旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

四国、それは自身にとって最初の長期自転車旅の場所でした。
高2で仲間3人と行なった四国ツーリングは旅に目覚める原点でもありました。

人生初のフェリー乗車、途中で仲間一人が事故で離脱……。
それでも、2週間に渡る自転車旅は良き人生勉強にもなりました。
昔は当たり前のように居た高校生サイクリスト。
それに加えて、長い自転車旅をする学生ツーリストも多かったです。

イメージ 2
           ※この写真は、四国でなく富士五湖サイクリングの道中です

もちろんこの時代の自転車旅のスタイルはランドナーかキャンピング車。
ロードを含め、マッドガードなしの自転車ツーリストは少数派でした。

輪行はサイクリング協会等に所属し、手回り品キップが必要な時代でしたので、
学生サイクリストの大半は輪行せずに自走やフェリー利用が多かったです。

そんな理由からか、東京からフェリーでアクセスしやすかった、
四国を最初の自転車旅に選んだ理由でもありました。
※当時は東京~徳島航路の他に、東京~高知の航路も有り


それから35年が経ち、今回は鉄道による四国一周の旅。
その旅レポートは後日にしますが、出会った自転車関連のお話を。

四国と言えば、今治~尾道のしまなみ海道がサイクリストに人気です。
では、その他の地域を走るサイクリストは多いのか!?

残念ながら今回の旅は鉄道利用ということもありますが、
見かけたサイクリストは極僅かといった印象です。

暑いから!?  それは理由にはなりません。
35年前の夏、出会うサイクルツーリストは凄く多かったですから。
自転車ブームと言っても、それは一部の地域に限定される上に、
「旅するサイクリスト」は、それほど増えたとは思えません。

そんな中で出会ったサイクリストのスタイルも昔とは大きく異なります。

イメージ 3
このスタイル=ロードにパニアバックスタイルの方は5人見かけました。
テントも積んでいるようですから、長旅と思えますがガードなし。

イメージ 4
高知の宿では、電動クロスバイクで旅する方に会いました。
一週間の旅で、1日70km前後の距離をゆっくり走られているとの事でした。
これも新時代のサイクリングスタイルなんでしょうね。

今回の旅に限らず、最近旅先で出会う自転車ツーリストは、
ガードなしのロード&クロスバイクが主流です。
それを良いも悪いも、この場で判断するのは止めておきましょう。

イメージ 5
輪行されている方も数人見かけました。
ただ、相変わらず袋からサドルやハンドルがはみ出している方の多い事……。

一方でJR四国ではこんなサイクルトレインのサービスも♪

イメージ 6

イメージ 7
松山から宇和島駅間の特急列車にそのまま自転車が持ち込めるようです。
しまなみ海道ばかりにサイクリストが集中するのは私的にはNG。
このようなサービスを利用して、足摺岬方面を走るのも楽しいですよ♪

イメージ 8
今回唯一見かけた純粋なツーリング車。駅までの通勤利用のようです。
サドルのヘタリ具合が乗り込んでいる証拠……と思いたいですが、
ガードのよれ方を見ると整備に対する無頓着なだけかもしれません(汗)。

自転車ヘルメット着用義務努力条例を設けた愛媛県。
学生たちの多くは、学校推奨と思われるヘルメットを被っていました。

イメージ 9
昔ながらのドカヘルではなく、今時のメットなのは良いですね。
でも、みなさん車道でなく歩道を走っているのは問題視されないのかな!?

そんな走行帯の問題は徳島駅付近でも見られました。

イメージ 10

イメージ 11
歩道に隣接する自転車走行レーンが設けられています。
しかし、これは自転車は車道!!  との原則とは掛け離れていますよね。
もちろんシティサイクル(ママチャリ)には良いけれど、
こんな場所は、サイクリング車で走るには……。

徳島は自転車に対する考えが友好的なようで宿のフロントにはこんな本が。

イメージ 12


自転車をお洒落アイテムにしている店もありました♪
イメージ 13


四国は、旅するサイクリストは減りましたが、
自転車を日常の足として使う人は確実に増えているようでした。

イメージ 14

イメージ 15

大都市部とは違い、交通量の少ない幹線道と広く設けられた歩道。
街中の移動なら自転車が一番便利である事に気がつく人が多いのでしょうね。

ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット