旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

横浜在住だと東京が関所のようになり、
西武鉄道や東武鉄道には乗車しにくい環境でした。
しかし、近年は都心の地下鉄乗り入れで横浜からの直通列車も増えます。
今回は西武鉄道を中心に乗りテツ旅を計画・遂行してきました♪

イメージ 1
東急東横線の各駅で発売されている「西武鉄道まるごとキップ」を利用。
このキップ、横浜から渋谷までの東横線往復乗車、
渋谷から小竹向原の副都心線、西武鉄道全線が1日乗り降り自由。

これから向かう西武秩父駅までの横浜駅からの片道運賃1244円(ICカード)、
「西武鉄道まるごとキップ」は1830円ですから、単純往復より安いのです。
それでは、本編のスタートです!!


早朝起床5時半、自宅を6時過ぎに出発です。

イメージ 2

イメージ 3
横浜駅06時58分、Fライナー飯能行きに乗り込みます。
副都心線乗り入れによるルートは難解ですが、乗り換えなしは便利。
ホームに滑り込んで来た列車は、東京メトロの車両でした。

イメージ 4
ウトウト眠り込んでいると、すでに列車は西武線内。
前席には山ガールと見られる3人組が朝食を取りながら談笑中。
昨今は女性の方もアウトドアスポーツに自然に入り込んでいますね♪

イメージ 5
そのまま飯能には向かわず、所沢で本川越行きに乗り換えます。
西武鉄道といったら、この黄色い車両がシンボル的ですね。
ところが京急乗りは、ハッピーイエロートレインに見えちゃいます(苦笑)。
※京急で1編成だけ西武鉄道の黄色を模した列車が運行中、もちろん西武が本家です。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
まだ9時台とあって店は準備中、賑わうメインロードも閑散としています。
人混みを嫌う私ら親子に取っては好都合です。
電線を地下に埋め、景観のよくなった川越の蔵造りの街並みが良い雰囲気。

川越散策を終え所沢駅に戻り、飯能行き列車がやってきました。

イメージ 9
んっ!?  京急の赤を模した列車!?  でも、赤ではなくピンクです!!
これは、以前きゃりーぱみゅぱみゅとのコラボのイベント列車を
改装した車体との事。
派手な外装ですが、車内はいたって普通でした(笑)。

イメージ 10
飯能駅構内には、登山用品屋がありました。
男臭かった登山ブームも昭和の遺産。今は女性も増え、ソフトなイメージですね♪

イメージ 11
同じく飯能駅構内にある、日高屋で昼食。
ますます食欲旺盛になってきた息子に、餃子の大半を奪われます!!

イメージ 12
食後は、飯能の街を散策。
どうです、この統一感の全く無い飯能駅の列車達(汗)。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
飯能駅から西武秩父に向かう列車は旅気分モードになれるボックスシート。
反対側のホームには、旅するレストラン列車「52の至福」が停まっています。
ランチやディナーを頂きながら車窓を眺める。
人気列車でキップ販売後すぐに完売。

ナイスアイデアですが、池袋から飯能まで車窓は正直つまらないです…。
しかし、ここ飯能から西武秩父までは旅気分の景色が堪能できます。

イメージ 16
西武秩父駅に到着しました。
ここから秩父鉄道のSLにプチ乗車を目論んでいましたが…。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
前日までは乗車可だったのに、当日の窓口には乗車不可の表示が(悲)。
駅員の話では、今朝になり大口の団体客が入ったとの事。
人気列車なので仕方がないですね。息子はガックリ…。
仕方がないので、しばし駅で列車のお見送りをした後、街散策。

イメージ 20
川越ほどではないですが、こちらも古い建物がたくさん残ってます。
街に似合わぬ若者層がグループで歩いている姿をたくさん見かけます。

イメージ 21
秩父と言えば、名作アニメの「あの花」の舞台なんですが、
この日は、その舞台である聖地巡りのスタンプラリーが行われていたようです。

アニメによる街興し、鉄道むすめなる萌えキャラの乱立。
いやいや~、凄い時代になりましたよね。嫌いではないですが(苦笑)。

イメージ 22

イメージ 23
最後は乗れなかったSLの勇姿を見学後、
たいやきを齧りながら西武秩父駅に戻ります。

イメージ 24
乗り込むレッドアロー32号はクラシックカラーでした。
先の記事で述べたように、駅周りの改装中でビールが手に入らず残念!!

昨日のダイヤ改正で、横浜から西武秩父駅まで直通列車の「Sトレイン」誕生。
これまで以上に、秩父方面のアクセスがよくなります。
次回はこれを利用して、秩父鉄道のSLに乗りに行こうと思います。
その時は、指定席をしっかり抑えてからにします(苦笑)。

【本日の行程/3月19日】
横浜駅06:58→所沢駅08:15→本川越駅08:37/10:07→所沢駅10:34→
飯能駅10:58/12:14→西武秩父駅13:02/15:25→池袋駅16:48→横浜駅17:42
歩行数17,162歩

ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット