旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪


イメージ 1

 初代デュラエースを「デュラ」でなく、「ジュラ」と呼ぶ人が、
 今でもベテランサイクリストに多い事は以前も紹介しました。

 この頃からすでに「コンポシリーズ」を名乗っています。
 そして大文字と小文字を組み合わせた車名ロゴも昭和のセンスを感じますね。

イメージ 2

 国産最高級パーツでありながら、憧れのカンパの半額以下で買えました。
 当時の製品は化粧箱にも高級感がありましたね♪
 そして、製品広告塔であるステッカーが付属していたりします。


イメージ 3

 カンパはもちろん、ジュラエースやシュパーブを買えない
 少年サイクリストたちが、ステッカーチューニングを施していましたね。

 自身の5速ジュニアスポーツ車にもジュラとシュパーブのステッカーが、
 シートチューブ中央付近に上下セットで貼ってましたよ♪


イメージ 4

 ジュラエースはロードパーツでありましたが、
 積極的にツーリング車に組み込む人も多かったと記憶します。


イメージ 5

 サンツアー派だった私もラージハブやフリーは積極的に使っていました。

イメージ 9

 EX・AXの時代になってもデュラエースハブは継続販売。
 その理由はカセットフリー化したEX・AXシリーズとの棲み分けでしょう。
 当時はカセットフリーを嫌がる人も多かったですから。


イメージ 6

 しかし、販売継続のジュラハブですが、環付きネジを止めて、
 EXハブと同じコールドタイプの環無しネジになってしまいます。
 個人的にはマイナス評価な変更点でした。

 環付きネジ=高級品のハブ、そんな意識がありましたから。


イメージ 7

 コンポ縛りなんて無かった時代、
 メーカー問わず、好きな部品を組み合わせる事で、
 オーナー毎の個性が出せた時代でもありました。


イメージ 8

 そんな時代のジュラエースはピカピカに輝いていたのです♪
  ※ジュラはピカピカシルバーでなくアルマイト仕上げでしたけどね(汗)


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット