旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

先日めでたくもない誕生日を迎え、
今更家族誰も祝ってくれませんので、
自身へのプレゼント購入~♪

イメージ 1

修理から上がって来たOLYMPUS OM-D E-M1に合わせた
望遠ズーム、「ZUIKO DIGITAL ED70-300mm F4-5.6」です。

このレンズは、旧フォーサーズの最長焦点をカバーしたズームです。
35mmフルサイズの焦点換算では×2=140-600mmとなります。

現在、OLYMPUSではミラーレス一眼カメラのMフォーサーズのみとなり、
一眼レフタイプのEシリーズカメラ及びフォーサーズレンズは全て生産中止。
フォーサーズとMフォーサーズは完全互換ではありません。

イメージ 2

しかし、純正アダプターを取付ける事とレンズのファームアップを行なう事で、
フォーサーズレンズをOLYMPUSミラーレス一眼カメラに取付ける事が可能に。

ただし、AFシステムに難点があり、AFスピードが遅いのです。
その動作は、フィルム時代のAF一眼レフカメラ創世記の頃と同じ感覚。
現代のAFカメラに慣れた人には耐え難いものです。

イメージ 3

そこで、OLYMPUSのフラッグシップカメラのE-M1では、
この問題を解消して、フォーサーズレンズの資産を活かせる
「DUAL FAST AF」を搭載して、ストレスのないAFスピードを実現。
持病トラブルを直してでも、E-M1を使う理由もそこにあります。


では、詳しい露出は抜きとして、試し撮りの作例を載せます。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

コントラストは少し控えめですが、描写は悪く無いです。
ボケは美しいとはいえませんが、この手のズームとしては御の字でしょう。


イメージ 7

動きものは無理がありました。
レンズのAFモーターが動体追尾には向いていません。
上級レンズに搭載されるSWD(超音波モーター)ではありませんので、
オールドAFレンズのような大きな駆動音も発せられます。


ネタバレではないですが、このレンズ(光学系)
実はシグマのOEMです。

イメージ 8

10数年前に販売開始され、今でも現役ラインナップされるシグマの
「APO70-300mmF4-5.6 DG MACRO」
の外装をオリンパス風に仕立てたレンズなのです。

イメージ 9

しかし、ズームの焦点リングの方向もオリンパスに合わせ、
プラスチッキーでありながらも、高級感は高めています。
でも、シグマのスリムなレンズに比べメタボになってしまいました…。

そのお陰か、シグマ550gに対し、オリンパス615g。
定価は税別、シグマ62,000円に対して、オリンパスは47,500円。
何とOEMレンズであるオリンパスの方が安いのです!!
※実売価格はシグマの方が安価でした。

シグマレンズの方は値段の安さから、
キヤノンの一眼レフデジに使っていましたが、
周辺光量の甘さや、描写色が純正と掛け離れていたため使用機会は激減。

でも、このオリンパスでは、焦点距離2倍換算のおかげで
周辺光量の甘さは気にならず、描写色はカメラ側の設定で調整。
そのおかげで、シグマを使っていた時の印象とは変わりました。


イメージ 10

右から、昭和の大口径ズームレンズのトキナーAT-X150-500mmF5.6、
ZUIKO-D 70-300mm、Canon EF100-400mm F4.5-5.6L。
140-600mm換算となるオリンパスレンズの小さい事。
これぞフォーサーズマウントの利点なのです♪

最後にこのレンズのお値段は、中古良上品で1.6万円也。
旧フォーサーズマウントのレンズはお買い得になってますね。


フジの新型ミラーレス一眼のX-H1にもボディ内蔵手ぶれ補正を採用。
オリンパスと同じMフォーサーズ規格のパナソニックカメラも同様の流れ。

イメージ 11
                    Mフォーサーズ最初のファインダー付きミラーレス一眼のルミックスG1

レンズ内手ぶれ補正か!?  ボディ内手ぶれ補正か!?
その対立の図式にもそろそろ決着が見えて来ましたね。
オリンパスのボディ内5軸手ぶれ補正は実に優秀なのです!!


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット