旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

長年親しんできた駅舎が新しく生まれ変わる。
その姿は何処のターミナル駅も似通ってきたような気がします。
旅人が数年ぶりに訪れた地で、駅舎が変わっていると、
その土地の懐かしさは半減してしまうように思います(悲)。

イメージ 1
イメージ 2
見慣れた新潟駅万代口の駅舎もいよいよ最後の時が近づいています。

イメージ 3
ホームは高架工事が進み、古いホームとレールは撤去作業中。

イメージ 4
今は迷路のような通路を歩いて高架ホームに辿り着く感じで不便なのです。


●新潟→坂田/移動距離168.2km

昨日に引き続き、JR東日本のジョイフルトレインに乗り込みます。

イメージ 5
全席指定の快速列車の「きらきらうえつ」です。
2016年の冬に乗車し、満足感が高かったので再びの乗車となります。

イメージ 6
イメージ 7
旧国鉄型特急の485系を改造した車両ですが、
古さを全く感じさせず、ハイデッカータイプの座席も乗り心地よし!!

イメージ 8
ラウンジカー(売店併設)や展望席も用意されています。

イメージ 9
売店では、気になる日本酒セットがありましたが我慢。

イメージ 10
日本酒飲み過ぎると悪酔いしますから、エチゴビールで我慢です。
呑みテツなるジャンルも認知されるまでに増えましたが、
親子旅ですから、お酒は控え目に列車旅を楽しみます。

イメージ 11
イメージ 12
停車駅では、沿線住民の歓迎を受けたりします♪
お子様率高し!!  何れテツに目覚めてくれる子も居るでしょう(苦笑)。

イメージ 13
この列車の車窓ハイライトは、日本海を望む笹川流れ。
ここは二輪で走っても気持ち良いし、列車から眺めるも良し。
みなさん、揃って車窓に目を向けているのです。

イメージ 14
サイクリスト目線では、この列車で輪行する人が数人居るのに、
笹川流れを走るサイクリストは皆無……。勿体ないなぁ。
ここを自転車で走らずに、日本海は語れません!!

イメージ 15
新潟駅から約2時間40分で終着の酒田駅に到着です。
ここから秋田方面に乗り継げる列車が少ないのが難点。
私ら親子は、ここから陸羽西線で新庄に向かいます。

その前に腹ごしらえ。
酒田駅、いつ来ても駅前はガラーンしていて何もありません。
昔は大型スーパーだか百貨店がありましたが、潰れて解体。更地のまま…。
再開発は一向に進まない感じです。

イメージ 16
駅前通りに取り残されたようなラーメン屋さんで昼食。

数年前の自転車旅で晩飯に利用した店ですが、
その時に他愛も無い話で店主と盛り上がりました。
「次は子供をつれてきま~す!!」
そんな会話を実現出来ました。店主もしっかり覚えていてくれましたよ♪


●酒田→新庄→山形/移動距離116.7km

イメージ 17
酒田駅14時00分発の新庄行き快速列車に乗り込みますが、
陸羽西線は先日の大雨の影響で不通区間が発生したまま。

イメージ 18
快速は各駅停車となり、清川駅止まりに変更。
清川駅には2台のバスが待機していて、乗り換えとなります。

イメージ 19
イメージ 20
豪華なバスではありますが、やっぱり車内は狭い……。
列車内の空間とは段違いなのです。

イメージ 21
列車に比べると時間も掛かり、
新庄駅には15時15分到着(列車予定は14時52分)。
新幹線に乗り換える方はバタバタしていましたが、私ら親子は余裕有り。

イメージ 22
奥羽本線の普通列車は味気ないロングシート車両。
途中からの混雑状況考えると仕方がないのですが旅情の欠片もありません。

イメージ 23
本日の行程は余裕がありました。17時すぎに山形に到着しました。
宿のチェックインを済ませて、街中を散歩します。
宿のある山形駅西口は再開発の真っ最中。

2年前に訪れた時より多少工事が進んでいましたが、
開発スピードはゆっくりしたもの。首都圏とは比べ物になりません。

イメージ 24
駅前にはホテルやオフィスの複合施設の高層ビルが建っていて、
展望施設があるので上ってみます。

イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
市内を一望出来て素晴らしい眺め。
地元学生のデート場所のようでもありました。
同じフロアにある高級!? レストランは休業中。
広々した展望フロアに人の姿はまばら。

大都市部と同じ尺度の施設を地方でよく見かけますが、
人の利用は少ない所ばかりで、大丈夫なのかなぁ……。

イメージ 28
学生の姿は多く、一見活気のある山形の街ですが、
まだ新幹線の繋がっていなかった頃の山形の古き街の頃の方が、
夜の街は賑やかだったような気がするのです。

                      〈3日目につづく〉

【2日目の行程/8月20日】
新潟駅10:11→酒田駅12:51/14:00→新庄駅15:15/16:14→山形駅17:23着
移動距離284.9km=普通列車運賃だと5,080円 歩行数14,049歩

※2日目で、キップ料金の元が取れてしまいました。 
北海道&東日本パス、お得です!!

ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット