旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

色々な方の自転車趣味ブログを読まさせていただいていますが、
中には愛車に名前を付けている方も多いです。
その方が愛着が増すのかもしれませんね。

それが毎回目を通す方なら名前と自転車が一致しますが、
時には何だろう!?  って首を捻る事もあったりします(汗)。

さて、自分はどうだろう?  と思い返すと、
愛車に限らず、自分の持ち物に名前を付けた事ってないのです。

では、どう名乗っていたかと言うと、普通にざっくり車種名のみ。

イメージ 1
TOEIパスハンター(略してパスハン車とする事も)

イメージ 2
KHSミニベロ(営業用ミニベロと分ける為にKHSを必ず付ける)

イメージ 3
SEMASスポルティーフ(大抵はスポルティーフとだけ記す)

イメージ 4
デ・ローザロード(近代ロードと記す事も)
唯一このロードは、ハートマークの自転車と記すこともありますが
名称でも愛称でもありません(苦笑)。

サイクル野郎では、こんな場面がありましたね♪

イメージ 5
北海道で知り合った、はまなす女子サイクリング部から
主人公の輪太郎の愛車に「フェニックス号」、陣太郎は「ダルマ号」。
名無しだった愛車に名前を付けてもらいます。

自身の旅で、フェニックス号を名乗る自転車に乗るサイクリストと出会わずも、
ダルマ号と名付けた愛車乗りには2人出逢いました。
2人とも、もちろんサイクル野郎のファンの方でした。

イメージ 6

イメージ 7

自身は現役多趣味な遊び人!?  です。仕事も趣味みたいなもの(苦笑)。
でも、それに付き合わされる愛車・愛機達には名前はありません。
だからといって、すぐに飽きて手放すような事もしないのです♪


本日この時間は、WBC見ながら伝票・書類の整理中。
晴天で外は気持ち良さそうですが、昼過ぎまで室内引きこもりです!!

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村  
ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット