旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

今年も自転車作りの職人、匠の業の作品をじっくり見学出来る、
ハンドメイドバイシクル展を東京散歩がてら見学してきました。

イメージ 1

この展示会、古典ツーリング車の祭典的なイメージが
以前は強かったのですが、年々新興勢力が目立つようになってきました。

新世代のツーリング車だけでなく、ロードやミニベロ、シティサイクルと
バリエーションもかなり増えて、ガードなし自転車の出店も多くなりました。


イメージ 2
イメージ 3

展示スペースは今までより広がり、休憩スペースも増えました。
無料で頂けるコーヒーもあり、来場者へのサービスも向上します♪


イメージ 4

そして、今回好感持てたのは、本所、ミカシマ、日東といった
ジャパンメイドの老舗パーツメーカーの出店参加があったこと。
オーダーメイドの自転車には欠かせないパーツメーカーの参加は、
展示会の内容の底上げにも繋がると思います!!

今回も写真、文章とボリュームたっぷりですので、
2回に分けて展示会のレポートをお届けします。


入口すぐに陣取ったのは、三連勝の流れを組むマキノファクトリー。

イメージ 5
今回はガード付きの自転車は無く、2台のロードを展示。
私的に、この置き方は自転車を美しく魅せません…。
出店数が増えた分、一ブランドのスペースが狭くなったので、
展示側には苦労が見えました。

イメージ 6
2015年創業の新興勢力、Life Bikeでは戦闘的なミニベロが目立ちます。
設計自由度の大きい、ミニベロは作り手側のノウハウの高さを要求します。
今後の展開に期待したいのです。

イメージ 7
イメージ 8
鶴岡レーシングは3つのブランドを展開。
競輪フレームとしての知名度の高いBOMBER Proの
チタン!?  のトラックフレームが目を引きました。

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
老舗ブランドの東叡と渡辺は奇をてらわず、
古典タイプのツーリング車を展示。
TOEIのタンデム・デモンタブルは見かけはオーソドックスですが、
フロントカンティ、リヤはディスクと実用性も追求されていました。

イメージ 12
イメージ 13
何でも手作りしてしまうハンドマジックなヒロセ。
シティサイクル的なミキスト車にも、自作メカを装備です。

イメージ 14
イメージ 15
あぶくま自転車工房のミニベロツーリング車と老舗MTBブランドのモンキー。
デュラAXのブレーキレバーやスギノ75カーボンペダル装備のミニベロ。
違った意味でパーツマニアを喜ばせる仕様です♪

イメージ 16
細山製作所、Futabaスポルティーフもディスクブレーキ装備。
完組ホイール&ディスクブレーキを装備するツーリング車も増えていますね。
長期の自転車旅でなく、2~3泊程度のライトツーリングでは、
機材トラブルをあまり気にする必要もないと言う事でしょう。

イメージ 17
こちらも新興勢力のヘラブナサイクルズ。
セミドロップハンドルのシティサイクルは、
ガードを付ければ旅自転車にも変身できそうな作りです。

イメージ 18
イメージ 19
斬新な折りたたみ車を提案して来た絹自転車製作所のSilk。
今回はサスペンション構造のフレーム車を用意して、
ビルダーさん自ら、細かい説明をしてくれていました。

イメージ 20
イメージ 21
出店スペースの縮小から、いつもより展示演出は低めでしたが、
今回もセンス良くまとめて来たのが山音製輪所のMONSON。
バッグ類とのコーディネイト作成できるのも、このブランドの魅力です。
珍しくロードレーサーの展示があったのも私的には◎なのです♪

前半はここまで。
イベントは今現在もまだ行われていて賑わっている事でしょう!!


本日はコメント欄は外してあります。
いつもナイスやコメント下さる方、
訪問してくださる方々に感謝なのです♪

ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット