素敵な自転車を見つけましたよぉ~。

イメージ 25
キリンさん柄のシティサイクルです。
趣味のオーダー車とは実に対照的ながら個性抜群ですね♪
でもフロントの空気圧が……(悲)。

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット