旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

イメージ 1

 昨夜は寝床に併設する温泉施設で人生の反省会=飲み会。
 心地よい疲れと酔いのおかげで寝袋ながらも熟睡出来た。
 4時を過ぎると明るくなってくるこの季節は目覚めも早い。
 旅先では何故か早起きする事が多いのは何故だろう!?


●絶景の棚田に桜も人混みもなし
 天気は下り坂。夜からは雨が降るとの予報。
 幸い日中は雨の落ちる事は無さそうだが、
 昨日のように遠くの山並みを綺麗に眺める事は望めなさそうだ。

イメージ 3

イメージ 2

 この場所を起点に自転車を走らすのも、これで3回目。
 それでも、走った事の無い路を毎回楽しめるのも、この地域の魅力である。


イメージ 4

 全国的にソメイヨシノの開花の早かった今春。
 民家の傍らに華やかに咲く色とりどりの花も昨年ほどの勢いはない。


イメージ 5

 小川村に入ると山羊の歓迎を受ける。
 子やぎにとってはアスレチックのような造りである。
 「アルプスの眺め」をキャッチフレーズに挙げる小川村。
 昭和生まれの親父世代だと、「アルプスの少女ハイジ」を連想させる。


イメージ 6

 小川神社に立ち寄り、ここから本格的な山道に入ることにする。


イメージ 7

イメージ 8

 沢筋の主要道から、一気に山の斜面の小径を上り詰めて行く。
 この辺りでも集落の中に廃屋が目立つが、
 田畑の作業に勤しむ高齢者の姿も多く見られ、安心する。

 1年前にも訪れた表立屋集落の棚田に到着。
 空模様が晴天でないのも理由だが、昨年とは木々も田圃も様子が違う。


イメージ 9
イメージ 10
                   上/今年の風景 下/昨年同時期の風景

 昨年の訪問と1日違いだが、今年は既に桜は散り濃い緑の葉に。
 掘り返されていた田圃は、今年は既に水が入れられていた。
 北アルプスの残雪も昨年より少ない。


イメージ 11

 全国的に春本番が早かったが、この土地でも例外ではなかったようだ。
 昨年は絶景目当てに多くのクルマやオートバイが集まっていたが、
 今年は時間が早めとはいえ、我々二人だけである。


イメージ 12

 この付近の家屋に見られる、不思議な飾り。
 長野県でも珍しい、屋根に祀られた「御幣(おんべ・ごへい)」である。
   ※神道の祭祀で用いられる幣帛の一種
 家紋の付いた旧家の家屋は全国的に多いが、このような家は珍しい。
 そんな旧家にも主の姿が失われてしまった所が多いのは残念だ。


イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 昨年は、この辺りの路でサイクリストの姿は皆無だったが、
 今回は数名のサイクリストに出会う事が出来た。
 幹線道だけを走る事に、飽きてしまった人が、
 こういう小径に興味を抱くようになった事は、良い流れである。


イメージ 16

 旧中条村に入ると石仏群の中に七福神の大黒さま(大黒天)が目立つ。
 横には米の形の石仏がセットで並んでいることから、
 米の豊作を祈って祀られた石仏だと推測する。


●旧中条村は山村集落の宝庫
 この日も、ザックの中のコンロの出番はなく、幹線道に降りた所で昼食とする。
 ミチバタトウゲショクドウハ ホンジツヘイテンナリ

イメージ 17

 塩分補給の為に頼んだ、野菜塩たんめん。

 天気はゆっくり崩れているものの、まだ陽射しがある。
 午後の部は、午前以上に高低差の大きい山村路の走り。


イメージ 18

 主要道と違い、山肌を一気に登らされる村道は中々手強い。
 そんな地域であっても、地形をうまく利用した田畑が広がる。


イメージ 19

 棚田は人工的な造形なのだが、自然の風景に溶け込んでいる。
 ここを開いた先人の苦労を思えば、
 この土地を簡単には離れられない理由もよく分かる。


イメージ 20

イメージ 21

 入り組んだ小径の延びる麻庭集落では、
 簡易舗装の路に手書きの白線が引かれていた。
 軽トラ専用道のような小径だが、事故が多いのだろうか。


イメージ 22

 進む路は県道だが、古道を整備しなおしたようだ。
 路筋に多く残されている石仏がその証拠。
 下路の主要道が出来る前は、こちらが街道筋だったのだろう。


イメージ 23

イメージ 24

 突如現れた立派な寺は眠月山臥雲院。
 ここにも山村集落を見下ろすように石仏群が並んでいた。


イメージ 25

 出会う人の大半は、70歳は超えているであろう高齢者ばかり。
 しかし、この日は近隣集落の祭りの練習が行なわれているようで、
 お囃子がどこからともなく聞こえてくる。
 そこに現れたクルマには祭りの法被を来た若手の姿が複数あった。
 若手といっても、我々と同世代の50代と思われる。
 そういえば、午後からの走りで子供の姿は一人も見ていない…。

 そろそろ夕刻への時間も迫って来た。
 こうなると写真を撮る事も少なくなり、自然とペースは上がる。


イメージ 26

 最後のハイライトでは、再び北アルプスの絶景が広がった。
 ここからは、一気に下路の幹線道までダウンヒルを楽しみ、
 後は温泉施設の併設するねぐらまで走るのみ。

 昨日に比べると疲労感が大きいが、
 その分だけご褒美の生ビールも旨く頂ける。
 大人の運動会、春の部は無事に終了と相成った。
                               〈完〉


【2日目の行程/2018年5月6日】
ぽかぽかランド美麻07:25→小川神社07:50→表立屋08:30→信州新町越道09:15→中条日高10:30→国道19号(昼食)11:45→七二会坪根13:45→臥雲院14:45→小川村17:15→ぽかぽかランド美麻17:45
走行距離/72km

●コースマップ●


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット