旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

 自転車に限らず、製品というものは進化し続けるもの。
 それに対応する人だって鈍化ではありますが進化していますよね。

 乗り物には、旧車族的なジャンルもあって、
 自分の若い頃に惚れ込んだモノ、生まれる前のモノ、
 それに乗り続けたり、中古を購入して喜ぶ人は多いのです。

イメージ 1

 車検のない乗り物であり、改造自由な自転車は、
 オーナー毎の個性・拘りによって自由に表現出来る。
 時にレーシーに、時にノスタルジックに、
 そしてアート的な自転車を組み上げる人も多い趣味の世界であります。


 もう、ロード好きで事情通の方ならご存知でしょうが、
 カンパの新レコード(スーパーレコード)が発表され、リヤは12速化。
 その善し悪しや個人的な好みは抜きとして、フリーの12段に注目してみます。

 ●カンパ新型スーパーレコード

 昔から回転部の精度と滑らかさに定評のあったカンパですが、
 実はフリーに関しては、軽量品の軽合フリーに無理があり、
 破損相次ぎ、一般ユーザーが手を出せる代物ではありませんでした。
 レース用のスペシャルパーツとしてはアリだったようですけどね。


イメージ 2

 ハブはカンパ、でもフリーはレジナという人が多かったはず。
 自身はカンパとサンツアーのウイナーフリーとの組み合わせです。
 何故かというと、エンド幅120mmのハブに6段を使いたかったから。

 ボスフリー全盛時代の70、80年代は、
 エンド幅120mm=5段、エンド幅126mm=6段
 もちろん、まだ130mm幅の無かった時代での話です。


イメージ 3

 その時に、サンツアーが多段化への先駆けとなるウルトラフリーを発表。
 スプロケの間隔を狭めて、120mmエンドに6段(ウルトラ6)、
 126mmエンドでは7段(ウルトラ7)を取付ける事が可能になったのです。


イメージ 4

 勢いそのままに、サンツアーは軽量化を極めた軽合フリーの
 マイクロライトシリーズを発売。もちろんウルトラタイプもラインナップ。

 長らく、自転車の多段化は6,7段までに留まりますが、
 シマノが1991年にデュラエース7400系の8段カセットフリーを発売します。


イメージ 5
                 ※左/デュラエース7402、右/デュラエース7700

 この時に、ちょっとした騒動になったのが、
 エンド幅が130mmになってしまった事!!

 ここでは詳しい事は述べませんが、エンド幅は狭い方が良いとされています。

 そして、8段となり、既存のフリクションWレバーでは変速が難しくなり、
 シマノはこれをインデックスでクリアしてきました。
 同時にSTIレバーの発売も行なったと言う訳です。


イメージ 6

 もはや、この時代にはランドナー乗りも見かける事は減り、
 ロードかMTBかといった、二極化の自転車趣味暗黒期に入り込みます。
 ですが、結果としてMTBのインデックスシステムのおかげで、
 ロードパーツの多段化への進化が再び動き始めたのです。


 話を戻し、カンパの新レコード。
 驚いたのは、エンド幅130mmのまま12段とした事にあります。
 てっきり12速化する時はMTB系の135mmになると思っていたからです。


イメージ 7

 既にスラムのMTBパーツは12段になっています。
 しかし、それはエンド幅が135mmであったから容易だったはず。

 デュラ74の8段130mmから、既に20年以上の時が経ちましたが、
 エンド幅は130で変わらず、9,10,11,12へと進化した技術は凄いです。
 金属加工や材質加工の進化がなければ無理だったでしょう。

 スプロケが1枚増えるだけで、エンド幅が変わっていた時代を思うと、
 130mmで8~12段に対応してしまう事は驚異的でもあるのです!!


イメージ 8

 しかし、無理な多段化が部品の耐久性を落とす事は、
 自身の長年の経験で、痛感しています。

 レース機材としての割り切りは良いとして、
 趣味の自転車に組み込む事には、正直ためらいも感じるのでした。

 スプロケが11-29Tと11-32Tの2種しか用意していないのもNGですね。
 それ以外の組み合わせでは耐久性と精度に自信を持てない
 現れのようにも思えるのでした。

 それでも、既存のフレームやホイールを流用でき、
 選択肢が広がった訳ですから、12速化は素直に歓迎しましょう♪


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット