旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 天気予報で紅葉情報が始まり、今年も落ちつかない季節になった。
 昨年の群馬の林道は紅葉が見事だった。
 そして以前行った乙見山峠は紅葉と新雪被る北アルプスの絶景。

イメージ 1

 今年は何処に行こう!?  8氏からのメールに、
 「会津か阿武隈方面はどうだろうか」と返答する。
 数日後に南会津のルートを8氏が提案して来た。

 1日目は、旧道と茅葺き屋根の集落を訪ねるコース。
 2日目は、展望の良い林道と大内宿を巡り、会津鉄道で輪行帰着。

 どちらも距離を欲張らず、のんびり写真を撮りながら走る。
 二人で走る時は、それがいつも暗黙のルールとなるのだ。


 ●落ち葉舞う国道を走り、前沢曲家の茅葺き家屋の集落へ
 前日の夕食は、会津田島の昭和風情の食堂でソースカツ丼を頂く。
 店主老夫婦との温かな会話に今回の旅の始まりの良さを感じる。
 しかし、晩秋の会津の山中での車中泊は北風が容赦なく襲う。
 それでも、乾杯の余韻と移動の疲れからか、熟睡する事が出来た。

イメージ 2

 翌朝は雨雲が去るのを待ち、遅めのスタート。
 3つの国道が入り交じる路は下り基調で良いのだが身体が温まらない。

イメージ 3
イメージ 4

 走り始めて1km足らずでペダルを止めて撮影タイム。
 これだから、二人で走る時は中々先に進めないのだ。

 会津鉄道の会津高原駅は、いつの間にか「会津高原尾瀬口駅」と改名。
 ここから尾瀬沼までは40km以上も離れているのに、この名称は如何なものか。
 しかも、駅のある場所自体も高原とは掛け離れたイメージの場所であった。
 そんな会津高原駅を横目に、国道352号を中山トンネルに向けて上り詰める。

イメージ 5

 細かい雨が路面を濡らすが、木々の色づきが深まり、嫌なムードも無く、
 二人で談笑しながら、クルマのほとんど通らない路を進む。

イメージ 6

 ピーク地点は標高1000m近くにある中山トンネル(新中山峠)。
 入口は上下線が分離されているが、出口付近で合流していた。

 当初の予定では、この国道の旧道である中山峠を越えて、
 帰路にこのトンネルの新道を走る予定だったが、
 旧道の状態悪化を懸念して、走る順路を急遽変える事にした。

イメージ 7

 トンネルからの下り途中にある道の駅で小休止。
 いつもの缶コーヒーは止めて、8氏を真似て寒さ凌ぎにお汁粉を飲む。
 実は、これが人生初の缶汁粉であったが悪く無い。

イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10

 天気は予報通り回復して来て青空も見えるようになる。
 国道から脇道を選びながら走るが、紅葉と山村の風景が見事だ。

イメージ 11
イメージ 12

 茅葺き屋根の家屋が残る前沢曲家(まえざわまがりや)集落に到着。
 観光施設ではなく、今もごく普通に暮らしの続く集落。
 保存協力として見学者は300円の料金が徴収される。
 この日は空いているので、自転車は押す事で入場が許された。

イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15

 曲り家の一軒は資料展示施設となっており、昔からの生活が見て取れる。
 母方の田舎、長野の豪雪地帯の栄村の家屋にも似ていて懐かしい気持ちとなる。
 この南会津も冬期は厳しい雪の中での生活となるのだろう。
 それでも、便利な土地へと逃げ出さずに、この集落で生き続けている。

 この集落にくるまでの道中ではたくさんの廃屋を見かけた。
 路が整備されて便利になったはずなのだが、
 この土地を離れる人が多い事を昨日のソースカツ丼の店でも聞かされた。

 夏に訪れた四国でもそうだったように、
 この国の都市部と山村との格差は広がる一方。
 「限界集落」などと言う言葉が認知されるようになって10数年。
 限界を通り越して、人の営みの消える集落は増えるばかりのようだ。


 ●悪路、廃道……かつての主要道、唐沢峠・中山峠に挑む
 前沢曲家集落を後に、次は本日メインの旧道の峠越え2本に取り掛かる。
 まずは唐沢林道。ここは直下をトンネルが開通し、旧道が残る。

イメージ 16

 この路は、日光方面に抜ける人気の田代山林道へも程近い。
 いつもは峠食堂を開くのだが、この日は峠路に入る前の日溜まりで開店。

イメージ 17
イメージ 18

 いつもの定番カップ麺でなく、激辛系で身体を中から暖める事に。
 北風が少し強めだが、気温は7℃前後まで上がり過ごしやすい。
 何より陽射しの下での紅葉した山々が眩しいほど。

イメージ 19

 食後は、急登の舗装路を一気に上り詰め、トンネル脇から旧道の唐沢林道へ。
 最初の内は乗車出来たが、1kmも走らずに路は荒れ放題、押しと担ぎになる。

イメージ 20

 事前の情報ではジムニー系の四駆が走れたようだったが、今は無理だろう。
 ただし、一本のオフロードバイクの轍が延びているのに驚く。
 かなり苦労して上り詰めた事が容易に想像出来る。

イメージ 21
                           唐沢峠
 唐沢峠(標高950m)には表札等何もないが、
 下る途中に登山道を示す表記があった。
 その路を探して歩いてみたがすでに廃道の様子である。

 下りもまた悪路が続き、時折停車も余儀なくされた。
 しかし、こんな苦しいはずの路が何だか楽しくて仕方がない。
 そんなだから、若い頃から飽きもせず、林道や山に入り続けられたのだ。

イメージ 22

 約3kmほどの旧道悪路をやっつけて、新道へと戻る。
 真っ赤に染まる絶好の路であるが、走るクルマは全くない。
 大金掛けてトンネルを作る意味があるのだろうか。
 余所者だから、そんな事を感じるのかもしれないが矛盾を感じる。

イメージ 23

 国道352号に戻り、最後の難関である中山峠を目指す。

 元国道、今は「林道 中山線」と表記されていた。
 しかし、いきなり悪路の洗礼を受ける。

イメージ 24

 沢ごと路が流されていた。迷いはあるがここは担いで強行突破。
 この先にも同じような場所が現れた場合は引き返す事で先に進む。

 事前の下調べでも、中山峠を挟んだこちら側は廃道化しているとの事。
 しかし、崩落現場を越えると、そこには極上の路が待っていた。

イメージ 25

 クルマもオートバイも入って来れない路は、我々二人の占有路。
 元国道だけあり、緩い勾配を徐々に上り詰めていく。

イメージ 26

 落ち葉で隠れて見えないが路面は舗装されているので走りやすい。
 紅葉の見頃は標高900m前後まで。そこから上は葉が散り冬景色の様相。
 しばらくは落ち葉をガサガサさせながら気持ちよくペダルを踏み続ける。

 しかし、峠まで2km地点まで来ると路は急に荒れ始める。

イメージ 27
イメージ 28

 それでも、押して歩けば進める状態。
 日の短いこの季節は16時近くで夕暮れ状態で薄暗くなってくる。
 早く峠に付かねば。峠の下り路も悪路である可能性も高いのだ。

イメージ 29

 マズい……峠まで1kmの地点で路が完全に斜面崩壊で消えていた。
 幸い一人分の歩く踏跡が残っていたのでそこを担ぎ上げて越える。

イメージ 30

 ここが、舗装の元国道だったとは思えない程の荒れよう。
 5年程前までは普通車も入れたようだが、
 ここも先の唐沢峠と同様に路としての機能は失われつつあるようだ。

イメージ 31
                           中山峠
 旧道入口から約7kmの道程を1時間20分かけて、
 ようやく中山峠(標高1142m)に到着。
 40年程前には、ここに茶屋もあったそうだが、今は何も無い…。

イメージ 32

 時間は既に16時半近く。峠着の余韻に浸ることなく、
 夕暮れに追われるようにクルマのデポ地へ戻ることにした。
 幸い、会津高原側の路の荒れ方は酷く無く一気に駆け下りる。

                             〈2日目に続く〉

【本日の行程】
2017年11月5日
道の駅たじま→会津高原尾瀬口→中山トンネル(新中山峠)→前沢曲家集落→
唐沢峠→中山峠→道の駅たじま
08時40分出発・17時45分着 走行距離73km

※旧道はかなり廃道化が進んでいます。
走行時の全ての事故・怪我において自己責任となります。
軽い気持ちで入る事は危険ですし、
非常食や水を携帯した上で単独行はなるべく避けましょう。

ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ぱぱろう
    • 2020年08月22日 07:51
    • わたしも会津に行ってきました。中山峠も候補だったのですが、廃道とのことで遠慮しました。野岩鉄道の側が荒れていると思っていたのですが、むしろ西側のほうがだめなようですね。しかし昨年の台風でもうまったくだめなのでしょうね。実はひとつ北の駒止峠に向かったのですが、どちら側とも通行止めで進入禁止でがっかりでした。昭和村と会津美園をつなぐ博士峠も大規模なトンネル工事中でした。開通したらブナ林のなかの静かな道も廃道の憂き目にあうのでしょうか。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
    • 2.  butoboso0217 butoboso
    • 2020年08月22日 08:47
    • ★ぱぱろうさんへ
      おはようございます。
      会津を走られましたか。あの辺りも暑かったことでしょう。お疲れ様でした。

      中山峠は西側がズタズタでしたね。あの当時であれだけ荒れていたのでは、昨年の台風でとどめを刺されても仕方がないかも…。良い峠でしたが、新道トンネルが出来てしまうと旧道は見捨てられてしまいますね。駒止峠もダメでしたか。あちらも中山峠と同じ運命になりそうですね。
      博士峠は紅葉の季節に越えましたが、全線舗装ながらも入るクルマなくとても好印象に心に残る峠です。あそこにトンネルは必要ないと思うのですが、費用対効果なんて考えない人たちは無駄な道ばかり作りたがりますよね。
    • 0
      butoboso0217

      butoboso0217

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット