旅からす本館 日本をもっと楽しもう!!

butobosoと申します。 ヤフーブログ停止に伴い移行しました。自転車趣味を中心にライフスタイル全般ならびに旅日記をお届けします♪

自転車、鉄道、オートバイの手段で日本中を旅して30年以上。本土のみならず、北は礼文島から南は波照間島まで様々な土地を旅してきました。 分割ながら、自転車による日本一周を30代で終えました。 旅人宿であるユースホステルには300泊以上宿泊しました。 自費出版で「旅からす」なる旅の本も不定期に発行しています。 子育て真っ最中なので、中々旅には出られなくなりましたが、身近で小さな旅を楽しみながら、家庭崩壊にならない程度に多彩な趣味を楽しんでいます♪

秋深まり紅葉の進む山域。

イメージ 1

サイクリングにはベストシーズンですが、
春のようなワクワク感は抑えられるような気がします。
閉鎖的な寒い冬に向かって行く生理的な現象なのかもしれませんね。


先日の営業サイクリングで道祖神を見かけました。

イメージ 2

それは比較的新しい住宅街のど真ん中です。


イメージ 3

何故、こんな場所に!?
しかも石碑はまだ新しいモノでした。

横浜でも私の住む地域は、旧東海道や鎌倉路があったため、
その街道筋では道祖神を含む石仏をよく見かけます。

しかし、今回の場所はそんな旧街道から離れた場所。
一戸建ての家屋敷地内に鳥居があるのはたまに見かけます。
でも、こんな形で道祖神が祀られるのは初めて見ました。



そういえば、過去にはこんな形で奉られた道祖神も見ています。

イメージ 4

こちらは旧道に奉られた古い石碑を移動した感じです。
悪戯防止というよりも、クルマの停車で破損する事を避けたのでしょう。



場所は兎も角、人の手で守られ続ける道祖神や石仏たち。

イメージ 5

役割を終え、行き交う人も皆無に近い峠路の石仏群。


どちらが神様にとって幸せなのでしょうか!?


コメント欄は、外しあります。
いつもコメントやナイスを下さる方、
訪問してくれる方々、有り難うございます!!


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま~す♪

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット