旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

昨日土曜日は息子の懇願を受けてプチ乗りテツ旅を慣行。
気が付けば1ヶ月以上、仕事が忙しくてお出かけしていませんでした。
「東金線に乗りた~い!!!!」
そんな路線に乗りたがるように育ててしまったのは親の責任(笑)。

では、連れて行ってあげましょう。
帰りは佐倉からグリーン車でビールでも飲みながら帰宅!!
などと画策して、金曜深夜まで仕事をしてこなします。

しかし、そんな努力はこの事故で全てパァとなるのです(悲)。

イメージ 1

イメージ 2

千葉に向かうため、横浜駅から横須賀線に乗り換えて数分。
新子安駅の見える場所で列車が緊急停車。

最初は、平行する京浜東北線のトラブルで横須賀線も安全停車とのアナウンス。
15分ほど停車した頃に、「架線が切れたため復旧の目処がたちません!!」。
30分停車した後に、今度は「復旧は13時30分頃となります!!!!」

時計を見ると、11時30分です。
2時間も車内で待てという事ですか……まぁ仕方ないですね。
地方路線じゃ、列車の2時間待ちなんて当たり前だし。

などと冷静に思う私のような乗客はほとんど居ないようで、
車内は騒然となり、運転手や車掌に詰め寄る乗客の姿も。
しまいには、扉の非常コックを操作して、勝手に降りていく初老の男性1名。

響き渡る警報音の中を車掌が、勝手に降りないで下さいと絶叫!!
ますます車内は混乱の空気が広がり続けます。
スマホで連絡を取る人の姿が目立ちます。
中には大声で仕事の話をする人も。PC広げて仕事している人も。
土曜出勤の方には、気の毒過ぎる光景です……。

停車から1時間が経過した頃にようやく、
「新川崎……いえ、武蔵小杉駅まで列車を動かす指令がありました!!」

やれやれ、ようやく列車から降りる事ができます。
武蔵小杉駅は東横線や南武線に乗り換えが可能です。

しかし、それと同時に私ら親子にとっては少しガッカリ感が……。

イメージ 3

不謹慎ながらも、こんな感じで列車から降りて、
線路を歩く体験が出来るかと期待していたのです(苦笑)。


無事に武蔵小杉駅に列車は滑り込み、乗客は全て降りてしまいました。

イメージ 4

イメージ 5
しかし、私ら親子は隣の新幹線の行き交う姿を眺めながら昼食です♪
すぐに降りても駅は大混雑ですからね。

イメージ 6
当然ながら、東金線は諦めてグリーン券も払い戻ししました。
そして、多摩川を歩いて渡り、大田区内を散歩に計画変更。

イメージ 7

イメージ 8
ここが23区内!?  と思えるような風景を発見するのも楽しいです。

イメージ 9
だから何!?  って突っ込みいれたくなる注意書き。
マムシ注意の看板はたまに見かけますが、普通のヘビが危険なのでしょうか!?

イメージ 10
真新しい舗装路が乾かぬうちに落ち葉の洗礼にあったようです。
新手の道路オブジェかと思ったら、本物の落ち葉が道路にへばりついてます。

イメージ 11

イメージ 12
パンダカラーの懐かしい2台。MR2は不動のようでした。

こんな感じで、都営地下鉄の西馬込駅まで歩き、帰宅となります。
泉岳寺で乗り換えた、京急も通勤ラッシュなみの大混雑。

何と13時30分頃復旧のアナウンスでしたが、
復旧したのは17時過ぎだったようです。
おかげで振替輸送となった京急にまで遅延の影響が広がっていました。


この事故で、駅間に取り残された列車は3編成。
その内の1編成となった我々乗車の横須賀線。
電気も止まらず、トイレも4ヶ所ある列車でしたから良かったけど、
トイレなしの京浜東北線に乗車の方は悲惨だったようです(汗)。


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット