旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

学生時代は自転車に金を掛けるよりも、
バイト代の大半は旅の資金に回していました。

高級外国製パーツに憧れがあったのは確かですが、
旅の自転車は高価で軽量なモノよりも、壊れずタフである事が最優先。
それは自転車という機材だけでなく、エンジンであるオーナーも同じく。

イメージ 1
                    1988年下北半島横浜町にて

80年頃は、ロードレーサーならイタリアのカンパニョーロ。
ツーリング車ならフランスのユーレー、サンプレ、TA、マファッ○等。
※NGワードに引っかかるための○伏せです(汗)。

それでも、当時の中高校生だと、やっぱりカンパの影響が大。
それはイタリアンレーサーの強さと美しさの融合があったからこそ。
対してツーリング車は、ランドナーにせよスポルティーフにせよ、
市販車やオーダー車は日本オリジナルの進化ある車種でした。

イタリアンレーサーに憧れても、サンジェに憧れる少年は少なかったはず。

このままだと話が脱線しそうなので、元に戻します(汗)。
そんな旅貧乏学生が手を出せたカンパニョーロ製品。
それはカンパレコードのWレバーです♪

イメージ 2

凹ではなく、凸文字の旧レコードレバー。
ショップによる価格差はあるのでしょうが、
このWレバーが2000円で買えました。

サンプレSLJやユーレージュビリーが4500円前後。
サンツアーシュパーブやシマノデュラエースEXでも2500円前後。

何とカンパレコードのWレバーが一番安かったのです!!
前後変速機の高価さに対して、Wレバーはバーゲンプライス♪

この値段なら、学生のバイト代からの支出も無理がありません。
私の周りの学生サイクリストたちが、最初に買ったカンパ製品はみなWレバー。
その安さから、穴空け加工等を素材実験にも使われていました(苦笑)。

イメージ 3

何れこのWレバーは別の場で深く取り上げますが、
50代半ば以上のベテランさんにとっては、Wレバーは凹みNG、凸はOK。
クイックレバーの形状は曲がりはNG、ストレートはOK。
そんな拘りを持っている人がとても多いですよね。

イメージ 4
  19歳頃の愛車2台です。ロードレーサーとランドナー改パスハンター

自分の最初のカンパ製品は、上写真のセマスロードに付いていました。

イメージ 5

カンパエンドです(汗)。


イメージ 6
                       1986年長野県夏沢峠

その後にWレバーやヘッド小物、シートピラーを
ペガサスパスハンターに取付けていました。変速機は一貫して国産品。

イメージ 7

学生時代からの憧れの
オールカンパのイタリアンレーサーを手にしたのは、40代半ばになってから。
フレンチパーツのツーリング車には結局縁がありませんでした。

フランス製品は、日本製品に取って代わられ、
今や日本製品は台湾製品に取って変わられています。

孤高のイタリア製品のカンパは、以前の輝きは失われたものの、
今でも特別な製品として、ロード界に君臨しているのは頼もしいですね♪


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット