旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

通販利用している、サイクルベースあさひからこんなメールが。

マイクロシフトの取り扱いを開始したとのことです♪。

イメージ 1

シマノを脅かすメーカーとして、
密かに期待している台湾メーカーのマイクロシフト。

サンツアーの正統的な後継ブランドである
サンエクシードのパーツの供給元であり、
ヨシガイとの結びつきも強く、グランコンペゼロシリーズも
マイクロシフトのOEM製品として知られます。

これまで取り扱っている店は限定的でしたが、
あさひで扱うことで、販売網を広げる事になりそうです。

シマノ、カンパに続くロードパーツブランドはスラム。
そして、クランク周りで知名度の高かったFSAもコンポ参戦。

その点では、マイクロシフトはまだ変速機が中心ですが、
何れはコンポメーカーへと上り詰めると自身は予想しています。


シマノやカンパが止めてしまったピカピカシルバー色がマイクロシフトの魅力。
ロードに取付けている人は少ないですが、意外やツーリング車乗りに人気です。

今書店に並ぶ、某ランドナー本に紹介されているツーリング車にも
マイクロシフトを取付けている人が数名居ました。

イメージ 2

グランコンペゼロの母体となったマイクロシフトセントス。
78デュラと10速カンパのメカの良いとこ取りのデザインで、
シルバーの輝きは数ある歴代メカの中でもトップレベル。

古典フレンチメカにとらわれない、現代ツーリング車に似合いますね♪
流美なデザインセンスは、どことなくサンツアーメカの匂いもするのです。

イメージ 3
                  サンツアーシュパーブプロRD  2型

と、ここまで引っ張ってマイクロシフトを持ち上げて来ましたが、
実は、このピカピカのセントスメカは既に生産終了し、メーカー在庫もなし。
先日までは取り扱いサイトに載っていたんですけどね(悲)。

上記のあさひの通販サイトを見てもらえれば分かりますが、
今は新型セントスを含めブラックボディのみになってしまいました!!。
※セントスの下位モデルのシルバーはまだ在庫販売があるようです。

イメージ 4

ツーリング、ロードに関わらずフレンチパーツが人気だった時代も。
しかし、日本やイタリアにその座を奪われ、今度は台湾メーカーの大攻勢。


イメージ 5

でも、ロードとMTBに偏ったパーツばかりなってしまうのは……。


本日はコメント欄は外してあります。
いつもナイスやコメント下さる方、
訪問してくださる方々に感謝なのです♪

ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット