旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 もはや現代ロードレーサーのフレーム素材のスタンダードはカーボン。
 クロモリフレーム全盛期に、アルミフレームが特別な存在だったのと同様に、
 アルミフレームがスタンダードとなった頃に、カーボンは特別な存在に。

イメージ 1

 そして、今はカーボンフレームの特別感は無くなりました。
 カーボン創世記の頃は、その優位性とオリジナリティ溢れる形状を
 自画自賛するような広告ばかりが目立っていましたが、
 今はそんな流れも少なくなったような気がします。

 要するに形状は何でも良い!?

 いくら軽量や空力を謳っても、それに飛びつくユーザーも減ったはず。
 欲しい人には行き渡った感のあるカーボンロード。
 今後はどんな方向に進んで行くのでしょうか!?


 デザインの自由度は今やクロモリやアルミ以上に広がったカーボンフレーム。
 今から約10年前、老舗イタリア工房のデ・ローザは、
 こんなぶっ飛んだ!?  デザインのカーボンフレーム車を販売していました。

イメージ 2

 DE ROSA  TANGO  デ・ローザ タンゴ
 直線部分の全く無いグニャグニャフレームのカーボン車。
 空力に優れる!!  みたいなコンセプトだったと記憶しますが、

 醜いアヒルの子!?  クラッシュした自転車!?

 美観は人によって違いますから、これが格好良い!!  
 と思う人が居ても批難は出来ませんが、多数の人は ? ? ? でしょう。
 こんな市販車を発売してしまう感性もデ・ローザの凄さでしょうか(苦笑)。

イメージ 3

 当時のカタログでは、タンゴの下に私の愛車のメラクがあります。
 タンゴとは対照的に、ホリゾンタルなフレームにパイプは軽量アルミ。
 後ろ三角のカーボン部は湾曲が見られますが大人しいスタイルです。

 
イメージ 4

 メラクはフレーム買いして部品を組み付けたのですが、
 型遅れで半額近いのバーゲンプライス。一緒に吊るされていたタンゴは3割引。
 すでに、売れ筋の主流はアルミでなくカーボンだったので、
 タンゴは人気のあるなしに関わらず、値引きが渋かったようです。


 80年代半ば、ファニーバイクが流行った頃は、
 クロモリ車でも曲線のフレームが見られました。

イメージ 5

 当時は、これでも驚きだったのです。

 そして、カーボンフレーム創世記の頃のパナ製ロード。

イメージ 6

 フレームのボリュームこそあれ、
 ホリゾンタルなオーソドックスなスタイルです。

 カーボンの次の新素材は中々見えて来ない状況。
 もしかすると、カーボンロードは、
 クロモリロード以上の長期政権になるのかもしれませんね。


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット