旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1
                         真岡~益子間を流れる小貝川の上流域 

今年はGWの北アルプスを望む山村サイクリングで満足感いっぱい。
同時に脱力感みたいなものがあり、ファストランの計画が中々まとまらず。
次第に迫る梅雨入りを前にようやく日程と計画がまとまりました。

昨年、利根川の河川敷を200km以上走る暴挙で挫折しかけたにも関わらず、
今回も河川敷や巨大湖の畔をコースに組み込んでしまいます。

しかも、コースを考えていると、
関東の一都六県が一日で走破出来る事に気がつき、
去年あれだけ苦労した利根川を再び走る事に(苦笑)。

それでは、1泊2日の壮大な関東平野の旅をお届けしましょう~♪
なお、今回も写真と文章のてんこ盛りです。
できれば大きなモニターのPC環境を推奨いたします。


神奈川県横浜の自宅を早朝3時30分にスタートです。
ここから東京と千葉の県境を流れる江戸川を目指します。
正直、この道は何度も走っていますのでつまらないです。

写真を撮る事もなく、黙々と国道を走り続けます。
神奈川県と東京都の境となる多摩川付近で明るくなってきました。
品川駅前を通過する頃にはライト消灯。

早朝、しかも日曜ですのでクルマはほとんど走っていません。
だからといって信号無視なんて絶対にしません。
信号待ちの私を挨拶なしに抜かし、信号無視して走る2人組のローディー。
あんたらに自転車趣味をする資格はありません!!

日本橋から国道6号に入ります。
日中は多くの観光客で賑わう浅草も閑散としたもの。
信号停車以外は全く休憩なしに江戸川・新葛飾橋に到着。
約50kmを2時間15分。遅い……、でも信号多い街中ではこれが限界。
しかも、この日は風が強くて気温も低く、身体が暖まらないのです。

イメージ 2

コンビニで買い物を済ませ、いざ江戸川河川敷へ。
ところがそこでは想定外の問題が発生しました!!

何とこの日は河川敷道路で「柴又100kmマラソン」が開催されていたのです。
しかも、丁度スタートしたばかり。
係員が申し訳無さそうに「千葉県側を走ってもらえませんか?」。

予定では、東京側を遡り埼玉県入りする予定でしたが計画変更。
でも、千葉県側も走りやすい路で安心しました。

イメージ 3
                 早朝から多くのロード乗りの朝練姿を見かけます。

走り出してすぐに道路脇に怪しげな物体を発見!!

イメージ 4

イメージ 5

それは巨大なガメラでした(笑)。
この時期は産卵のために川面から這い上がって来るそうです。

去年のトラウマから抜けていないのに、今回も江戸川で向かい風の洗礼。
走り出しは30~32kmの速度キープが出来ていたのですが、
次第に風が強くなり、22~25kmまで落ちます。
プチバトルしていたロード乗りさん達、風が強くなると途端に千切れます。
中にはUターンしていく人も。

次第に雲間から陽射しも出て来て暑くなって来たので上着を脱ぎます。

イメージ 6

今日は2年ぶりのレーサーウェア。私にとっては戦闘モードなのです。
この格好のおかげか、すれ違うサイクリストの大半が挨拶を返してくれます。
やっぱり今時のサイクリストは、
このスタイルでないと仲間だと思わないようですね(汗)。


途中から、埼玉県側に移動し、利根川との合流地点の関宿に到着です。

イメージ 7

まだ開場時間の9時前なので、扉は閉ざされていました。
利根川を渡ると、そこは茨城県。
既に神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県を走った事になります。

去年走った利根川河川敷を逆走するように、群馬県館林へ。
群馬県に入った事を確認してUターン(苦笑)。

イメージ 8

古河を抜け、交通量の少ない県道を走り11時過ぎに結城市内へ。
明け方の雲は無くなり、見事な晴天になりました。
でも、気温は23℃程度と低めな上に追い風基調になり走りやすいです。
やはり、河川敷の道は長く走ると辛い事を再確認!!

イメージ 9

イメージ 10

結城市内でミスコースし小山方面に向かってしまうも、すぐに修正。
県道33号に入ると景色は農道のような雰囲気になりました。
麦畑が広がり、良い感じです~♪
朽ち果てかけたクルマはスバル1000でしょうか!?

イメージ 11

コンビニ休憩を挟んで、鬼怒川を越えて真岡へ。
もうこのあたりは栃木県。昼過ぎには既に一都六県を走破できました。
しかし、ここからゴールとしている大洗はまだ80kmも先。
既に200km近くを走り、脚の筋肉がピクピク……。

イメージ 12

イメージ 13

SLが人気の真岡鐵道の真岡駅に立ち寄ります。
駅舎がSLの形をしているのが分かるでしょうか!?
併設する鉄道博物館に入りたかったのですが、レーパンなので遠慮します(汗)。
いつか息子と一緒に再訪する事にしましょう。

イメージ 14

イメージ 15

これまで平地ばかりでしたが、山が間近に迫って来ました。益子に到着です。
先輩サイクリストの方から聞いていた巨大たぬきに出会えました~♪

ここから本日唯一の坂道!?  仏ノ山峠を越えて笠間へ。
山間の県道で空いていると思いましたがクルマだらけでガッカリ…。

イメージ 16

イメージ 17

友部のコンビニでガリガリ君スイカ味を頂きます。今イチな味でした。
その後は走りにくい水戸市内を通過して、那珂湊へ。
ひたちなか海浜鉄道の渋い駅舎でコーラとどら焼き食べて最後の休息。
時間は18時過ぎ。正直身体はガタガタです…。

イメージ 18

イメージ 19

那珂湊の街を走り抜け、海門橋を渡るとゴールの大洗に到着です!!
18時20分、日の入り前に到着する事ができました。

イメージ 20

海に沈む夕日ではありませんが、良い感じで拝む事ができました。

かすめただけの県もありますが無事に1日で、
神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県の順で、
関東全域の一都六県を走る事ができました。

老い行く肉体、貧弱とも思える20インチミニベロ。
でも、気持ちさえしっかりしていればロングファストランは楽しめるのです♪


宿は水戸市内。距離は15km弱。しかし、もう気力が無くなりました。
それに鹿島臨海鉄道に乗ってみたかったので、大洗駅から車中の人となります。
てっきり電車だと思っていましたが、ディーゼルカーなんですね(汗)。

イメージ 21

イメージ 22

宿で一人、コンビニ食材でかんぱ~い♪
水戸駅から列車を乗り継けば帰宅可能ですが、
旅気分を味わうには最低1泊はせねば!!

【タイムテーブル】
●走行日/6月4日(日)曇りのち晴れ
横浜(03:30)→日本橋→江戸川・新葛飾橋(05:45)→関宿城(08:20)→
館林→古河→結城(11:15)→真岡駅(12:45)→益子→笠間(15:15)→
水戸→那珂湊→大洗・海門橋(18:20)
●走行距離271.8km ●平均速度/サイコン値22.6km(休憩含む実測18.2km)

【走行コース】
自宅~関宿
関宿~大洗


2日目の水郷地帯サイクリングの模様は間を開けて来週に公開します。


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット